勝手に海外FX会社のFXProとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のFXProとFX口座の注文方法比較してみました

現在、どこの海外FX口座にしていいか迷っている人たちに、良いアドバイスが出来ればという思いで、話題の海外FX口座GEMFOREXとFxPro (エフエックス プロ)は何が違うのか、勝手に比較をしてみました。

FXProにもかなり注目しているFX個人投資家のみなさんがいます。独自の補償基準を設けている、コンプライアンス体制万全の海外FXブローカーです。 FxProでは、STP方式の「MetaTrader 4 アカウント」と、ECNタイプの「cTrader ECN アカウント」の2種類のアカウントを提供しています。

一方で海外FX口座GEMFOREXは、オールインワン口座、ノースプレッド口座の二つの口座の用意があります。GEMFOREXの場合、オールインワン口座、ノースプレッド口座共にECN方式となります。

それぞれ口座の詳しい特徴については各社のページをチェック下さい。GEMFOREXの口座タイプの説明は 下記ページです。https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpです。まずここで、しっかり理解しなければならない問題は、STP方式と、ECN方式の方法についてです。 実際に、現在GEMFOREXでも採用している注文方法が、ECN方式であり、海外FX口座全体をとっても、ECN方式推しという傾向が現在あるようです。

海外FX口座の中でも、コマーシャルで、ECN方式を売りにしているケースが多くあります。しかし、実際には、ECN方式が何かということをしっかり理解しなければ、すぐに、ECN方式と言われて、飛びつくことも出来ないのではないでしょうか。

まずは、注文方法として理解しなければならないのは、STP方式と、ECN方式の違いについてです。出来れば、STP方式とECN方式を全然違うタイプのものと捉えて、「vs」と出来ればいいですが、そうではなくて、STP方式とECN方式は、同じNDD(ノーリーディング・ディスク)方式であり、共通部分も当然多くあります。

ただし、STP方式と、ECN方式を比較して、ECN方式にメリットを感じるのは、透明性の高い取り引きを行うことが出来るということです。STP方式とは、トレーダーの注文がブローカーを経由し、ブローカーが注文の行き先を決めるものなのですが、ブローカーの意図とは関係なく、システムで自動処理される方法です。システムで自動処理されるというものの、一度は、ブローカーに注文は届く形になります。

比較して、GEMFOREXのECN方式は、トレーダーの注文がブローカーを経由しないという方法でありネットワーク上で自動マッチングする注文方法のことを言います。STP方式の場合では、ブローカーの意図とは関係なく、システムで自動処理されるというものの、一度は、ブローカーに注文は届く形になり、もしかしてブローカーの意図で注文を操作してるんじゃないの……?という気持ちがわいてしまうこともあるかもしれません。そのようなちょっと疑い深い人たちは、ECN方式を選択すれば良いです。

GEMFOREXのECN方式は、疑いのない方法?

GEMFOREXのECN方式は、疑いのない方法?

GEMFOREXの提供するECN方式という方法は、ブローカーを経由せずに、直接的に電子取引ネットワーク(インターバンク)に流されるという方法なのです。 インターネットバンクとは、大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家たちが出した大量の注文が集まる場所のことを言います。 オークション形式であり自動マッチングというシステムが、ECN方式の方法なのです。

そのとき、双方の注文を出したトレーダー・機関がもっとも有利になる価格で注文が自動的にマッチングされることに大きなメリットがあります。 一方で、STP方式という場合には、一応は注文がブローカーを経由するということを覚えておきましょう。STP方式では、ブローカーに届いた注文をブローカーがカバー先(海外FXブローカーと提携している大手金融機関)とマッチングするという仕組みなのです。 自動的にインターバンクというモチベーションが、ECN方式であるのに対しては、STP方式の場合では、注文の行き先を操作していると考える方がいいかもしれません。

ただし、注文をどうやって処理するかという問題において、ブローカーの思惑が介入するということではありません。 STP方式の基本は、カバー先のレートをしっかり考慮してくれて、1番に個人投資家のみなさんが有利な条件になるようなレートを提示しているカバー先に自動で注文を流すシステムなはずです。

やっぱりECN方式を使いたい理由

ECN方式と、STP方式を更に比較をして、ECN方式の方がスプレッドが狭いというメリットが一般的にはあります。 なぜ、ECN方式の方が、スプレッドが狭く出来るのかと言えば、純粋に注文を出すトレーダー・金融機関同士の価格差がスプレッドに反映するからです。

そして、スプレッド0で約定というのもこのような注文方法で期待出来てしまうかもしれません。 ただし、一般的にはスプレッド自体に業者の取り分が含まれないので、他で「手数料」を徴収するということになります。結論をいえば、やっぱり現在の、海外FX口座の傾向として、ECN方式の方が、スプレッドとは他に取引手数料を支払いしなければならないとしても、元々のスプレッドが狭いからこそ、ECN口座の方がお得感がある取引できるという流れがあります。

GEMFOREXは実際に ECN方式のオールインワン口座において、1.5pip~とスプレッドは平均値とも言えそうです。しかし、手数料が無料ということを考えるとかなり良心的な利用者の負担が少ない設定方法として考えることが出来ます。

GEMFOREXか、FXProか…… 正しい選択

GEMFOREXか、FXProか…… 正しい選択

GEMFOREXは、ECN方式を注文方法として採用してますが、FXProにだって、ECN方式の注文方法があります。したがって、今までのお話しまででは、GEMFOREXと、FXProの優越をつけることが出来ません。もちろん、海外FX口座に対して、いろいろな視点で見ていく必要があります。様々な情報から比較をして、この海外FX口座がいいという決定をそれぞれの人たちがすれば良いと思うのです。

FXProの場合、マージンコールは、cTrader ECN証拠金維持率90% ロスカットルール cTrader ECN証拠金維持率30%であり、両建て取引可能、追証発生なし。預託金の保管方法は信託銀行による分別保管です。

そしてGEMFOREXの場合、マージンコール なし、 ロスカットルール証拠金維持率100% 。両建て取引可能、追証発生なし、信託保全 をします。

この微妙な差もやっぱり個人投資家のみなさんは、注目しなければならないポイントではないでしょうか。

更に、口座情報の比較です。FXProのcTrader ECNは、レバレッジは500倍、提供通貨ペア53種類 取引手数料$6.5です。

GEMFOREXのリアル口座( オールインワン口座)の場合、提供通貨ペア34種類ですが(それでも充分と言いたい)、最大レバレッジは、倍の1000倍という大きな魅力があります。

更にオールインワン口座では、1.5pip~と平均的なスプレッドなのですが、手数料が無料であり、他の業者と比較した場合、ノーマルな口座で手数料が無料という口座設定は一般的ではないので、スプレッドが平均的だとしても、手数料を含めた支払いを考えれば、GEMFOREXはかなり勝利していると言えるのではないでしょうか。あとは、みなさんの判断です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ