勝手に海外FX会社のAXIORYとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のAXIORYとFX口座の注文方法比較してみました

今現在、どの海外FX口座にしようか迷っている個人投資家のみなさんもいらっしゃることでしょう。そのようなみなさんに、いいアドバイスが出来れば良いのですが。

海外FX口座のAXIORYでFXをしようと思っている人たちもいるでしょうか。AXIORYも、とても日本の個人投資家のみなさんに、人気の海外FX口座です。

AXIORYでは、一切のディーリングデスクによる操作を排除すると言われる、NDD(ノン・ディーリングデスク)方式を全部のアカウントタイプに採用しています。 「スタンダード アカウント」では、STP(Straight Through Processing)方式を採用して、更に「ナノスプレッド アカウント」では、ECN(Electronic Communications Network)方式を採用しています。

今回、 ここでは、「スタンダード アカウント」、 「ナノスプレッド アカウント」について詳しくふれることはありませんので、 それについては、AXIORYの公式ホームページで確認をしてください。

海外FX口座で、注目されているのはGEMFOREXもです。GEMFOREXの場合、 「オールインワン口座」、「ノースプレッド口座」の2つの口座の提供があります。オールインワン口座・ノースプレッド口座共にECN方式です。

口座タイプについてはこちらもhttps://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。 今回、ここで、お話ししなければならない問題は、 NDD方式と、ECN方式の違いについてです。

NDD方式について

NDD方式について

AXIORYにおいて、FXトレーダーとの利益の相反を防ぐために、一切のディーリングデスクによる操作を排除することを目的として、 NDD(ノン・ディーリングデスク)方式を採用しています。

スタンダード アカウントでは、STP(Straight Through Processing)方式を採用して、 ナノスプレッド アカウントでは、ECN(Electronic Communications Network)方式を採用してますが、どちらも、NDD方式の種類の一つに過ぎないのです。

それは、レイテンシー(デバイスに対してデータ転送などを要求してから、その結果が 返送されるまでの遅延時間のこと)の少ない透明性の高い取引を実現する方法です。 一見、どちらにも同じようなメリットがあると思えますが、ここに違いをしっかり見極めることが、スムーズにFXを行うコツとも言えます。

STP方式とは、ディーラーの介入を排除した電子執行システムです。STP方式において、お客様が出した、注文は、一度FX業者に届くこととなり、FX業者が、更に カバー先のリクイディティプロバイダに注文を流すシステムです。STP方式において、個人投資家のみなさんの出したオーダーは、取引所で売買されるということではなくて、FX業者が提携している、 カバー先の複数のリクイディティプロパイダーから提示されるスプレッド幅が最も小さいレートによって、上手く取引が成立することになります。

STP方式において、個人投資家のみなさんの出した注文は、 カバー先のリクイディティプロパイダーからの注文とマッチングして、小口単位での取引が可能ということで、他にも最少預入金額が少ないものを結構見付けることが出来ます。カバー先からのレートにFX業者自らスプレッドを乗せることができ、 多くのケースでは手数料は別途かからないですが、その分が上乗せされた料金と考えられます。

個人投資家のオーダーはリクイディティプロパイダーからのレートで必ずマッチングしますが、 実際には、カバー先のリクイディティプロパイダーにお客様のオーダーを本当にカバーしているのかが分からないケースもあると言います。 STP方式は、ECN方式と比較をして、透明性が劣るということも、どうしても現状では言えてしまうようです。

ECN方式とは

NDD方式の、もう一つの注文方法が、ECN方式です。 Electronic Communications Networkを略した言葉で、電子取引ネットワークという意味を持ちます。それは、市場に参加している参加者同士が互いにオークションの形式でマッチングさせるメカニズムのことを言います。 ECN方式は、株式取引と似たメカニズムとも言えます。ECN方式のおすすめ出来る理由は、なんと言っても、中間にディーラーが入らずに済むということです。

海外FX口座GEMFOREXが採用している注文方法とは、このECN方式なのです。ECN方式において、お客様の出した注文は、 直接リクイディティプロパイダーに流れ、 インターバンクと呼ばれる多くの参加者の注文が集中する電子取引所があり、オークション形式によってマッチングされます。お客様が出した注文に対して、反対注文があれば、スピーディーにマッチング、注文処理がされることになります。

インターバンクに集まった注文は板情報として追加されることになります。どのくらいの価格帯での注文が多いかなど、市場のトレンドは、板情報を参照すれば出来てしまうのです。FX個人投資家のみなさんにとって、注文を出す時のヒントもここで得ることが出来るはずです。

更に、GEMFOREXで採用するECN方式という注文方法では、 リクォート(約定拒否)という概念がお互いの注文を直接ぶつけあうという意味で、存在しないのです。先ほどもお話しをしてますが、海外FX口座の多くが採用しているSTP方式という注文方法は、 取引コストにあたるのはスプレッドだけという言い方がされてますが、そのスプレッド自体に、若干の闇があり、カバー先が設定した価格に業者の利益となる手数料がプラス上乗せされたものなのです。

手数料を漠然と受け止めれば、外だしになっているECN方式よりも、STP方式の注文方法の方が得と考えてしまいそうですが、実際にそうではなく、「スプレッド+手数料」という概念は、STP方式、ECN方式両者基本同じ発想です。

インターバンクの生のスプレッドと、業者の収益となる取引手数料を別々に表記していて、 取引コストの内訳が明確だから、ECN方式は、STP方式よりも透明性が高いと一般的に言われています。

AXIORYナノスプレッド アカウントはどうか……

AXIORYナノスプレッド アカウントはどうか……

しかし、AXIORYという海外FX口座は、別に、GEMFOREXと同等の、 ナノスプレッド アカウントというECN方式による注文方法を提供しています。ナノスプレッド アカウントも、 一方の取引相手が注文を行えば、その情報を板情報として確認しながら注文できる非常にフェアなマーケットです。

AXIORYの、ナノスプレッド アカウント・ECN方式は、レバレッジ 400倍であり、最低入金額は 20,000円から、取引手数料 $3.0/1ロット、最低取引数 0.01ロットです。

この AXIORYの、ノスプレッド アカウント・ECN方式がおすすめ出来ない注文方法ということではありません。しかし、もっと注目していただきたいのは、やっぱりGEMFOREXということが言えそうです。GEMFOREXは、最低入金額は1ドル(約100円)で、最低取引量は0.01ロット(1ロット=10万通貨)まで可能で、1000通貨からの取引が可能です。

そして、取引手数料の問題を言えば、ECN方式が取引手数料が外だしであり、透明性が高いと言いますが、無料であることが一番判りやすい方法なのです。海外FX口座をいろいろ比較してみても、なかなかGEMFOREXのような会社を見付けることが出来ないのではないでしょうか。

GEMFOREXでは、新規口座開設ボーナスキャンペーンなどかなり積極的に嬉しいサービスを提供してくれますが、海外FX口座AXIORYの場合、若干GEMFOREXと比較をすれば積極性に欠ける感じもします。初回入金のハードルは低いに越したことはありません。そして、GEMFOREXのレバレッジはなんと1000倍なのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ