勝手に海外FX会社のGCIFinancial とFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のGCIFinancial とFX口座の注文方法比較してみました

今回は、海外FX会社の口座開設を検討中の方々へ勝手にGCIFinancialとGEMFOREXの注文方法を比較してみました。

今から、FX投資を考えるのなら、海外FX口座にも注目してみましょう。国内FXと、海外FX口座は、これ程までに大きな違いがあります。

GCIFinancialでは、MetaTrader口座とICTS-Forex 口座を採用しています。GCIFinancialで採用している注文方法は、STP方式です。

海外FX口座でやっぱり利用したいのは、高レバレッジです。国内FXとは全然違い、GEMFOREXでは、1000倍ものレバレッジが使用できてしまうのです。

GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座を採用しています。GEMFOREXの注文方法はECN方式です。

STP方式、ECN方式ともにNDD方式の種類のひとつです。海外FX口座を利用するにあたり、まず知っていただきたいのは、このNDD方式についてです。

GEMFOREXの口座タイプの説明は下記ページとなります。 https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

おおかた、国内でFXをしている個人投資家のみなさんは、注文方法というものをあまり意識をしません。それは、国内のFX会社は、ほとんどOTC(DD)方式という注文方法を採用しているから、敢えて意識する必要がないとも言えます。

国内FXでほとんどのケース使用される注文方法であるOTC(DD)方式は、トレーダーが負けやすい不利な取引方式とも言えてしまうのです。OTC(DD)方式では、個人投資家のみなさんの注文が、 インターバンク市場のカバー先(リクイディティプロバイダーなど)に届くとは限らないのです。OTC(DD)方式では、顧客の注文がカバー先に届く前に、 凄腕のディーラーをFX会社が配置していたりして決済してしまうことがあります。そのような行為を「呑み」といい、個人投資家のみなさんは、 FX業者と取引しているに過ぎなかったりします。確実にどちらか一方が勝てば、もう片方は負けてしまう注文方法であり、 もちろん、FX会社が負けようとは絶対に思っているはずはありません。多くの個人投資家たちがFXトレードに対してそれ程慣れている訳でもなく、ただただFX会社のいいなりになり、負け続けてしまっているのです。

トレーダーとFX業者が利益相反の関係を維持し続けているのが国内FXであり、決して、そのような行為は、個人投資家のみなさんにとってメリットは大きくないはずです。国内でFXをずっとし続けていた人たちは、そのような注文方法のメカニズムについて知らなかったから、 ディーラーの手のひらの上でおどり続けていたことに気付いてないかもしれません。しかし、知ってしまえば話しは簡単です。

FXトレードに対して、疑心暗鬼に陥るのも嫌だから、海外FX口座のNDD方式に目を向けるというのが正しい方法です。国内のFXでは、レートずらしや、ストップ狩り、意図的なシステムダウン、マリー(顧客の注文同士で相殺させる) ということが日常茶飯事に起こっていて、 嫌な予感があれば、ついつい勝てるエントリーポイントを逃してしまうこともあるでしょう。

NDD方式がおすすめ?

NDD方式がおすすめ?

疑心暗鬼になっている個人投資家のみなさんにおすすめしたい注文方法はNDD方式ということになります。

海外FX口座の多くが採用している注文方法がNDD方式ということになり、 ディーラーは存在しない、トレーダーにとって公平かつクリーンな取引方式と考えることが出来ます。NDD方式という注文方法において、顧客の注文はFX業者を素通りし、インターバンク市場のカバー先へと直接到達することが出来ます。 更に、勉強していただきたいのは、NDD方式の中にはSTP方式とECN方式という注文方法の違いがあることです。STP方式は、FX業者のカバー先(リクイディティプロバイダー)へ注文が流れる方法であり、ECN方式は、 電子取引所取引で投資同士のオーダーがマッチングすることで売買が成立する注文方法のことを言います。

OTC(DD)方式と、NDD方式には、スプレッドの仕組みにも違いがあります。 OTC(DD)方式トレードを体験している人たちは、「固定スプレッド」に慣れてそれを当たり前と感じているのでしょうけど、海外FX口座に目を向ければ、固定スプレッドがすべてではなく、「変動スプレッド」を採用していたりします。NDD方式だからこそ、固定のスプレッドは実現することが出来ないのです。 それは、提携先のリクイディティプロバイダー(LP)から引っ張ってきた通貨ペアのレートに、取引手数料を乗せたものに過ぎないから、 レートに応じてスプレッドは必然的に変動します。

更に、OTC(DD)方式と比較をすれば、NDD方式はスプレッドが広いと感じるかもしれません。 OTC(DD)方式という注文方法では、呑みができ、 顧客が負ければ負けるほど業者の利益になる方法ゆえ、ただ、個人投資家のみなさんを負けさせれば儲かるシステムなので、スプレッドを狭くしてもいっこうに問題あるとは考えてないのです。

海外FX口座で採用しているNDD方式は、フェアな関係を維持しているゆえ、業者のキャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドのみに頼り、スプレッドはある程度広く設定しなければ、FX会社は儲けることが出来ないのです。

STP方式とECN方式の違い

今まで、おすすめは、OTC(DD)方式ではなく、NDD方式ということをお話しして来ました。 しかし、まだそれだけでは充分ではありません。海外FX口座でNDD方式といえば、基本はGCIFinancialのSTP方式をさすようであり、STP方式はスタンダードな口座です。

STP方式が悪いということではありませんが、もうちょっとだけ注文方法を意識して、FXトレードに向きあいたいものです。 GCIFinancialの採用するSTP方式では、 顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流されるのですが、 実際には、各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされてないので、疑問に思えば、本当にカバー先が存在しているの……?とも考えてしまうのです。 カバー先が実在しているのかも怪しい業者があると言います。それは、もしかしたらマーケットメイカーかもしれません。

OTC(DD)方式と比較して、STP方式も透明性あるという言い方ができますが、本当に透明性の高いFXトレードが実現できるのはGEMFOREXの採用しているECNという注文方法です。ECN方式では、 トレーダーの注文は直接個人投資家やファンド、銀行、他のFXブローカーや大手LPなど多くの参加者の注文が集中するインターバンクと呼ばれる電子商取引所へと流されることになります。売買の注文合致で、即座にコンピュータによってマッチングさることになります。そして、「板情報」でどのくらいの価格でどのくらい注文がでているかについてもしっかりチェックすることが出来ます。

ECN方式は、実際にはプラスして、取引手数料を支払いすることになります。STP方式は、取引手数料が無料と言いますので、そのときSTP方式がいいと思ってしまうのかもしれません。しかしSTP方式は、 スプレッドはカバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せになったものであり、 手数料の割合がどの程度か判らないという不満を残している注文方法だったのです。

しかし、透明性の高いECN方式だとしても取引手数料はない方がいいですよね。GEMFOREXは、ECN方式なのに、手数料無料を実現している海外FXなのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ