勝手に海外FX会社のFXOpen とFX口座の注文方法比較してみました

将来に不安だから何かしら投資をしたいという人たちが増えてきていますが、FX投資に向きあう日本人の方々も増えてきているようです。

今から、FX投資に向きあうのなら、海外FX口座に目を向けるのも方法ではないでしょうか。海外FX口座は、日本国内のFX会社と比べてどのような違いがあるのでしょう。

今回、勝手に海外FXのFXOpenとFX口座の注文方法比較してみました。

FXOpenという海外FX口座は、日本の方々にはまだそれ程馴染みがあるという訳ではありませんが、海外ではとても注目されているFX会社です。

FXOpen には、STP口座と、ECN口座があります。

海外FX口座は、大きなレバレッジを使用出来ることが魅力であり、GEMFOREXでは1000倍レバレッジのトレードが出来てしまうのです。GEMFOREXには、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。

オールインワン口座・ノースプレッド口座ともに採用している注文方法はECN方式です。

日本の個人投資家のみなさんは、このSTP方式、ECN方式という注文方法にあまりにも馴染みがないのではないでしょうか。今回ここで勉強していただきたいのは、海外FX口座でトレードするために知る必要がある、STP方式とECN方式の注文方法の比較についてです。

オールインワン口座・ノースプレッド口座については、敢えて今回説明をしませんので、https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。

OTC(DD)方式とは

OTC(DD)方式とは

まず、注文方法として比較しなければならないのは、OTC(DD)方式とNDD方式の違いです。

日本でFXトレードをしている人たちが、あまりこの注文方法について意識がないのは、日本の国内FX会社のほとんどがOTC(DD)方式を採用しているから、比較する必要がなかったというのが正直なところです。しかし、海外FX口座は、そうではなく、多くのFX会社が採用している注文方法はNDD方式です。

日本のFX会社で採用している、OTC(DD)方式とは、ディーリング・デスクでディーラーの介入がある注文方法のことを言います。

OTC(DD)方式では、個人投資家のみなさんの注文を中に入ったFX業者が決済します。注文を決済するFX業者は実際に通貨の売買を行わず、このような行為を、「呑み」と言います。

個人投資家のみなさんの注文に対して、利益が生まれると、FX会社は損失を被ることになり、個人投資家のみなさんが稼ぐことが出来なければ、FX会社は利益をあげることが出来ます。日本のFX会社の多くが採用している注文方法は、利益相反の関係なのです。

日本の個人投資家のみなさんにとって、OTC(DD)方式は極々当たり前のことなので、今まで気付かなかったのかもしれませんが、OTC(DD)方式には問題点もあります。個人投資家のみなさんが、とても強くて勝ち続けることによって、最終的にFX会社は倒産まで追い込まれてしまうことになるかもしれません。

だから、 ディーリング・デスク(DD)にスゴ腕のディーラーを配置したりして、個人投資家をいかに負けさせるのかということばかりを考えているのです。ディーラーは自らの裁量で、 カバー先に注文を流すとか、リクオートとか、投資家同士のオーダーをぶつけ合って相殺、提示価格の決定といったことが出来てしまうのです。

トレードをしている人たちも気分が良くないという気持ちも起こるでしょう。 もちろん、それはトレードをしている人たちにとって、リスクのある方法だからです。

NDD方式とは……

そして、海外FX口座に目を向ければ、多くのFX会社が採用している方法はNDD方式という注文方法です。

それは、ノー・ディーリング・デスクという注文方法であり、間にディーラーを介さない取引をします。 投資家のオーダーは、FX業者を素通りして、カバー先(海外ブローカー、リクイディティプロバイダー)で直接決済という流れです。

NDD方式という注文方法では、意図的な不正(スリッページ・リクオートなど)が起こらない大きなメリットがあります。それは、OTC(DD)方式とは全然違う透明性のある注文方法です。

STP方式とは

FXOpen では、STP方式という方法を採用してますが、それは、NDD方式の種類の一つであり、多くの海外FX口座では、STP方式を採用しているので、NDD方式イコール、STP方式という見方をする場合もあります。

一方では、NDD方式の種類の一つであるECN方式があり、段々とECN方式の評価が高まっている事実があります。

STP方式は、OTC(DD)方式と比較をして、透明性が高いと言われているものの、顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などカバー先に流され、各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについて、明確にされている訳ではありません。本当に、STP方式がピュアの存在なのかは、やや疑問が残ります。

ECN方式という注文方法の選択肢

ECN方式という注文方法の選択肢

本当に硝子張り、正真正銘、ピュアな環境でFX取引したいというのなら、選択すべき注文方法は、ECN方式ということになります。

GEMFOREXでも採用しているECN方式は、直接インターバンクと呼ばれる、個人投資家、ファンド、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで参加者の注文が集中する電子商取引所に流す方法です。即座に注文は、コンピュータによってマッチングされます。更に、マッチングはオークション形式をとります。

自分の売り注文に対して、買い注文があれば、スピーディーに、マッチングされることになりますが、自分の注文に、反対注文の割合が少ないケースはマッチングせず、決済しない時もあります。

そして、ECN方式では、板情報として追加し、どのくらいの価格でどのくらい注文が出ているかについてを、板情報によって参考にすることが出来ます。

実際にOTC(DD)方式よりも、世界的には、STP方式が評価されている訳ですが、そのSTP方式も、カバー先が実在しているのかについても怪しい業者が存在していると言います。

やはり、カバー先に流された注文がどのように処理されているかが明かされてないことには、大きな問題があります。もしかしたらマーケットメイカーかもと疑う気持ちがあっては、なかなかFX投資で稼ぐには気持ちが至れないのかもしれません。

ただしECN方式は取引手数料が取られる?

しかし、実際にECN方式には、別途取引手数料の請求があります。 STP方式は手数料なしなどというふれこみを聞けば、瞬間、STP方式がいいと思ってしまうかもしれません。

しかし、STP方式は、そのスプレッド自体が、カバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せされたものであり、ここでも、透明性が欠けると言えてしまうのです。STP方式では、手数料の割合がどの程度なのかは闇の中です。 STP方式と比較をすれば、ECN方式という注文方法は、取引手数料が明確であり、そして板情報を参考に取引でき、リクオートはありえない、かなり信頼性の高いFXトレードの手段だったのです。

ここで更に、GEMFOREXに注目をしていただきたいのですが、GEMFOREXは、ECN方式なのに、別途取引手数料は無料を実現していたのです。FXOpenは1000ドル未満は、(取引量500万ドル未満)5ドルとかなり冷遇されているようです。(1000ドル以上入金するほうがおすすめ)

ただし、一般的にECN方式は、通常のSTP方式の口座よりも初回入金額が高めに設定されている業者が今まではほとんどだったようで、なかなか個人投資家のみなさんにとって敷居の高い注文方法だったのです。

しかし、GEMFOREXはそうではありません。GEMFOREXでは、100円($1)(FXOpenのECN方式は最低入金額は$100)からスタート出来、ECN方式の中でも理想形と言えるのではないでしょうか。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ