勝手に海外FX会社のThinkForexとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のThinkForexとFX口座の注文方法比較してみました

これからFXをしようと思っている人たちにも、現在国内FXをしている方々にもここで海外FX口座の最大な魅力を知って欲しいのです。

個人投資家のみなさんの中には、そもそも国内FXしか存在しないと思いこんでいる人たちが多くいます。今回お話ししたいのは、国内FXと更に海外FX口座があり、海外FX口座ではこれほどまでに大きな違いや魅力があることです。

今回勝手に海外FXのThinkForexとFX口座の注文方法比較してみました。

ThinkForexはスタンダード口座、プロ口座、cTrader口座があり、STP方式を採用しています。

GEMFOREXはオールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。 GEMFOREXで採用している注文方法はECN方式です。(オールインワン口座とノースプレッド口座については、公式ホームページhttps://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認してください)

OTC(DD)方式とは

OTC(DD)方式とは

国内FXをしている人たちには「注文方法」という言葉があまりピンと来ないかもしれません。なぜなら国内FXのほとんどは、OTC(DD)方式という注文方法を採用しているので、敢えて注文方法について意識する必要がなかったとも言えるからです。しかし海外FX口座と向きあえば、すぐに注文方法が違うということに気付くことになります。

そのとき果たしてOTC(DD)方式という注文方法がそれぞれの個人投資家のみなさんにとって妥当な方法なのかということも考えさせられることになります。

ディーリングディスクで人手を介する方法がOTC(DD)方式という注文方法のことです。 Over The Counterを略したものがOTC方式であり、(DDはDealing Deskという意味であり、取引する「机」があるFX会社内で顧客のポジションを処理する方法のことを言います)投資家のオーダーは注文先に通す前にFX業者がいったん決済します。ここではFX業者の「呑み」行為が行われていたのです。

呑み行為と言われて、あまり意味の判らない人たちもいい気持ちはしないのではないでしょうか。実際にFXは投資なので負けることはあるものの、OTC(DD)方式のことを詳しく知れば、「意図的に業者に負けさせられてしまっているのかも」という気分になってしまうことになります。

実際にOTC(DD)方式の注文方法においてFX会社は顧客の注文を呑んでいるので、顧客が利益を出せば損をしてしまうから、『顧客とFX業者の利益関係は相反している関係』となり、FX会社は絶対に顧客に負けてはならないとプロフェッショナルなる凄腕のディーラーを配置してきたりします。ディーラーは利益を出すことが目的でここに存在しています。このような凄腕のプロにまだそれ程FX体験もない人たちが果たして勝つことなんて出来るのでしょうか。このような人たちに負けてもらうことでFX会社は経営が成立しているとしたら、本当に気分の悪い話です。

残念ながらOTC(DD)方式という注文方法はそのようなメカニズムだったのです。OTC(DD)方式では充分にストップ狩りや約定拒否などが起こりうる可能性についても想像することが出来ます。

OTC(DD)方式とは

海外FX口座に目を向ければ、海外FX口座で採用している注文方法のほとんどはNDD方式です。NDD方式はノーディーリングディスクを略したものであり、間にディーラーや人を介さないオーダーの注文方法です。 投資家のオーダーは全てインターバンク直結でカバー先に流され決済されOTC(DD)方式のように人手を介さないため、恣意性がなくフェアな注文方法なのです。

NDD方式においてFX会社はどこで利益を出しているのかといえば完全に顧客から徴収する手数料(スプレッド)のみです。個人投資家のみなさんが勝って今後もっとFX取引をしたいと思う程海外FXは手数料(スプレッド)が入り儲かるシステムであり、『FX業者とトレーダーの間に利益相反が起こらない』システムなのです。

OTC(DD)方式しか目の前に存在しなければ個人投資家のみなさんは、OTC(DD)方式の注文方法を選択する以外は方法がありません。将来のための投資という意味では、OTC(DD)方式でも有効的方法と考えることは出来ます。しかしNDD方式という選択肢がここにあればどうするかということについて考えてみましょう。

もちろんOTC(DD)方式でも勝つ人たちはいます。個人投資家のみなさんはOTC(DD)方式において、数十万円単位で勝つことは出来るでしょうけど、数百万円の利益を得るとなればやっぱりFX業者は黙ってはおらず、あの手この手を使って阻止するというのが妥当な考えです。

かつて国内FX業者でスキャルピングトレードをしまくっていたら口座が凍結されてしまったという話しを聞いたことがあります。

1日に1000回以上スキものャルピングトレードを行って、月に数千万円の利益をあげていたケースがあったようですが、OTC(DD)方式を採用しているFX会社ではこんなことをしているトレーダーを許すことが出来ないのです。 あまりにもスピーディーに行えば、ディーラーのカバーを間に合わすことが出来ないので「口座凍結」という最終手段に出た結果です。 スキャルピングトレードが悪いということではなくて、スキャルピングトレードを行っていたとしても、 損失を出し続けているトレーダーなら問題はないのですが。

NDD方式を採用している海外FX口座なら、スキャルピングなんて大歓迎でどのようなシーンでも迎え入れてくれるでしょう。

STP方式とECN方式の違い

STP方式とECN方式の違い

ThinkForexの採用しているSTP方式も、GEMFOREXのECN方式も、NDD方式の種類のひとつなので、ほとんどの説明は既にNDD方式の中でして来ました。

そこではOTC(DD)方式と比較してNDD方式はクリーンな注文方法ということを散々お話しして来た訳ですが、GEMFOREXのECN方式と比較した場合には、STP方式という注文方法はいささか透明性に欠ける注文方法とも言えます。

STP方式の場合、個人投資家のみなさんの注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流されることになりますが、各カバー先でどのように注文がマッチングされるかについては明確ではなく不透明さが残り、カバー先が存在しているのかについても疑問が残ったままです。海外FX口座のほとんどではこのSTP方式という注文方法を採用していたのです。

GEMFOREXの採用するECN方式という注文方法の場合、トレーダーの注文は直接個人投資家やファンドから、銀行や他のFXブローカー、大手LPまで多くの参加者の注文が集中するインターバンク(電子商取引所)に流されます。ECN方式においては即座にコンピュータによってマッチングされ、マッチングはオークション形式で、自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合即座にマッチングされます。

ECN方式の場合、参加者の注文はそれぞれ「板情報」として追加され、どのくらいの価格でどのくらい注文がでているか参考にすることが出来ます。板情報の存在もECN方式のクリアさの証明と言えます。

OTC(DD)方式よりはSTP方式の方が個人投資家のみなさんにとってメリットの大きな注文方法なのですが、カバー先が存在しているのか疑惑をもちながらFXトレードをしていたら、みすみす勝てるタイミングも見失ってしまうかもしれません。

ECN方式は実際には、別途取引手数料がかかるようですが、STP方式の場合スプレッドは取引手数料こみであり実際にいくら程度手数料が取られているのか明かではありません。ECN方式の場合、取引手数料とスプレッドが別々に表記されているから取引コストもクリアということが出来ます。

しかし取引手数料という言葉がECN方式ではクローズアップされてやや気になります。取引手数料はやっぱりないに越したことはありません。実際にECN方式とSTP方式を比較して別途取引手数料がECN方式のデメリットと指摘する人たちもいるようです。

ただし海外FX口座GEMFOREXを利用すれば、注文方法はECN方式なのに手数料も無料で利用することが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ