勝手に海外FX会社のAxiTraderとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のAxiTraderとFX口座の注文方法比較してみました

個人投資家のみなさんは、一体どのFX会社が一番ベストと考えているのでしょうか。まだまだ、判らない難しい問題があります。大事なポイントは、FX会社を比較することです。

海外FX会社にも、魅力的な会社があります。AxiTraderもその一つです。

AxiTraderは、まだまだ日本人の方々には、馴染みが薄いのかもしれませんが、現地オーストラリアではシェアNo1を誇り、かなり評価の高いFX会社です。こんなFX会社を、誰よりも先に知ることも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

AxiTraderにはスタンダード口座とプロ口座の2種類があります。スタンダード口座は、流動性プロバイダとダイレクトに取引が可能なSTP方式を採用、プロ口座は、インターバンクの市場価格をダイレクトに取引することが可能です。

一方、最近日本人の方々にも話題なGEMFOREXです。GEMFOREXは、オールインワン口座とノースプレッド口座があります。 GEMFOREXの場合、オールインワン口座ノースプレッド口座が採用している注文方法は、ECN方式です。

今回、お話ししなければならないのは、STP方式と、ECN方式の違いなのです。

オールインワン口座・ノースプレッド口座についてもっと知りたいのなら、 https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。

それぞれの特徴をご確認の上、トレードスタイルに合った口座をお選び下さい。

STP方式とは……

STP方式とは……

海外FX口座に注目すれば、やたら、NDD方式という言葉が目につきます。海外FX口座は、NDD方式を売りとしていて、トレーダーの注文がディーラーの裁量で受託・拒否されないため、約定力が高いメリットがあります。

しかし、海外FX口座をただNDD方式とてして捉えるのも正しい方法ではありません。更にNDD方式を注目すれば、NDD方式には、STP方式と、ECN方式という二つの種類があることが分かります。多くの、海外FX口座が採用している方法が、NDD方式の中でも、STP方式です。ただし、最近では、段々とECN方式を意識するFX会社も増えてきているといいます。

私達は、今、FXトレードをするにあたり、STP方式・ECN方式、どちらを選択すれば良いのかということは、とても大事なポイントです。

STP方式は、注文方法として、注文の送付先は、各業者のカバー先であり、注文処理方法は、カバー先の提示レートで決済します。STP方式の注文方式では、トレーダーの注文はそれぞれ業者が提携しているリクイデティプロバイダーなどのカバー先に流されます。しかし、カバー先で、どのように注文がマッチングされているかについて不明部分があります。実際に、カバー先を明らかにしているケースもあるようですが、それは、極々少数であり、FXトレードをしている人たちにとって、本当にカバー先が存在しているのかも、疑問が残ったままです。

透明性という面でも、ECN方式と比較すれば、やや劣る面はあります。STP方式の場合では、STP方式の取引手数料は、無料ということを売りにしているようですね。実質スプレッドだけが取引コストといえば、STP方式も硝子張りの、FXトレーダーにとって、大きなメリットとして捉えることが出来ますが、実際には、そのスプレッドに問題があり、そのスプレッドは、カバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せになったものなのです。

単に「スプレッド」として表記されているものの、実際には、違うものであり、上乗せした手数料がそこに含まれて、手数料の割合が、どの程度か判らないまま、FXをやることに対して、みなさんは、いささか不安も感じるのではないでしょうか。

STP方式を利用するからには、まず、元のスプレッド+業者が受け取る手数料という構図をしっかり理解することです。

ECN方式とは

ECN方式は、注文の送付先は、電子商取引所(インターバンク)であり、注文処理方法はオークション方式でマッチングという方法を取ります。

ECN方式は、直接インターバンクと呼ばれる電子商取引所に流される方法です。インターバンクには、個人投資家やファンドから、銀行や他のFXブローカー、大手LPまで、多くの人たちが参加して、注文が合致さへすれば、スピーディーにコンピューターによってマッチングされることになります。マッチング自体は、オークション形式を取り、自分の売りの注文に対して、買い注文があれば、スピーディーにマッチング出来ます。ただし、反対注文の割合総数が少ない場合、マッチングせず、決済しない場合もあります。

ECN方式のメリットは、多くの参加している人たちの注文が、板情報として表示されることです。板情報によって、どのくらいの価格でどのくらい注文がでているかを確認することが出来、大いに役立てることが出来ます。兎に角、ECN方式では、板情報によって、硝子張り状態が作られているのです。

STP方式も有効的FX注文方法なのですが、もしかしたらマーケットメイカーかもとやっぱり疑わしいケースも出てきてしまうのです。ECN方式の強みは、トレーダーの注文はインターバンク直結、そして、証拠としての板情報です。このシステムにおいて、ディーラーが介入する余地というものが存在しないのです。

ECN方式スプレッドは最小0.0pipsから

ECN方式スプレッドは最小0.0pipsから

ECN方式は、インターバンクのスプレッドを直接引っ張ってくることから、最小0.0pipsからの激狭スプレッドを実現することが出来ます。しかし別途取引手数料がかかります。STP方式は、取引手数料は無料といえば、ついSTP方式がいいと思ってしまうのですが、実際にはそうなのでしょうか。

既に答えはお話ししてますが、STP方式の注文方法も、決して取引手数料は無料ということではなくて、スプレッドに対して、カバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せされているのです。取引手数料という面では、STP方式もECN方式も変わらないとすれば、透明性のあるECN方式を選択するのが、それでも良いという気分にもなるのではないでしょうか。実際に、取引手数料を取られるものの、業者の取り分となる取引手数料とスプレッドが別々に表記されているため、取引コストの内訳が明確というメリットがあります。

更に、ECN方式には、注文がなかなか決済されないということがあるのかもしれませんが、それは、業者が意図的に約定を拒否したということはあり得ないことであり、リクオートではなくただ注文がマッチングしてないと考えることが出来ます。

ECN方式のポイントは、取引量が多く、流動性のある市場ということであり、そのような環境なら、即座にマッチングされ、気分よくFX取引をすることが出来ます。

STP方式が全然駄目というつもりもありません。ECN方式には、市場参加者の数や注文量によって、約定能力にムラが出来てしまうものの、STP方式には、安定感があるかもしれません。あとは、みなさんが、決断をしてください。

AxiTraderプロ口座は、インターバンクの市場価格をダイレクトに取引することが可能

AxiTraderプロ口座は、インターバンクの市場価格をダイレクトに取引することが可能といいます。AxiTraderプロ口座は、結構使い勝手があるのかもしれません。 ただしAxitraderのレバレッジは、400倍です。GEMFOREXは、1000倍、ここにも注目する必要があります。

プロ口座は0.1pipsスプレッドレベルとほとんどスプレッドがないレベルですが、手数料がかかるため、総合コストはスタンダード口座もプロ口座も同じくらいです。

GEMFOREXの場合、ECN方式なのに取引手数料は無料なのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ