ビットコイン VS FX

ビットコイン VS FX

近年急激に注目を集めたのが仮想通貨です。その中でも、最も有名で取引量も多いのがビットコインでしょう。取引で億単位の資産を作った、通称"億り人"がメディアで取り上げられるなど、ここ数年は特に盛り上がりを見せています。ニュースなどを見て、ビットコインに興味が出た方も多いのではないでしょうか?

一方、ビットコインと比較されやすいのがFXです。どちらもトレード方法や利益の仕組みが非常に似ており、普段FXでトレードしている方なら、ビットコインの取引もすぐに慣れるでしょう。

FXとビットコインは、投資対象が変わっただけに思えますが、実際はリスクや値動き、スプレッドなどあらゆる面で違いが見られます。この2つを投資対象として見た場合、どちらが優れているのでしょうか?

どちらも投機的性質がある

どちらも投機的性質がある

FXとビットコインは似た性質を持ちますが、その理由は投機対象になっているからです。FXはもちろん、ビットコインも投機として資金の流入が続いており、デイトレードなどの短期売買を行うトレーダーも少なくありません。

いずれもヘッジファンドなどの投機対象としては魅力も多いですが、ボラティリティに大きな違いがあります。

ビットコインはボラティリティが高すぎる

ボラティリティは変動率を表す言葉です。ボラティリティが高いと値動きが激しいことを意味します。

一般にFXはボラティリティが高いと言われていますが、それを超えるのがビットコインです。たった1日で数十%値動きすることも多く、資産が一気に増えたり減ったりするのです。例えば1TBC=5千ドルだったものが、1日で4千ドルドルまで落ちるようなケースも珍しくありません。この場合、値幅変動率は20%となります。

仮にFXで20%値動きするとなると、1ドル110円が1日で88円の円高になるか、132円の急激な円安になることを意味します。もしこのような自体が起こった場合、世界経済は一気に瓦解してしまうでしょう。

このようなことが度々起こるのがビットコインです。ボラティリティは非常に高いため、資産が一気に増える可能性もありますが、逆に全てを失うおそれもあります。FXもボラティリティは高めですが、ビットコインほどの値動きはしません。変動率のみを見た場合、ビットコインのほうがリスキーと言えるでしょう。

手数料はFXが割安

FXとビットコインは、いずれも取引の際にスプレッドが生じます。ビットコインは取引所により異なりますが、数%のスプレッドを取られることも珍しくありません。ボラティリティが高いため手数料も割高になっており、値動きほどの利益は得られないのが欠点と言えます。

スプレッドに関してはFXは勝るでしょう。例えばドル円の場合、1通貨あたり0.3銭~1銭が主流です。1万ドル売買しても、手数料は実質30円~100円ほどで済みます。ビットコインに比べ、少しの値動きでも利益を出しやすいのが強みです。

流動性の高さはFXが勝る

FXは流動性の高い投資対象です。常に投資家が存在するので、売りたい時に売って、買いたい時に買えます。売り手・買い手の多さはFXの強みであり、メリットと言えるでしょう。

一方、ビットコインも流動性は比較的高いですが、FXのような広い市場を持っていません。メジャーな仮想通貨ではあるものの、将来に渡って安定した流動性を確保できるかは不明です。もし仮想通貨のブームが去った場合、今までと同じように売り買いできるでしょうか?

ハイリスク・ハイリターンのビットコイン

ハイリスク・ハイリターンのビットコイン

ビットコインで億り人が多く生まれた理由は、ハイリスク・ハイリターンの投資であるからでしょう。ボラティリティの高さに起因するものですが、1ヶ月で数百万~数千万もの利益を上げることも不可能ではありません。少額の投資でも、億り人になれる可能性があります。

FXも同様にハイリスク・ハイリターンですが、レバレッジに左右されます。少額資金で始められるものの、数百万の利益を上げるには相応の資金が必要です。

ただし、ビットコインはリターンが高いとは言ってもリスクが大きすぎます。FXの場合、レバレッジを低くすればリターンは減るものの、リスクをコントロールできます。ビットコインはボラティリティが高いため、いくら資金を投入したりレバレッジを変えたりしても、ハイリスクであることに変わりはありません。

FXは信用性が高い

信用面で見るとFXの勝ちでしょう。FXの取引対象となる各国通貨は、それぞれの国の信用・保証がバックにあります。その国が経済的に破綻するか、デフォルト(債務不履行)を起こさない限り、価値がなくなる可能性は限りなく低いのです。

一方のビットコインは、その価値を裏付けるものが何もありません。需給バランスだけが相場を左右しており、価値を保証するものがいっさい無いのです。もし市場から資金が一気に引き上げられた場合、価値が一気に下がることもあるでしょう。長期的に見ると、数千ドルの資産が数ドルになる可能性が少なからず残されています。

"投資"ならFXが最適か

投資対象としてみた場合、FXが最適な選択肢となるでしょう。安定性や信用、各種リスクなどを考慮すると、ビットコインは様々な面で不安が残ります。これらへ投資するのであれば、FXに資金を割り当てたほうが良いでしょう。

ただし、ビットコインも投機としてみた場合は魅力的な選択肢です。将来的な見通しは不透明ですが、少額で短期の取引するなら実践する価値があります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ