勝手に海外FX会社のeToroとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のeToroとFX口座の注文方法比較してみました

高齢化社会において、私達は、何かしら投資の方法を勉強しなければならない頃ではないでしょうか……。

FXも、もちろん稼ぐことが出来る投資方法です。国内のFX会社もいいのかもしれませんが、高いレバレッジ比率を期待出来る、海外FX口座にも目を向けてみましょう。

今回、海外FX口座で評判の高い、eToroとGEMFOREXの注文方法について勝手に比較してみました。

eToro(イートロ)は、取引ツールがたくさんあって、とても魅力的な海外FX口座です。【FXトレンド【FXマラソン、【グローブトレーダー、【FXマッチ、【トレードボックスなど使用することが出来ます。注文方法は、NDD方式です。今、海外FX口座が注目されている理由は、NDD方式にもあります。

一方で、GEM-TRADE社が運営しているGEMFOREXも注目されている海外FX口座です。GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座を提供しており、オールインワン口座、ノースプレッド口座ともにECN方式を採用しています。

今回お話ししたいのは、NDD方式と、ECN方式の比較なのです。オールインワン口座とノースプレッド口座については、公式サイトhttps://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php で確認をお願いします。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

最近では、日本のFX会社でも、NDD方式を採用する会社が出てきたと言います。海外FX口座とともに、NDD方式がクローズアップされる機会も増えて来たようです。実際に、海外FX口座を既に利用している人たちにとって、NDD方式というのは当たり前のキーワードなのです。

ノー・ディーリング・デスクがNDD方式であり、ノー・ディーリング・デスク、つまり、ディーラー・仲介者が不在という意味です。通常、FX取引では、個人投資家のみなさんに注文が入り、FX会社が注文をコントロールします。

そして、FXブローカー、銀行、LP等、カバー先へと流れていくことになります。注文をカバー先に流すかどうかを、FX会社が決めてしまっているようです。個人投資家のみなさんから、注文が来れば、そのまま流しているということではなくて、買いの注文がきたら一定の量がまとまるまでカバーしなかったりということが起こるかもしれませんし、売りの注文と相殺されたりということが起こるかもしれません。 ちょっと先の相場を読んでカバー取引のタイミングをズラすという行為が行われていないとも限らないのです。

兎に角、FX会社は個人投資家のみなさんが儲かる以前、自分たちが儲けなければならないと考えています。個人投資家のみなさんの負けは、FX会社の利益です。FX会社に都合のいい方法では、約定拒否などをしやすい不透明なトレード環境が作られてしまうことになります。

このFX会社を素通りする注文方法のスタイルこそが、NDD方式であり、NDD方式の場合、個人投資家の注文は、FX会社を素通りし、そのままカバー先のFXブローカー、銀行、LP等に行くことになり、約定します。FX会社も儲けは必要ですが、NDD方式の場合では、スプレッドをもらうだけです。 NDD方式にとって、FX会社が儲けるために、取引量が増えることが大事であって、個人投資家のみなさんには、ここで大いに儲けてもらう必要があります。それも、従来の方法と、NDD方式の大きな違いです。

トレードの透明性の高い方法と言えば、NDD方式であり、世界的には、日本のFX方式(相対取引)はなかなか採用されない現実があります。 日本では、FXトレーダーの中には、主婦や、初心者という人たちも多く、そのような人たちは、知らず知らず、国内のFXに留まり、透明性がそれ程期待出来ないFXに身を委ねてしまっているのです。もう少し大きな視野を持てば、このような海外FX口座の存在に気付くことになるのですが。日本のFX口座の場合、注文をFX業者がノムことでトレードをするので、カバー先が提示したレートをアルゴリズムで計算し、自社の利益が最大になるレートを提示します。

NDD方式の場合では、複数のカバー先から一定のスプレッドを乗せ、一番高い買値と一番安い売値を提示します。 日本のFX口座は、スプレッドは常に一定ですが、NDD方式では、注文のタイミングによっては、スプレッドの変動幅が大きくなります。 複数のカバー先の提示レート差が影響しているからです。 表面的なスプレッドは、日本のFX口座の方が低いとしても、提示されているレートは、FX業者にとってとても都合の良いレートであり、本来の意味で、カバー先のレートではないのかもしれません。世界的には、どんどん透明性の高い、NDD方式が選ばれるようになって来たようです。

ECN方式とは……

ECN方式とは……

今まで、NDD方式のことをずっとお話しをして来ましたが、ECN方式は、NDD方式と全く無関係ということではありません。ECN方式は、NDD方式の種類の一つなのです。 Electronic Communications Networkを略したものがECN方式であり、Electronic Communications Networkとは、電子取引所取引という意味合いを持っています。

ECN方式は、多くの参加者(個人投資家やファンド、銀行、他のFXブローカーやLP)たちが相互に注文を出し合い、マッチングする取引所を持つ仕組みです。ここで個人投資家のみなさんが注文をすれば、注文は、板情報として追加することが出来、どんな注文が多いのかなど、トレンドを参考にすることが出来ます。

注文は見えているので、それに対して、自分の注文をぶつけるので、リクオートという概念はここにはありません。ただし、多くのECN方式を採用している海外FX口座では、大口取引向けとして考えられ、最低入金額などが高く設定されているケースが多いようです。ECN方式の場合、注文が板情報として表示されて、価格の決定は、注文を出している当事者間でされます。そこには、FX業者がスプレッドをいじる余地などどこにも残されておらず、FX業者の収益は、仲介手数料だけということになります。ただし、ECN方式の注文方法は、売買注文をマッチングさせる必要があり、かなりの流動性がここに必要なのです。

NDD方式には、もう一つSTP方式という注文方法がありますが、それは、単に、個人投資家のみなさんの注文を機械的に、市場に流す方法です。STP方式の注文方法なら、ロットはカバー先でまとめることが出来るから、小口でも取引が可能だったりします。カバー先の提示レートに対して注文が出されるから、手数料なしで価格を提示しています。

しかし、実際に、STP方式も、NDD方式の種類の一つと言われているものの、本当に透明性があるのは、ECN方式と言えそうです。STP方式の場合では、注文のマッチングは、カバー先がしているので中を覗くことが出来ませんし、スプレッドだって、中に取引手数料が含まれていたりして、明確さに欠ける注文方法です。 同じNDD方式だとしても、STP方式の場合では、カバー先が、注文を市場に流さないで、自分のとこで相対取引をしているという、何が何だか判らないことが起こるリスクも抱えているのです。

いかがでしょうか。NDD方式の中でも、より理想はECN方式と言えるかもしれません。それを採用しているのが、GEMFOREXです。GEMFOREXは、最大レバレッジがなんと1000倍(eToroはレバレッジ400倍)なのです。 ECN方式は、最低入金額などが高く設定されているケースが多いようですが、 eToroは、最低保証金50米ドルと言います。 eToroも結構頑張っているのですが、GEMFOREXなら、100円($1)~からともっと頑張っています。 更に、取引手数料は、ECN方式なのになんと0円を実現しています。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ