勝手に海外FX会社のFXCCとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のFXCCとFX口座の注文方法比較してみました

今から、FX投資をスタートしようと思っている人たちは、国内FX会社だけでなく、海外FX口座に目を向けてみるのも方法です。海外FX口座の大きな魅力は、日本国内のFXとは違い、高いレバレッジを使用出来ることです。

日本のFX注文方法だけがすべてではありません。FX全体について学ぶなら、必然的に海外FX口座にも注目する必要がありそうです。

今回、GEMFOREXと、FXCCを勝手に比較しました。

FXCCは、2010年にキプロスで設立された海外FX会社です。FXCCで採用している注文方法は、 XL方式と STANDARD方式があり、ともにECN方式を採用していす。

レバレッジ1000倍まで利用出来る海外FX口座GEMFOREXもとても評判の海外FX口座です。GEMFOREXでは、 オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。オールインワン口座、ノースプレッド口座ともに、こちらもECN方式を採用しています。

今回、オールインワン口座、ノースプレッド口座についてお話しする訳ではありませんので、詳しくは、GEMFOREXの公式ホームページでそれについて確認をしてみてください。 https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php

日本人の方々には、実際に、注文方法というものが何か正しく理解出来てない場合があります。 まず、DD方式、NDD方式の違い、更にSTP方式とECN方式の違いを正しく理解することからスタートしましょう。

DD方式とは……

DD方式とは……

日本の個人投資家のみなさんは、多くが国内のFX会社を利用して、ほとんどのFX会社がDD方式という注文方法を採用しているので、それ程、注文方法について意識する必要はなかったのかもしれません。しかし、海外FX口座に目を向けるということは、注文方法を比較することでもあります。

海外FX口座で、多く採用している注文方法はNDD方式であり、DD方式と、NDD方式がどのように違うのかということも比較しなければなりません。

DD方式とNDD方式の比較

まず、DD方式とNDD方式を比較することからはじめてみましょう。 DD方式とは、相対取引を象徴するような注文方法であり、インターバンクを通じて行っている市場に連携はしているというものの、厳密に言えば、その業者が提示してくる価格、条件の中で売買し、トレーディングデスクが設置されて、顧客からきた注文と「反対の注文」を行うことでバランスを取ることが出来る仕組みになっています。

それは、ディーリングディスクで人手を介する注文方法であり、一方、NDD方式は、ディーリングディスクで人手を挟まない方法なのです。DD方式において、オーダーを注文先に通す前に、FX業者が一度決済をするという方法をとり、これを、呑みという言い方をします。個人投資家のみなさんの注文を呑んでいるということは、投資家の人たちが、利益を出すことで、FX業者は損をしてしまうことになります。

DD方式は、顧客の負け分によって多大な利益をあげているのです。つまり、個人投資家のみなさんとFX業者の利益は、DD方式においては相反していることになりますが、NDD方式ではそうではありません。 NDD方式では、DD方式のように人手を介さない方法なので、恣意性がなく、とてもフェアな注文方法として考えることが出来ます。

しかし、そのようなNDD方式では、FX業者はどのような方法で儲けているのかも気になりますよね。それは、顧客から徴収している手数料・スプレッドのみということになります。なので、個人投資家のみなさんが、取引をしてくれればくれる程、手数料(スプレッド)が入り、FX業者が潤うシステムになっています。

海外FX口座では、このようなNDD方式を採用しているケースが多くあり、海外でFXをしている投資家の人たちは、当然、その会社がどのような注文方法なのかということを真剣に見つめています。

DD方式か、NDD方式かといえば、やっぱりおすすめは、NDD方式であり、DD方式を採用しているFX業者は、兎に角個人投資家のみなさんが負ければ良しとしている訳ですから、トレードしている人たちも気分が良くないですよね。数十万円単位で勝つというのなら、FX会社は、仕方のない問題として目をつむっているのかもしれませんが、数百万円の利益となれは、FX会社は、きっとあらゆる方法を考えて、トレーダーを負けさせようとするでしょう。 ストップ狩り・不利約定という事態も、全部このDD方式の注文方法で起こります。

実際に、日本のFX会社では、過去、国内FX業者でスキャルピングトレードをしまくっていたら、口座が凍結されたという事態も起こっていたのです。自動売買でも同じことがいえ、プログラムの処理スピードについていくことが出来ないから、自動売買を禁止している会社が多くあります。

ECN方式のメリット

ECN方式のメリット

GEMFOREX・FXCCが採用している注文方法はECN方式ですが、なぜ、NDD方式のことをお話しして来たのかといえば、ECN方式という注文方法が、NDD方式の種類の一つに過ぎないからです。

NDD方式には、ECN方式以外にも、STP方式という方法があり、おおかた、STP方式をNDD方式と捉えている人たちも多くいます。今、ECN方式を利用していただきたい理由があります。 株式売買で主流の注文方式がECN方式ということになります。

NDD方式(STP方式)が、 注文の送付先が、各業者のカバー先であり、カバー先の提示レートで決済という方法をとるのに対して、ECN方式では、電子商取引所(インターバンク)が、注文の送付先であり、オークション方式でマッチングします。電子商取引所には個人投資家やファンドから、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中します。売買の注文が合致すれば、注文は即座にコンピュータによってマッチングされることになります。自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合は即座にマッチングされ、自分の注文に対して反対注文の割合総数が少ない場合はマッチング出来ず、決済しない場合もあります。

更に、ECN方式では、板情報として表示されます。実際に、NDD方式(STP方式)も透明性の高い注文方法と言われていますが、顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先で、どのような注文かマッチングされるか明確ではありません。そのようなことを考えると、より透明性の高い場所でFX投資をしたいというのなら、ECN方式がおすすめの注文方法なのです。

ECN方式には取引手数料がかかる

実際に、ECN方式には、別途取引手数料がかかることになります。STP方式には、別途取引手数料がないから、STP方式の方がいいと瞬間考えてしまうのかもしれませんが、それは間違いです。なぜなら、STP方式の場合は、スプレッドに取引手数料が上乗せされているため、STP方式の場合、スプレッドだけというのは、実際に名ばかりだったりします。

透明性が高い、取引の具体的内容が丸わかりなのは、別途手数料を請求する方なのです。ECN方式において、個人投資家のみなさんの出した注文がなかなか決済されないことがあったとしても、それは「リクオート」ではなく、注文がマッチングしてないだけです。ECN方式の注文方法では、流動性のある市場であれば、即座にマッチングされ、快適なトレードをすることが出来ます。

ECN方式は、一般的には手数料が別途かかる方法です。しかし、FXCCは一定証拠金金額までなら手数料が無料というので、かなり注目すべきFX会社です。(XL方式は証拠金10000USD以下無料。以上は往復0.6pips。 STANDARD方式は片道0.75pip)

ただし、GEMFOREXなら、いつでも取引手数料は0円です。最小預け入れ金額は、XL方式は500USD、STANDARD方式は100USD必要ですが、GEMFOREXは、100円($1)から利用することが出来ます。

ECN方式の口座では、通常のSTP方式の口座よりも初回入金額が高めに設定されて いる業者がほとんどですが、GEMFOREXの場合は例外のようです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ