勝手に海外FX会社のLMAXExchangeとFX口座の注文方法比較してみました

安定した生活を将来もしたいから投資に目を向けている人たちがどんどん増えています。もちろんFXも投資の大きな方法です。

今からFXをスタートする人たちも、既にFXをスタートしている人たちも国内のFXだけでなく海外FX口座に目を向けることでもっと大きな得があるかもしれません。

LMAXExchangeは、現在海外で注目されている海外FX口座のひとつです。LMAXExchangeで採用しているのは、standard 口座でありSTP方式という注文方法です。

FXの魅力はやっぱりレバレッジと言っても言い過ぎではありません。海外FX口座に注目をすれば国内のレバレッジ以上の高いレバレッジを利用出来ます。海外FX口座GEMFOREXに目を向ければなんと1000倍のレバレッジを使用することが出来るのです。

GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。ともにECN方式と言う注文方法を採用しています。

国内FXに留まっている人たちはこの注文方法という言葉に無関心だったりするのではないでしょうか。国内FX投資をしている人たちの関心事はレバレッジやスプレッドなどであり、国内FXではほとんどの会社がOTC(DD)方式という注文方法を採用しているということすら気付いてないのかもしれません。

LMAXExchangeのSTP方式、GEMFOREXのECN方式はNDD方式という注文方法の種類のひとつです。海外FX口座に見向きをすることは、まずはOTC(DD)方式とNDD方式を比較することなのです。

今回、 口座の詳しい特徴についてはお話しをしませんので、GEMFOREXの口座タイプについては https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。

OTC(DD)方式とは

OTC(DD)方式とは

国内FXをしている人たちは、ほとんどの会社がOTC(DD)方式という注文方法を提供しているので、自ずとOTC(DD)方式と向きあい自分たちがどのような注文方法を利用しているのかさえも気付かないままでいたのかもしれません。

注文方法について知らなければそれだけで個人投資家のみなさんは「負け組」へと追いやられてしまうことになるかもしれません。

OTC(DD)方式とはズバリディーラーの介入があって顧客と業者が利益相反の関係になる取引方式のことを言います。 それはディーラーと呼ばれる凄腕トレーダーが中に入り、個人投資家のみなさんの注文を自分たちの業者が儲かるようにと処理してしまう方法なのです。国内の個人投資家のみなさんが知らず知らず取り入れた注文方法は、顧客個人の実力がしっかりと結果に反映される取引方式とは言うことが出来ません。それは顧客が負けやすい取引方式なのです。

そこでは顧客の注文は、確実にインターバンク市場のカバー先(リクイディティプロバイダーなど)に届くとは限らないのです。凄腕のディーラーが決済してしまうことを「呑み」と言います。顧客はFX業者と取引をしていることになり、確実にどちらか一方が勝ちもう片方は負けてしまうシステムだから、果たして個人投資家のみなさんが、利益相反の関係の中で凄腕のトレーダーを相手にして勝つことが出来るかという問題について考える必要があります。

トレーダーは注文を出した後何かを仕掛けるということが出来る訳でもありませんし、FX会社のする仕掛けをただ受け入れるのみです。個人投資家のみなさんの注文が全部呑みということもないでしょうけど、不安な状態でFX投資をしていては勝つことが出来るタイミングもチャンスを見失ってしまうことになります。意図的なシステムダウンや、 レートずらしやストップ狩りなどこのようなことがOTC(DD)方式では日々繰り広げられていたのです。

NDD方式とは

LMAXExchange もGEMFOREXも採用している注文方法がNDD方式です。国内FXをしている個人投資家のみなさんは、注文方法について意識を今までもってないから、 顧客にバレないように自らの裁量であの手この手を使ってくるOTC(DD)方式の注文方法を当たり前なものとして受け止めていたのです。

もちろんそんなFXでも勝つことは出来ます。負けた人たちは所詮FXとはこんなものだとすぐにあきらめていたのではないでしょうか。しかしOTC(DD)方式において負けは操作されていた可能性があったのです。

NDD方式という注文方法はOTC(DD)方式と比較をすればとてもクリーンな注文方法なのです。

NDD方式はDealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)、 つまりディーラー不在の方法です。ディーラーが存在しないから顧客の注文はFX業者を素通りし、じかにインターバンク市場のカバー先へと到達します。FX会社は、お客様の注文をただ見送っているだけの存在として考えていいです。海外FX口座にとってお客様が勝とうが負けようが関係はないからこそ、完全なクリーンなFX取引を行うことが出来ます。

OTC(DD)方式とNDD方式の違いはスプレッドにも見付けることが出来ます。OTC(DD)業者は固定スプレッド制度を採用していますが、 NDD方式の場合は変動スプレッド制度です。提携先のリクイディティプロバイダー(LP)から引っ張った通貨ペアのレートに取引手数料を乗っけたままスプレッド表示しているだけなのでレートに応じてスプレッドが変動するのは当たり前のことです。

OTC(DD)方式はスプレッドが低く、NDD方式はスプレッドが広い傾向がありますが、 OTC(DD)方式の場合、顧客が負ければ負けるほど業者の利益になるため、スプレッドを狭くしても業者のキャッシュポイントは他に見付けることが出来ます。NDD方式の注文方法の場合は、業者のキャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドのみだけなので、ある程度広さがなければFX会社が稼ぐことが出来なくなってしまうのです。NDD方式を採用しているFX会社のスプレッドが広めなのは公平なFX取引をするためにやむを得ない手段と考えることが出来ます。

STP方式 ECN方式とは

STP方式 ECN方式とは

LMAXExchange の採用している注文方法はSTP方式であり、GEMFOREXはECN方式です。どちらもNDD方式の種類のひとつなので大きく違いがあるということではありません。

ただし違いを明確に理解すればSTP方式・ECN方式どっちでFX投資をした方がみなさんにとって有利なのかがきっと判ってくる筈です。現在、STP方式を採用している海外FX口座が多いものの、ECN方式推しの傾向が高まっているのも事実です。

厳密に言えば、STP方式ではトレーダーの出した注文はブローカーを経由します。STP方式は、ブローカーに届いた注文をブローカーがカバー先(海外FXブローカーと提携している大手金融機関)の金融機関とマッチングされる仕組みです。

ECN方式ではトレーダーの注文はブローカーを経由せず、直接大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出した大量の注文が集まる電子取引ネットワーク(インターバンク)へと流されます。注文がオークション形式で自動マッチングし、比較をすればSTP方式は注文の行き先を操作していると考えることが出来ます。ただしSTP方式だとしても、OTC(DD)方式のようなブローカーの思惑は関係ありません。GEMFOREXのECN方式は板情報を見ることが出来る注文方法の中でも一番クリーンな方法なのです。

STP方式は手数料が無料でECN方式は別途手数料がかかると言われていますが、実際にはSTP方式はスプレッドの中に手数料が含まれているので、どの程度手数料に取られているかが闇の中です。ECN方式の別途手数料がかかる方法こそが透明性のあらわれなのです。

ただしECN方式は手数料がかかるというものの海外FX口座GEMFOREXなら手数料は無料でFXをスタート出来ます。更にECN方式の場合、比較して最低入金額が高いと言われていますがGEMFOREXなら100円($1)~からスタートすることが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ