勝手に海外FX会社のFXPrimusとFX口座の注文方法比較してみました

将来に対して何かしらの投資のモチベーションって大事ではないでしょうか。そのとき、もちろんFX投資も方法の1つです。しかし、国内のFX会社だけを見るのは正しい選択ではありません。国内だけではなく海外にも魅力的な海外FX口座がたくさんあります。

海外FX口座は、高いレバレッジを使用出来ることに大きなメリットがあります。GEMFOREXは、日本でFXをしている人たちに想像だにつかない高レバレッジ1000倍を実現しています。

GEMFOREXで採用しているのは、 オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座です。オールインワン口座、ノースプレッド口座ともに、ECN方式という注文方法です。

FXPrimusもとても安心感のある海外FX口座だと評判です。FXPrimusではstandard口座(STP方式)、更にECN Premier (ECN方式)口座の用意があります。

今回、ここでお話ししたいのは、STP方式、ECN方式が何かということです。国内FX会社で取引をしている人たちにとって、あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、海外FX口座に向きあうからには、尚更、注文方法を意識する必要があります。

GEMFOREXのオールインワン口座とノースプレッド口座については、https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください。

日本のFX会社はOTC(DD)方式を採用している

口座開設時の特典

日本国内で、FXトレードをしている人たちは、ほとんどのケース、注文方法は、OTC(DD)方式なので、それ程今まで意識する必要がなかったのです。STP方式と、ECN方式は、NDD方式の種類のひとつです。まずは、このNDD方式と、OTC(DD)方式の比較からはじめてみましょう。

一方で海外FX口座の多くで採用している注文方法は、NDD方式ということになります。OTC(DD)方式とは、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入する方法であり、NDD方式はそうではなく、介入しない注文方法だということが大きな違いです。

OTC(DD)方式は、トレーダーの注文はインターバンクに直接注文されるわけではなくて、一度FX会社が全て注文を決済する注文方法です。 FX会社がそこに介入し、決済をするもののFX業者が通貨の売買を行う訳ではなく、そのような行為を「呑み」といいます。ここでは顧客が利益を出せば、FX業者は損をするということが言えてしまうのです。なのでFX業者は個人投資家に損をして欲しいと願い続けているのかもしれません。 ここには、ディーラーによる判断が実現出来てしまう可能性を残しています。 そこに裁量があり、実際に、個人投資家のみなさんの注文が通っているのか、通っていないのかが非常に不透明です。

日本の個人投資家のみなさんは、顧客とFX会社の利益が相反する環境を当たり前としてずっとFXトレードをしていたのです。 しかし、この注文方法ひとつしかないと思えば、そのデメリットにも案外気付かないものかもしれません。

顧客が損をすれば、FX会社が儲かるOTC(DD)方式は、NDD方式という注文方法を知れば知るほど、何だか変と思えてしまうシステムです。OTC(DD)方式では、低スプレッドが実現出来ていて、とてもメリットがあると感じているのかもしれませんが、OTC(DD)方式の注文方法を採用しているFX会社の強みは、スプレッド以外にも、顧客とのトレードのキャッシュポイントを持っているからであり、ほとんどがトレードを始めて1年以内の初心者といいますし、 90%の人たちが、負けを抱えている人たちなので、FX会社は、他の10%程度の安定して勝っているトレーダーには便乗するモチベーションをもち、負けのトレーダーに反対売買を入れていれば、トータルとして勝つことが悠々と出来てしまうのです。 日本のFX会社にとって大事なのは、90%程度の負けているトレーダーなのです。

そして、OTC(DD)方式は、相場が急変動しているときやリスクが高い相場の場合は、リクオートすることが出来てしまうのです。 日本の個人投資家のみなさんは、注文方法をあまり意識しないという問題点があるから、つい、当たり前のように日本のFX会社では、OTC(DD)方式を採用し続けているのかもしれません。

世界的に見ても、OTC(DD)方式の方が儲けることが出来ます。しかし世界の個人投資家のみなさんは、FXにより厳しい目をもっているから、OTC(DD)方式を受け入れてもらえないという背景もありそうです。更に、低スプレッドというだけで、日本の個人投資家のみなさんは注目をしてしまうから、過剰な低スプレッド競争を背景として、OTC(DD)方式を採用しなければならない事情というものも存在しているようです。

日本の個人投資家のみなさんは、注文方法という問題よりも、スプレッドを意識してしまう傾向にあるからそこに問題がありそうです。注文方法を意識すれば、やっぱり日本でFX取引は出来ないということになるはずではないでしょうか。

NDD方式とは

NDD方式とは

海外FX口座の多くが採用している注文方法は、NDD方式です。NDD方式は、更に、STP方式と、ECN方式に分けることが出来ますが、ほとんどの海外FX口座では、STP方式を採用しているため、ほとんど、NDD方式イコールSTP方式という見られ方もしています。

NDD方式は、ノーディーリングデスク方式のことであり、FX会社側で一切トレーダーの取引に関与しない注文方法です。 スプレッドからの手数料のみが収入源なのが大きな特徴として捉えることが出来ます。NDD方式(STP方式)は、OTC(DD)方式と比較して非常にクリーンな環境を実現してくれています。

顧客には、FX会社は、もっと儲けて欲しいと考えていて、顧客が儲けて数多く取引をしてくれることで、FX会社はより儲けることが出来ます。FX業者とトレーダーの間に利益相反は起こりません。

ただし、STP方式の注文方式は、顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流されますが、各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされていません。

STP方式とECN方式の比較

更に、NDD方式を、STP方式とECN方式に分けて考えてみます。 OTC(DD)方式と比較をして、NDD方式(STP方式)は透明性の高い注文方法といわれていますが、更に透明性が高い注文方法と言えば、GEMFOREXの採用しているECN方式ということになります。

GEMFOREXの採用しているECN方式という注文方法は、電子取引所取引と訳され、実は株式売買・株式投資で日本でも採用されている取引方法を採用しています。 インターネット上に投資家が集まり、売買を行う取引のパターンを取ります。参加者同士が注文を出し合って、合意したときに注文が実行され、注文の状況がわかり株式売買で定番の板情報や気配値がFXトレードでも確認・チェックすることが出来ます。ECN方式には、リクオートという概念自体がありません。

ECN方式は取引手数料が発生する

しかし、ECN方式は、取引手数料が発生するからそれをデメリットに感じている人たちも多いようです。STP方式は、取引手数料は無料が多いので、そのとき、STP方式がいいとつい考えてしまうのかもしれませんが、実際にその考えは正解ではありません。

それは、STP方式では取引手数料が、スプレッドに上乗せされているからです。どの程度、手数料が取られているのかも明確ではありませんし、STP方式は、OTC(DD)方式と比較すれば透明性が高いというものの、本当にピュアなFXトレードをしたいというのなら、選択するべきはECN方式です。

更にGEMFOREXを選択すれば、ECN方式なのに、取引手数料は無料で利用出来てしまうのです。そして、プラスして、ECN方式は、最低入金額が高め設定といわれていますが(FXPrimus のECN Premierは250USD)GEMFOREXでは、最低入金額は$100からはじめることが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ