勝手に海外FX会社のICMarketsとFX口座の注文方法比較してみました

今回、 勝手に海外FXのICMarketsとFX口座の注文方法比較してみました。

今から、FXにトライしようと思っている人たちは、国内FXだけでなく、海外FX口座に注目することが妥当な作戦です。国内FX以上に魅力的なのが、海外FX口座です。

ICMarketsでは、Standard方式と、ECN方式を採用しています。Standard方式では、STP方式という注文方法が採用されています。

海外FX口座の魅力といえば、高いレバレッジを使用出来ることです。GEMFOREXでは、1000倍のレバレッジが使えてしまうのです。

GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座を採用しています。オールインワン口座とノースプレッド口座は、ECN方式という注文方法です。

国内FXをしている人たちは、あまり注文方法という言葉も聞かないかもしれません。それは、国内FXが、ほとんど、OTC(DD)方式を採用しているため、敢えて、注文方法についてクローズアップする必要がなかったせいです。

海外FX口座に向きあうことは、注文方法を比較することでもあり、OTC(DD)方式と、NDD方式を比較することです。(STP方式もECN方式も、NDD方式の種類のひとつです)

そのとき、本当にOTC(DD)方式という注文方法でいいのかということにも気付くことになるでしょう。

GEMFOREXの、口座タイプの説明は下記ページとなります。

https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php で確認をしてください。

次へ進みます。

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

国内FXをしている人たちは、ほとんどが、OTC(DD)方式と向きあっていることになります。OTC(DD)方式という注文方法は、ズバリ言えば、個人投資家のみなさんが負けやすい条件が整っている注文方法として考えることが出来ます。

一方でNDD方式という注文方法があれば、あえて、そのような注文方法に真剣に向きあう必要などあるのか疑問にも思えます。

OTC(DD)方式の場合、 顧客の注文が確実にインターバンク市場のカバー先(リクイディティプロバイダーなど)に届くと思えば、そうとは限らなかったりします。注文がカバー先に届く前に、 一度FX業者が配置している凄腕のディーラーが存在し、決済をしてしまう可能性を抱えている注文方法なのです。ディーラーが、カバー先に、注文を流さない行為を「呑み」と言います。OTC(DD)方式では、頻繁に呑み行為が行われ、顧客は、FX業者と取引をしていることになってしまうのです。

FX業者と取引をしているとしても、フェアな取引が出来れば良いのですが、兎に角、個人投資家のみなさんにとって、不利な条件を突きつけてくるのがこの注文方法です。その注文方法は、確実にどちらか一方が勝ち、もう片方は負ける方法であり、プロのFX業者がもちろん負けの立場になんてなろうと思っているはずはありません。

果たして、凄腕のディーラーを相手にして、個人投資家のみなさんはまともに勝つことが出来るでしょうか……。自信があるという人たちは、それでいいのかもしれませんが。個人投資家のみなさんと、FX会社とは利益相反の関係を持続し続けてしまうことになります。そのようなOTC(DD)方式で、勝つこともあるのかもしれませんが、そうだとしても、いつも疑心暗鬼な気分でFX取引をしているなんて、リスクのある投資だけにとても不安材料は大きいですね。

意図的なシステムダウン、ストップ狩り、 レートずらし……、こんなものから逃れたいと思うのなら話しはそれ程難しくはありません。すぐにNDD方式での取引をすることです。海外FX口座に注目してみましょう。

NDD方式とは……

STP方式もGEMFOREXの採用しているECN方式も、NDD方式という注文方法のひとつです。だから、STP方式とECN方式を比較するものの、それ程大きな差はありません。しかし、敢えてこの差にも注目する必要があります。

海外FX口座のほとんどは、NDD方式という注文方法を採用しています。NDD方式には、ディーラーが存在しないので、とてもクリーンな注文方法として考えることが出来ます。NDD方式のDealing Deskとはディーラーのことです。NDD方式は、No Dealing Desk、つまりディーラーが不在という意味がNDD方式です。NDD方式の場合、顧客の注文はFX業者を素通りして、直接インターバンク市場のカバー先へと到達する方法をとります。FX業者が不正と思える取引をする余地などどこにも残されていないのです。業者は、勝とうが勝てまいが関係はなく、取引の数で儲けることが出来るので、敢えて、個人投資家のみなさんには勝ってもらって、次にもう一度取引をして欲しいと考えているでしょう。

NDD方式とOTC(DD)方式のスプレッドの違い

NDD方式とOTC(DD)方式のスプレッドの違い

OTC(DD)方式と、NDD方式では、スプレッドに対しても、大きな違いを見付けることが出来ます。OTC(DD)方式の場合、 固定スプレッド制度であり、NDD方式では、 変動スプレッド制度です。NDD方式という注文方法であるためには、スプレッドが固定になるはずはないと考えることが出来ます。提携先のリクイディティプロバイダー(LP)から引っ張ってきた通貨ペアのレートに対して、取引手数料をのっけたものがスプレッドなので、 レートに応じてスプレッドが変動してしまうのは当たり前です。

OTC(DD)方式は、NDD方式と比較して、スプレッドが狭いという特徴も見付けることが出来ますが、 OTC(DD)方式は、利益相反の関係であり、個人投資家のみなさんが負ければFX会社は勝つシステムなので、敢えてスプレッドを意識して広くする必要など全くないのです。スプレッドを狭くしてもトレーダーが負ければ、FX会社は儲けることが出来ます。

一方で、NDD方式がフェアと言われている理由は、キャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドだけということからも言えます。ある程度、スプレッドを広くしないと、FX会社が儲けることが出来ないというのは、フェアな証しとして考えることが出来ます。

STP方式とECN方式の違い

NDD方式を更に、STP方式とECN方式に分類することが出来ます。実際には、海外FX口座の中で、STP方式を採用しているFX会社がほとんどであり、NDD方式イコールSTP方式と思われている場合もあります。

しかし、GEMFOREXが採用している注文方法は、ECN方式であり、現在ECN方式推しの傾向が現在あるのも事実です。

STP方式とECN方式ともに、 NDD(ノーリーディング・ディスク)方式であることは間違いがありません。だから、OTC(DD)方式よりもクリーンなFX取引が出来るはずです。しかし、もっと正確な言い方をすれば、 より透明性が高いのは、トレーダーの注文がブローカーを経由せずに、ネットワーク上で自動マッチングするECN方式であり、STP方式の場合、 トレーダーの注文がブローカーを経由して、ブローカーが注文の行き先を決めるという方法なのです。

STP方式は、システムで自動処理されるというものの、ブローカーに一度注文が届くことになり、ひょっとしたらブローカーの意図で注文を操作しているかもということを考えてしまうかもしれません。

GEMFOREXの採用しているECN方式において、個人投資家のみなさんの注文はブローカーを経由しないで、直に大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出した大量の注文が集まる電子取引ネットワークに流されます。そしてECN方式では、双方の注文を出したトレーダー・機関がもっとも有利になる価格での注文がオークション形式で自動マッチングします。ECN方式と比較をすれば、STP方式が注文の行き先を操作していると考えた方が良いかもしれません。

STP方式には、スプレッドのみと言います。そして、ECN方式は、スプレッドにプラスして、取引手数料がかかると言います。そのとき、ついSTP方式がいいと考えかもしれません。しかし、実際にSTP方式は内に手数料が含まれているものであり、実際にいくら取られているか不透明なのです。

ECN方式は別途手数料を取るというものの、透明性をアピールしている証拠と捉えることが出来ます。

ただし、FX取引をしている人たちは、ECN方式だとしても出来れば手数料がかからない方法がいいと考えるかもしれません。

それが、ECN方式の完全形として考えることが出来、なかなか実現は出来ない問題なのですが、GEMFOREXは、それを頑張って実現してくれているFX会社なのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ