勝手に海外FX会社のTradeviewForexとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のTradeviewForexとFX口座の注文方法比較してみました

将来を見据えてFX投資に乗り出した人たちも多くいらっしゃることでしょう。そのとき日本にお住まいの方々は、やっぱり国内FXが安心と思ってしまうのかもしれません。

しかし個人投資家のみなさんを本当に勝たせてくれるのは「海外FX口座」であるかもしれません。

FXの魅力はレバレッジという言い方をする人たちは多くいますが、国内FXと向きあえばレバレッジには規制があり25倍程度しか利用することが出来ません。海外FX口座に目を向ければ、何百倍ものレバレッジを活用することが出来ます。

TradeviewForexでは、400倍のレバレッジを使用することが出来ます。 一方GEMFOREXなら、更にTradeviewForexの上をいき最大レバレッジは1000倍まで利用することが出来ます。もちろんGEMFOREXを利用すれば1000倍を使用しなければならないということではありません。

TradeviewForexが採用しているのは、ILC口座・cTrade口座・Currenex口座であり、それらはSTP方式という注文方法です。

GEMFOREXが採用しているのはオールインワン口座とノースプレッド口座です。 オールインワン口座とノースプレッド口座ともにECN方式という注文方法です。

今回TradeviewForexとGEMFOREXの注文方法を比較してみました。オールインワン口座とノースプレッド口座については今回ここではお話しをしませんので、GEMFOREXの公式ホームページで確認をしてください。https://gforex.asia/en/tradeaccount/fx/accounttypes.php です。

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式という注文方法についてお話しをしますが、国内FXをしている人たちは「注文方法」という言葉に今まで結構無関心だったのかもしれません。なぜなら、国内FXのほとんどは、OTC(DD)方式という注文方法を採用しているため、敢えて国内FXに留まっている人たちは比較をする必要がなかったとも言えます。

海外FX口座TradeviewForexやGEMFOREXと向きあうということは、OTC(DD)方式と、STP方式やECN方式(NDD方式)を比較することなのです。注文方法を比較してみてOTC(DD)方式があなたに一番マッチした注文方法なら別にそれでいいのです。

しかし本当にそうと言えるのでしょうか。

OTC(DD)方式という注文方法ではトレーダーの注文はインターバンクに直接出されるということではなく、一度FX会社が全て注文を決済します。 一度決済をして、トレーダーの注文が勝ちそうなら注文は通すという方法をとり、トレーダーの注文が負けそうならば注文は通さないという「呑み」行為をしています。

OTC(DD)方式では、中に凄腕のディーラーが配置されて、そのプロフェッショナルたちがそのような判断を行っています。OTC(DD)方式では注文を通す通さないという判断にディーラーの裁量が介入していたのです。

個人投資家のみなさんは当たり前に自分の注文が通っている気分になっていたのかもしれませんが、実際に通っていたのかが闇の中なのです。ここには顧客とFX会社の利益の「相反関係」があります。顧客が損をすればFX会社は儲けることが出来ますし、個人投資家のみなさんが儲けることが出来れば、FX会社は損をしてしまうことになります。

例えば、あなたが馬券を友だちに買って来てもらうことを依頼して、競馬券代とは別に手間賃を2,000円渡したとします。友だちは、あなたが競馬に負けるものと確信をすれば、馬券を購入しないで競馬代金をそのまま着服した方が得と考えるかもしれません。 レースが外れれば、手間賃2,000円と競馬購入代金を手に入れることが出来ます。しかし競馬は当たることもありますので、そのときは友だちは配当金を支払いしなければなりません。

そこで友だちはただひたすら、「外れてくれ」と願うことになります。これが呑み行為であり、OTC(DD)方式の世界では当たり前にこのような「呑み」が繰り広げられていたのです。

OTC(DD)方式に惹かれてしまう理由として、限りなくゼロに近いスプレッドということもあげることが出来ます。しかしOTC(DD)方式を採用しているFX会社は顧客とのトレードというキャッシュポイントを使用しているから、スプレッドなどほとんど関係ないのです。実際にFXトレードで勝つ人たちはいますが、それでも90%の人たちは負けていると言います。FX会社は90%の負けているトレーダーに反対売買を入れれば、儲けることなんて簡単に出来てしまうのです。リスクが高い相場の場合は、リクオートすることだって自在なのです。

NDD方式とは

NDD方式とは

TradeviewForexの採用しているSTP方式も、GEMFOREXのECN方式も、NDD方式という注文方法のひとつです。海外FX口座に目を向ければ、ほとんどのFX会社がNDD方式という注文方法を採用しています。

NDD方式という注文方法はディーラーを通さずトレーダーの注文はそのままインターバンクにて決済される方法であり、FX会社は一切トレーダーの取引に関与しません。そこで業者がなんで収入を得ているのかと言えばスプレッドからの手数料のみなので、FX会社は個人投資家のみなさんに取引を続けて欲しいと思っているのです。

個人投資家のみなさんが取引を続けるためには勝ち続けることが条件であり、負ければ「もうFXはいいや」という気分になってしまうでしょう。 だからNDD方式を採用しているFX会社は、個人投資家のみなさんに勝って欲しいと思い続けており、そこには顧客とFX会社の利益が「相反しない関係」があり、それは非常にクリーンな取引だと言えます。

国内FX業者でスキャルピングトレードをしまくっていたら口座が凍結された、という話しを以前に聞いたことはないでしょうか。

OTC(DD)方式ではこのようなことが現実に起こっていたのです。1日に1000回以上スキャルピングトレードを行い、月に数千万円の利益をあげようという勢いのある個人投資家のみなさんも中にはいます。そのような人たちの場合、ディーラーのカバーが間に合わずFX業者側は損失を出してしまうことになってしまうから口座凍結という最終手段に出てしまうことになります。スキャルピングトレードだとしても、さんざん負け続けているのなら全く口座凍結などという問題と遭遇しないでも済む訳ですが。

NDD方式ならばスキャルピングトレードも大歓迎と言ったところでしょうか。 

STP方式とECN方式

更にNDD方式をSTP方式とECN方式に分類することが出来ます。STP方式はスプレッドに業者の利益をのせて顧客にレートを提供する方式のことを言います。

実際にはSTP方式はNDD方式の種類のひとつなのでクリーンな注文方法と言えるはずなのですが、そこでは顧客の注文は各業者が提携しているLPどのカバー先に流され、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされている訳ではありません。

つまりSTP方式では本当にカバー先が存在しているのかについても疑念が残る方法であり、本当にクリーンなFXトレードをしたいというのなら、利用すべきはGEMFOREXの採用しているECN方式だったのです。海外FX口座でも段々とECN方式推しの傾向が高まっているとも言われています。

ECN方式では、トレーダーの注文は直接インターバンクと呼ばれる電子商取引所な流れ、即座にコンピュータによってマッチングします。マッチングはオークション形式であり自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合はスピーディーにマッチングされ、更に参加者の注文はそれぞれ板情報として追加し、この注文の流れの中にディーラーが介入する余地はほとんどありません。

GEMFOREXならそんなECN方式(基本別途手数料)をなんと手数料無料で使用することが出来てしまうのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ