勝手に海外FX会社のFXCMとFX口座の注文方法比較してみました

現在、FXをスタートしようと思っている人たちも多くいます。投資に目を向けるのなら、FXも確実に方法の一つです。そのときは、日本国内のFXだけでなく、海外FX口座にも目を向けてみましょう。

日本国内のFXには、レバレッジの規制がありますが、海外FX口座では、何百倍ものレバレッジを使用出来てしまうのです。(GEMFOREXの場合、1000倍レバレッジを使用出来てしまうのです。)

さて、そのとき、どの海外FX口座に目を向ければ良いのでしょう。今回、FXCMとGEMFOREXを勝手に比較しちゃいました。

2015年、FXCMジャパン証券を楽天証券が買収&子会社化することになりました。 FXCMジャパン証券といえば、 [スタンダード口座]、[プレミアム口座]、[MT4口座]、[ミラートレーダー口座]の4つの口座があったのですが、ミラートレーダーが使える[ミラートレーダー口座]は取扱いが終了し、[プレミアム口座]は楽天証券[楽天FX]へ移管されることになりましたが、[スタンダード口座]と[MT4口座]はそのまま残ることになりました。 その二つは、NDD方式を採用しています。

一方で、現在人気の海外FX口座GEMFOREXは、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座が存在します。GEMFOREXではECN方式という注文方法を採用しています。

今回、ここでお話ししたいのは、オールインワン口座とノースプレッド口座のことではなく、GEMFOREXの採用しているECN方式と、NDD方式の比較についてです。

オールインワン口座とノースプレッド口座については、公式ホームページhttps://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

FXには、NDD方式という注文方法と、DD方式(OTC)があります。 DD方式(OTC)、それは、ディーリングディスクで人手を介する方法です。 それは、Over The Counterの注文方法であり、投資家のオーダーを注文先に通す前に、FX業者がいったん決済する方法のことをいいます。DD方式は、ズバリ、【呑み】なのです。顧客の注文を、DD方式では、一度呑むから、顧客が利益を出すとFX会社は損をしてしまうことになり、顧客は稼ぐことが出来なければ、FX会社は儲けることが出来ます。つまり、そのようなDD方式(OTC)の顧客とFX会社との関係を、「顧客とFX業者の利益関係は相反する」といいます。

みなさんが、日本のFXで、取引をしているとき、あまり、NDD方式とか、DD方式という言い方をしなかったのかもしれません。それは、日本のFX会社では、ほとんどDD方式(OTC)を採用しているので、ほとんど、注文方法を語る意義を見出すことが出来なかったからです。海外FX口座に注目するということは、DD方式(OTC)と、NDD方式をしっかり見極め比較することでもあるのです。

DD方式(OTC)という注文方法をしっかり注目すれば、それは顧客が勝ち続けることによって、FX会社は倒産してしまうかもしれない方法だったのです。だから、FX会社には、プロの凄腕ディーラーの配置がされて、常にディーラーはFX会社が利益をもたらすために存在しています。そこでは、投資家同士の注文をぶつけあって相殺しあったり、ディーラーの裁量で、提示する価格を決定したりすることも出来てしまい、ストップ狩りや約定拒否なども起こりうることなのです。

国内のFX会社は、DD方式であり、最高レベルのスプレッドを提供していたりするようですが、それが出来るのも、スプレッド以外にディーリングディスクにキャッシュポイントを持っているからに過ぎないのです。 実際に、FXで勝つ人たちはいますが、投資は当然負ける人たちもおり、個人投資家の8割は負けといいます。そんな負けの個人投資家のみなさんによって、FX会社は、潤っているに過ぎないのです。

NDD方式とは……

一方で、現在海外FX口座の多くが採用している注文方法に、NDD方式があります。NDD方式とは、「ノーディーリングディスク」を略した言葉です。それは、間にディーラーや人を介さないオーダーの注文方法です。 個人投資家のオーダーは全てインターバンク直結でカバー先に流され決済され、恣意性がなくフェアな注文をすることが出来ます。

NDD方式を採用している海外FX会社は、一体どのような形で利益を出しているのでしょうか。それは、完全に、顧客から徴収する手数料(スプレッド)のみなのです。個人投資家のみなさんが取引をすればする程、海外FX会社は、手数料(スプレッド)によって儲けることが出来ます。ここでは、「FX会社と個人投資家のみなさんとの間に利益相反は起らない」のです。

日本の個人投資家のみなさんは、DD方式に慣れてしまい、注文方法自体に関心をもつようなことはあまりないのかもしれませんが、海外の個人投資家のみなさんはそうではありません。まず、FX投資の基本部分は、注文方法と自覚を持ち、しっかり比較をしている現状があります。もちろん、選択は、透明性の高いNDD方式の方です。

ECN方式とは……

ECN方式とは……

海外FX口座GEMFOREXが採用している注文方法は、ECN方式です。実際に、ECN方式も、NDD方式の種類の一つなので、NDD方式と、ECN方式が大きく違うということではありませんが、NDD方式と、ECN方式を比較すれば、より透明性が高いのは、ECN方式の注文方法です。

ECN方式「 Electronic Communications Network」は、個人投資家、ファンド、銀行、他のFXブローカー、大手リクイディティプロバイダー(LP)など、多くの参加者同士が相互に注文を出し合って、マッチングさせる仕組みのことをいいます。個人投資家が発注すれば、その注文は、「板情報」として追加されることになります。

FXブローカーは、通常では、取引ボリュームに応じて外付けで手数料を徴収することになります。手数料を取られることに不快感を示す個人投資家のみなさんもいるのかもしれませんが、実際に、透明性をより期待出来るのは、手数料が明確になっている方です。その意味では、海外FX口座のNDD方式(STP方式)は、手数料がないからいいと思っているものの、スプレッドの中に、手数料が含まれているので、せっかく透明性を維持しているというのにちょっと残念な点があります。

ただし、FXCMは、[スタンダード口座]と[MT4口座]において、マークアップ(FX会社の取り分をスプレッドに上乗せ)も一切ないといいます。その代わりに売買手数料を取るという方式を取っているため、トレーダーが取引する際のレートは純粋なインターバンクレートということになり、かなり期待出来るFX口座ともいうことが出来ます。

ただし、もっといいのは、やっぱり、取引手数料ゼロの方であり、GEMFOREXでは、ECN方式なのに、取引手数料0円を実現出来ている、注目すべき海外FX口座だったのです。GEMFOREXのオールインワン口座では、1.5pip~と平均的なスプレッドなのですが、手数料を含めた支払いを考えれば、かなり負担は少ない注文方法なのです。

板情報によって、見えている注文に自分の注文をぶつけたり、更に、誰かがぶつけてくるのを待ったりすることが出来るから、ここには、リクオートという概念も存在しません。ECN方式、更にSTP方式も、NDD方式の種類の一つです。ECN方式と、STP方式が大きく違うということではありませんので、ECN方式でなく、STP方式を選択するという個人投資家のみなさんもいます。それはそれで、みなさんの投資スタイルに一番合ったものを選択すれば良いまでです。更に、いろいろな視点で、海外FX口座の魅力を探ってみましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ