海外FX会社口座開設 NDD方式とは メリットデメリットのまとめ

海外FX会社口座開設 NDD方式とは メリットデメリットのまとめ

国内でFX口座開設をしているトレーダーは「注文方法」という言葉の意味が判らないということがよくあるようです。

国内FX口座開設をしている人たちは、おそらくOTC(DD)方式という注文方法を選択しています。ほとんど国内FXの会社がOTC(DD)方式を採用しているため、今まで注文方法という言葉を意識しなくてもFX口座開設をすることが出来たのです。

口座開設比較すればFXの会社は国内の会社だけではありません。個人投資家のみなさんを勝たせてくれるのは、国内FXではなく海外FX会社なのかもしれません。

海外FX会社のほとんどが採用している注文方法が、NDD方式です。

今回口座開設サポートとして、海外FX会社の口座開設をするときのために、NDD方式が何かということOTC(DD)方式と比較しながらお話ししましょう。

海外FX会社のほとんどが使用しているNDD方式には、もちろんメリットも多くありますが、ひょっとしたらデメリットも存在しているかもしれません。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

最近では、ごく一部ですが国内のFX会社でもNDD方式を採用する会社が登場して来たと言います。今後もっと国内でもNDD方式という注文方法がクローズアップされることになるでしょう。

でも、既に海外FX会社で口座開設をしてFX投資をしている個人投資家のみなさんにとって、「何を今更」という感じではないでしょうか。

NDD方式とは、No Dealing Desk「ノー・ディーリング・デスク」を略した言葉であり、ディーラー(仲介者)不在の取引ということです。

通常の注文方法(OTC(DD)方式)では注文の流れは、トレーダーからFX会社へと行き、注文をコントロールし、カバー先(FXブローカー、銀行、LP等)へと流れて行きます。

つまりそこで注文をカバー先に流すかどうかを海外FX会社が決めています。FX会社が「呑み」行為をしているとよく聞くことがありますが、呑みと言われるのはこのような原因からです。

トレーダーから来た注文をそのまま流すのではなく、買いの注文がきたら一定の量がまとまるまでカバーしなかったりということも頻繁に起こりますし、売りの注文と相殺されてしまうということもあります。 ちょっと先の相場を読んでカバー取引のタイミングをズラしたりということもあります。

ここでは個人投資家のみなさんの負けがFX業者の利益になってしまうため、ストップ狩りや故意のスリッページ、約定拒否などをしやすい環境が作られ、不透明で不安な思いのままFX投資をしなければなりません。

つまり、OTC(DD)方式は顧客とFX業者の「利益関係は相反している」ということであり、個人投資家のみなさんが勝ち続ければFX会社は倒産へと追いやられてしまうかもしれません。 そうはならないようにFX会社では、ディーリング・デスクにプロの凄腕ディーラーを配置して、それ程熟練してない個人投資家のみなさんもこの凄腕のディーラーと向きあってFX取引をしていたのです。

OTC(DD)方式で口座開設してももちろん勝つ個人投資家のみなさんはいます。しかしそれでも「8割は負け」とされています。8割の顧客の負け分によって多大な利益をあげていると聞けば、なんとも個人投資家のみなさんは複雑な気持ちがしてしまうのではないでしょうか。

一方NDD方式という注文方法において、注文の流れはOTC(DD)方式と同じだとしてもこちらはノー・ディーリング・デスクであり、FX会社を素通りします。注文はそのままカバー先のFXブローカー、銀行、LP等にいくことになり約定します。

NDD方式を採用している多くの海外FX会社が、どのような方法で儲けているかといえば、スプレッド(手数料)だけなので、個人投資家のみなさんにはもっとたくさん勝っていただき多くの取引をして欲しいと思っているのです。そのFX業者とトレーダーの間に利益相反は起こらず、NDD方式ではフェアなFX取引をいつでもすることが出来ます。

口座開設サポート NDD方式を使いたい理由

口座開設サポート NDD方式を使いたい理由

OTC(DD)方式はこのように考えるとどんなキレイ事を言ったとしても、個人投資家のみなさんに負けて欲しいと思っているのは間違いがありません。それが既にトレードしている人たちにとって気分のいい方法ではないのです。

数十万円単位での勝ちという場合ではOTC(DD)方式のFX会社は目をつむっているかもしれませんが、数百万円の利益となれば、FX業者は凄腕ディーラーがあらゆる手段を使ってトレーダーを負けさせようとしてきます。ストップ狩り・不利約定などに遭遇したくないというのならやっぱり口座開設のときNDD方式の注文方法を利用するべきではないでしょうか。

国内FX業者でスキャルピングトレードをしまくっていたら、口座が凍結されたという話しを以前聞いたことはないでしょうか。

それは都市伝説ではなくて実際に起きていたことなのです。1日に1000回以上のスキャルピングトレードを行い、月に数千万円の利益をあげたというケースにおいて、ディーラーのカバーが間に合わないから、FX会社が損失を負わないためにも、口座凍結をさせてしまうのです。損失を出し続けているトレーダーが何万回とスキャルピングトレードをしたとしても口座凍結になることはないのかもしれませんが、利益を出している人たちはかなり注意をしなければなりません。

しかしNDD方式なら、そんな心配も一切する必要がありません。「スキャルピング大歓迎」、「自動売買大歓迎」のNDD方式は個人投資家のみなさんにもっと儲けるためのトレードをして欲しいと思っているのです。

更に口座開設サポートとして、OTC(DD)方式を使用している場合注意をしなければならないのは取引プラットフォームです。国内FXの会社でトレードをしている人たちならそれぞれのFX会社で取引プラットフォームが違うということを知っているでしょう。別にそれ自体には何ら問題があるようにも見えないのですが、自社開発ということにちょっと疑いの目をもった方がいいかもしれません。

自社開発ということは、プラットフォームを自分たちが好きにしても構いませんよということを言っているのです。そこでは個人投資家のみなさんが損になるようなことが当たり前に行われているのかもしれません。 国内業者の独自の取引プラットフォームは完全なブラックボックスと考えるべきでしょう。

海外FX会社では、MT4(Meta Trader4)という世界で最も普及し、支持されている取引プラットフォームを採用しています。MT4(Meta Trader4)のメリットもいろいろと考えることが出来ますが、一番大きなメリットは、 自社開発のプラットフォームではないことです。それぞれのFX会社が自分たちのメリットでシステムを勝手にいじることは出来ないので、ここでは透明性の高いFX取引をすることが出来ます。

国内FXをしている人たちは、ほとんどがOTC(DD)方式という注文方法を使用し口座開設比較する機会を今まで持たなかったのでそれで済んだのかもしれませんが、海外FX会社を口座開設し利用しようとするときにはOTC(DD)方式とNDD方式を比較することからスタートします。

そのとき本当に国内FX会社で大丈夫なのかきっと不安にも思うでしょう。OTC(DD)方式では、 投資家とFX業者は「利益相反」の関係であり、仲の悪い夫婦関係を維持しているようなものです。長くFX投資と向きあっていこうと思っている人たちは、投資家とFX業者は「パートナー」の関係の方がきっといいと思っているはずです。

口座開設サポート NDD方式にはデメリットもある?

スプレッドのことについて言えば、OTC(DD)方式と比較をして、NDD方式が圧倒的有利ということではありません。

OTC(DD)方式の注文方法を採用しているFX会社は自由にスプレッドを決定することが出来、NDD方式よりも有利と思えるスプレッドを提供している場合もあります。(ただしその逆のパターンの場合もあります)NDD方式のスプレッドは、純粋にスプレッドがそのFX会社の利益となるため、 口座開設比較すればNDD方式の業者ほどスプレッドが広い傾向はあるようです。

OTC(DD)方式では、個人投資家のみなさんとFX会社は利益相反の関係にあり、 顧客が負ければ負けるほど、業者の利益にすることが出来、別にスプレッドを狭くしても問題が起こらなかったりします。実際に国内業者のスプレッドを見るとドル円0.3pips程度とありえないくらい狭いのですが、それも明かにカラクリがあるから実現出来ることです。

ただし、実際にスプレッドに注目している人たちは個人投資家のみなさんの中にも多くいて、国内FXは全世界でもスプレッドが最狭レベルだからOKという人たちも結構多いのです。

口座開設をするとき海外FX会社のNDD方式という注文方法に向きあえば、それ程までにスプレッドは期待出来ないかもしれません。それがNDD方式のデメリットと考えることが出来るかもしれません。

しかし裏返せば、それがNDD方式でクリーンな取引が出来るあらわれなのです。同時にメリットとして考えることも出来るのではないでしょうか。取引ボリュームの多い米ドル円やユーロドルなどとは違って、マイナー通貨ペアのスプレッドが広くなりがちなのはそもそもの流動性が低いので仕方ないことなのです。

更に口座開設サポートとしてNDD方式のデメリットについて考えるのなら、変動スプレッドなので、相場急変時にはスプレッドが大きく広がる可能性があるということでしょうか。原則としてNDD方式という注文方法の場合、 変動スプレッド制度であり、OTC(DD)方式は固定スプレッド制度です。

提携先のリクイディティプロバイダー(LP)から引っ張ってきた通貨ペアのレートに対し、取引手数料を乗っけてスプレッドの表示をしているので、 NDD方式においてLPから引っ張ってきたレートに応じてスプレッドが変動するのが当たり前なのです。

いかがでしょうか。国内FXをしている人たちは、今までNDD方式という存在すら気付いてなかったのかもしれません。国内FXでももちろん勝つことは出来ます。しかし今までの口座開設サポートを聞き再度考えてみましょう。あなたにとって本当に一番優れている、あなたを勝ちへと導いてくれるFX会社は国内に存在しているのでしょうか。

まず、口座開設をしようとしている人たちがしなければならないのは、口座開設比較です。比較することでいろいろと見えてくることがあります。ただひたすら国内FXトレードをしている人たちに欠けていたのは明らかに「比較」する目です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ