海外FX会社口座開設 ECN方式とは メリット・デメリットのまとめ

海外FX会社口座開設 ECN方式とは メリット・デメリットのまとめ

FX投資をしている個人投資家のみなさんの中には、ようやく海外FX会社に注目したという人もいるでしょう。

FX投資には、口座開設比較することがとても大事です。国内FXと海外FX会社を口座開設比較すれば、あなたにとってメリットが大きいのは海外FX会社なのかもしれません。

海外FXに目を向けることで個人投資家のみなさんは国内FX会社のほとんどが使用しているOTC(DD)方式と、海外FX会社の多くが使用しているNDD方式という注文方法を知り、口座開設比較することになります。

国内FX会社が使用しているOTC(DD)方式よりも、個人投資家のみなさんをクリーンな注文方法で勝ちへと導いてくれるのがNDD方式だということは既におおむね理解出来ているでしょうか。

NDD方式の注文方法にメリットがある?

NDD方式の注文方法にメリットがある?

NDD方式という注文方法では売買注文をFX会社が受けずに、直接カバー先(海外ブローカー、リクイディティプロバイダー)の金融機関に発注する方式を採用しています。OTC(DD)方式とは違い、 FX業者は投資家のオーダーを素通りするために、 意図的な不正(スリッページやリクオートなど)は起こらない注文方法です。個人投資家のみなさんのオーダー通りにしっかり約定することが出来ます。

NDD方式には二つの注文方法がある

ここで個人投資家のみなさんに口座開設サポートをすれば、NDD方式という注文方法だけで海外FX会社のすべてを把握することが出来ません。 なぜならNDD方式という注文方法から、更に二つの注文方法としてSTP方式とECN方式について、比較、検討する必要があるからです。

海外FX会社では、ほとんどのケースがSTP方式という注文方法を採用しており、NDD方式イコールSTP方式と思われている面も持っています。しかし一方ではECN方式という注文方法を採用している海外FX会社もあり、段々と海外FX会社ではECN方式推しと言われるようにもなって来ました。

ここで口座開設サポートをしたいのは、ECN方式の魅力を個人投資家のみなさんに知ってもらうためです。ただしECN方式という注文方法のことを知り、やっぱりSTP方式がいいということもあるかもしれません。ECN方式もひょっとしたら完全な注文方法ではなくデメリットを持っているかもしれません。そのときはご自身の判断でSTP方式を選択するというのも方法です。

何よりも大事なことは、口座開設比較して自分にとって正しい判断を導くことです。

STP方式とは……

STP方式とは……

海外FX会社の多くが現在、STP取引(Straight Through Processing・ストレートスループロセッシング)という注文方法を採用しています。STP方式も、NDD方式の種類のひとつなので、OTC(DD)方式と口座開設比較をしてクリーンな注文方法だということは間違いありませんが、厳密に言えばSTP方式ではトレーダーの出した注文はブローカーを経由します。

STP方式という注文方法は、ブローカーに届いた注文をブローカーがカバー先の金融機関とマッチングさせる仕組みです。そこでは海外FX業者の先にLPや銀行がどれだけいるのかを知ることができません。実際にOTC(DD)方式と比較して透明は透明なのですが、若干不透明さが残っているのがSTP方式なのです。

ECN方式という注文方法

ECN方式は、「Electronic Communications Network(エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)を略した言葉であり、訳せば「電子取引所取引」ということになります。電子取引所取引という言葉から想像出来るように、ECN方式という注文方法は全ての注文のやり取りがインターネット上で行われるのが大きな特徴です。

更にECN方式では、「オークション形式」で取引が行われることになります。多数の参加者(個人投資家・銀行・海外ブローカーなど)がインターネット上に集まり注文を出し合って、オーダーは全てインターネット上に「板情報」として表示されて、 注文がマッチングした参加者同士が合意することで売買が成立するという仕組みです。

ECN方式のメリットは、STP方式と口座開設比較してディーラーの介入は一切ないということであり、一番クリーンな注文方法を選択したいということならば、NDD方式の中でもECN方式を選択することになります。それは個人投資家のみなさん同士の取引なので、ディーラーが一切ここに入り込む余地はありません。

ECN方式で海外FX会社は何をしているのかといえば、ユーザーの注文をマッチングさせる手助けをしているだけと考えてください。

ECN方式で口座開設するメリット

公平で透明性の高い注文方法でFX投資をしたいというのなら、STP方式でもなくECN方式の選択が正しいです。ECN方式では、板情報も利用することが出来、オーダーに対し自分のオーダーをぶつけるリクオート(約定拒否)という概念も存在しません。更に板情報によって、簡単に気配値を知ることが出来ます。個人投資家のみなさんが実際に今、取引をしてない状況であってもトレンドをつかめるというのはECN方式の大きな強みです。

更にECN方式をおすすめしたい理由は、スプレッドがかなりの高水準であることです。ECN方式の場合、スプレッドはインターバンクから直接持ってくるのでかなり狭いというのが特徴です。実際に0pips~というスプレッドがECN方式の場合では実現出来てしまうのです。

ECN方式のデメリット

ECN方式のデメリット

口座開設サポートではECN方式にデメリットが存在すればそれについてもお話しする必要があります。

ECN方式にもデメリットは多少あり、まずそれは取引相手がいないと約定しないことです。 投資家同士のオーダーがマッチングすることで約定するという取引形式なので、リクオートが存在しないというメリットについてお話しをしていますが、しかしマッチングする必要があり、マッチングしなければいつまで待っても約定することがありません。

ECN方式は、大量のオーダーが集まり大きなメリットを発揮する注文方法であり、そうでない場合には流動性が失われて、約定力は低下していってしまうことになります。しかし、それでもECN方式でマッチングしないという事態はほとんど起こらないと考えて良いでしょう。

更に、ECN方式は、0pips~という極狭スプレッドでの取引がメリットと言いましたが、 別途取引手数料が発生することに注意をしなければなりません。

一方でSTP方式という注文方法はスプレッドのみということが売りのようですが、実際にはスプレッドに手数料を上乗せして利益を得ているのであって、STP方式ではどの程度手数料が上乗せになっているかも判らない不透明感があります。STP方式では、業者のキャッシュポイントがスプレッドしかないからそうしなければならないのです。

ECN方式は、実際に別途手数料を請求しますが、 取引の透明性を高めるためにスプレッドを最小限に抑えて、そこに取引手数料を上乗せするという方法を取っているとも考えることが出来ます。取引手数料が上乗せされるのはデメリットではなくECN方式がクリーンであるあらわれとも考えてください。

ECN方式で口座開設するときスプレッド+手数料をトータルコストとしてどの程度かかるのかということを判断していかなければなりません。よく海外FX会社を探せば、取引手数料が無料という海外FX会社も見付けることが出来、スプレッドの狭さだけに目をやるのは正しい方法ではありません。

いかがでしょうか。口座開設サポートとして一番クリーンなECN方式をおすすめしたい気持ちはありますが、ECN方式が100%優れているということではありません。一番大事なのは自身のスタイルにSTP方式とECN方式のどちらが合っているかを判断することではないでしょうか。

STP方式のメリットはレバレッジが高いことであり、 最小入金額が低めに設定されていることであるという人たちもいます。 しかし更に海外FX会社をしっかりチェックすれば、ECN方式を採用している海外FX会社でも、「高レバレッジ」、「低めの入金額」を実行しているところを見付けることが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ