勝手に海外FX会社のBigBossとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のBigBossとFX口座の注文方法比較してみました

今回は、現在海外FX会社の口座開設をご検討中の方々へ、勝手にBigBossとGEMFOREXの注文方法比較をしてみました。

海外FX口座BigBossは、ニュージーランドFSPのライセンス(No.298526)で営業する会社です。正式名称は、Bigboss financialです。BigBossと言えば、MT4スタンダード口座、プレミア口座があり、インターバンク直結のNDD方式を採用した取引を提供しています。

一方、GEMFOREXにはオールインワン口座・ノースプレッド口座の2つの口座があります。 今回注目すべきポイントは、注文方法のことであり、特徴については、それぞれの公式ホームページで確認をして下さい。

GEMFOREXについては、
https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで知ることが出来ます。

GEMFOREXの場合、オールインワン口座
ノースプレッド口座共にECN方式ということであり、注文方法としてNDD方式と、ECN方式の違いから説明をします。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

NDD方式とは、ノーディーリングデスク方式のことを言います。トレーダーと市場の間にディーラーによる操作は介在しない方法であり、FX業者によってオーダーの処理には違いがあります。Instant Executionと呼ばれる方式では、トレーダーの注文をFX業者は自動のプログラムによって一度自分で決済をするということをしているようです。

他のFXトレーダーの注文と相殺するなど調整を行い、インターバンク市場またはカバー先へとオーダーを流すという性質があり、NDD方式の抱える問題として、FX業者が一度決済に関わるという点において、FX業者の提示レートと実際の市場レートにズレが生じ「リクォート」が発生するリスクを抱えている場合もあります。

NDD方式はリクォートは生じないとも言われていますが、Instant Execution方式という場合には、その問題を抱えています。ただし、Instant Execution方式の場合において、いったん業者で決済をし、ポジションの調整が行われるため、オーダー時に比較的複雑な注文を出すことが可能です。

公正な市場レートでの海外FX口座FX取引ができるとされているNDD方式は、更に、STP方式と、ECN方式という方法に分類することが出来ます。

ECN方式とは

ECN方式とは、Electronic Communications Networkという言葉を略したものであり、私設取引所において行われるオークションと似たような形式になっています。ECN方式という注文方法は、出された注文を、コンピューターが瞬間瞬間にマッチングさせていく方式のことをいい、意図的な操作が介入するというリスクについてほとんど思う心配はありません。

約定もECN方式の場合、ほとんどスムーズに行うことが出来ます。ただし、100%の約定力を実現するためには、一定以上の取引量が確保されていなければならないという問題を抱えているようです。ECN方式のそのような欠点を補ったものとして考えることが出来るのが、STP方式であり、Straight Through Processingを略したものを、STP方式と言います。 ECN方式の取引参加者に対して大口のカバー取引先を参加させています。

STP方式の場合では、流動性を確保することで、スリップやスプレッドの拡大を防いでいます。

ただし、STP方式にも問題はあり、カバー先の取引の内容が見えないとういう点に対して、公正さに欠けるという疑問・不安が残されています。果たして、FXトレーダーの人たちはECN取引(Electronic Communications Network) STP取引(Straight Through Processing) のどっちを選択すれば良いのでしょうか。

ECN方式は、以前よりトレードを囓っていた人たちにとってちょっと異質と感じる方法であるかもしれません。 ただしECN方式の注文方法のメリットは、投資家同士のオーダーがマッチングすることで取引が成立することです。 ディーラーやFX業者の意図的な操作が入らないことが、大きなメリットとして考えることが出来、つまり、STP方式では、ディーラーやFX業者の意図的な操作がある可能性を考えることが出来るということなのです。

そして、板情報として見えているオーダーに対して、自分のオーダーをぶつけるという方法を取りますので、リクオートという概念自体存在しないのが、この方法なのです。 オーダーが合致する相手がいさへすれば、一番自分の思いとおりの取引が出来るのが、ECN方式として考えることが出来ます。板情報で注文状況が全て分かるから、簡単に気配値を知ることができるというのも、トレンドを把握するという意味で、ECN方式のメリットとして捉えることが出来ます。

FXにとって、やっぱり大事なことは、トレンドをしっかりつかむことです。ECN方式は、FX個人投資家のみなさんの願望によって登場したものと言えるのではないでしょうか。

スプレッドのレベルが高い

スプレッドは、0pips~というケースもあり、インターネット直結なので、かなり狭いということが期待出来ます。しかし、ECN方式のデメリットについても触れる必要がありますが、投資家同士のオーダーがマッチングすることで約定するという取引形式上、リクオートが存在しないことがメリットと言いましたが、マッチングする相手がいなければ、いつまで経っても約定しないのです。ECN方式の場合、大量のオーダーが集まって、流動性が確保出来ないと、約定力がトーンダウンしてしまうことになります。

しかし、実際にそのような問題はあるとしても、マッチングしないという事を、ほとんどのケースでは考える必要がないとも言えます。海外FX口座で、ECN方式を提供している会社は、0pips~という極狭スプレッドで取引を実現しているというものの、実際には、取引のボリュームに応じて取引手数料が発生することにも注意をしなければなりません。そのとき、どの海外FX口座を選択しなければならないかということをしっかり考えていただきたいですね。

ただし、だから、STP方式がいいということには全然らならないのです。STP方式ではスプレッドに多少上乗せして利益を得ているからです。 業者のキャッシュポイントがスプレッドしかないからこそ、そのような問題が起こり、だから、STP方式は透明ではないとも言われてしまうのです。

従って、海外FX口座を選択するときには、スプレッド+手数料のトータルコストがいくらかかるのかということをしっかり考える必要があります。できるだけ取引にかかるコストは低いほうが、有利な取引だということも、間違いのないことです。

ECN方式という方法のメリットは、リクオートもないので、取引相手さえいればかなり思い通りのFXを楽しむことが出来る方法です。

GEMFOREXがいいと言われている理由

GEMFOREXがいいと言われている理由

GEMFOREXは、現在とても話題になっている海外FX口座の一つです。

GEMFOREXの十八番と言えば、自動売買ソフトが無料で使い放題ということです。 2010年、自動売買ソフト(EA)の無料提供という、当時はどこもしていなかったサービスを展開したのは、このGEMFOREXなのです。ミラートレード用システム「ゲムdeミラートレード」などを無料提供し続けているから、多くの個人投資家のみなさんが、GEMFOREXに大きな関心を寄せています。

更にGEMFOREXの魅力は、最大で1000倍のレバレッジ(Big Bossは最大555倍)です。それは、超高レバレッジであると考えることが出来ます。口座タイプに関係なくこのハイレバレッジが提供されていることも注目に値します。 GEMFOREXオールインワン口座では、1.5pip~と平均的なスプレッドとも言えますが、手数料が無料なのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ