勝手に海外FX会社のiForexとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のiForexとFX口座の注文方法比較してみました

将来に対しての不安要素が一段と高まっているので投資について考える人たちが増加しています。FXも投資の方法のひとつです。今からFX投資に注目するのなら同時に海外FX口座にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

今回勝手に海外FXのiForexとFX口座の注文方法比較してみました。iForexは現在注目されている海外FX口座です。iForexで採用しているのはLive account口座でありSTP方式です。

海外FX口座の魅力はやっぱり高いレバレッジを使用できることです。一方では最高レバレッジ1000倍が利用できるGEMFOREXがあります。

GEMFOREXではオールインワン口座とノースプレッド口座がありECN方式という注文方法を採用しています。今回ここで勉強して欲しいのはSTP方式やECN方式(NDD方式)といった注文方法についてです。

オールインワン口座とノースプレッド口座についてはここでお話しすることはありませんので、GEMFOREXの公式ホームページhttps://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php で確認をしてください。

国内FXをしている人たちは注文方法にあまり関心をもたずに今までFX取引をしていたのかもしれません。なぜなら国内FXは主にOTC(DD)方式という注文方法を採用しているために敢えて注文方法に触れる必要がなかったためです。

一方で海外FX口座で使用している注文方法にはメインとしてNDD方式があります。海外FXにトライするためにはまずOTC(DD)方式とNDD方式の比較からスタートすることになります。

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

国内FXのほとんどで採用しているものがOTC(DD)方式です。OTC(Over The Counter)方式はディーリング・デスク(DD)でディーラーの介入がある方法です。 OTC(DD)方式は相対取引、呑み取引、店頭取引などいろいろな言われ方をしています。

OTC(DD)方式においてFX業者が中に入り決済をしますが、実際に通貨売買をする訳ではありません。このようなFX業者の行為を「呑み」と言います。個人投資家のみなさんが利益を生むことで呑んだFX会社は損失が出ることになり、個人投資家のみなさんが損をすればFX業者が儲かり、ここにあるのは「顧客との利益相反の関係」なのです。

もう少し判りやすくお話しをすれば、あなたが友だちに馬券を購入することをお願いし、馬券の購入代金と手間賃の1,000円を渡すとします。実際に友だちは馬券は当たらない確率の方が高いと判断して、そのとき馬券を購入しない方がメリットがあると判断するかもしれません。

もしも馬券が実際に当たらないのなら友だちは馬券購入代金と手間賃1,000円の利益を得ることが出来ます。しかし馬券が当たる確率もない訳ではありません。もし当たってしまえば友人は馬券が当たって得られる配当金分の損失を受けてしまうことになります。

これは友だちが呑みの行為をしたことになり、「利益相反の関係」があり友だちはただひたすら馬券が外れて欲しいと願っていることは間違いがありません。

このような例えと同じ方法がOTC(DD)方式という注文方法でも行われていることになります。そこでは個人投資家のみなさんが勝つ程FX会社は倒産に追い込まれてしまうことになりますので、FX会社はそうはならないようにディーリング・デスク(DD)に凄腕のディーラー配置をしたりします。兎に角利益を出すことを目的としている凄腕のディーラーが提示価格の決定、カバー先に注文を流す、投資家同士のオーダーをぶつけ合って相殺(マリー)、リクオートなどを仕掛けてきたりするので、はじめてFX投資をするという人たちにとっていかにリスクが多いかが判るのではないでしょうか。

FXは投資なのですから負けることはあります。しかしOTC(DD)方式を利用している限り負けさせられてしまうことになります。国内FXをしている個人投資家のみなさんはスプレッドが狭いことに魅了されているのかもしれないですが、OTC(DD)方式を採用する国内FXは顧客の損失という大きなキャッシュポイントを持っているので敢えてスプレッドを広くする必要はないのです。

NDD方式とは……

海外FX口座ではほとんどの会社がNDD方式という注文方法を採用しています。NDD方式とはNo Dealing Deskを略したものでありノー・ディーリング・デスク、つまりそれは間にディーラーを介さない取引なのです。個人投資家のオーダーはFX業者を素通りして、カバー先(海外ブローカー、リクイディティプロバイダー)で直接決済されます。FX業者は個人投資家のオーダーを素通するから意図的な不正は起こらず、オーダー通りに約定することが出来ます。ズバリOTC(DD)方式よりもとても透明性の高い注文方法がNDD方式なのです。

STP方式とECN方式の比較

STP方式とECN方式の比較

iForexの採用しているSTP方式もGEMFOREXの採用しているECN方式もOTC(DD)方式の種類のひとつです。従ってSTP方式とECN方式が大きく違うということではありませんが、より正確にいえばここに以下のような違いを見付けることが出来ます。

トレーダーの注文は一旦ブローカーに届き、ブローカーがカバー先のLP(大手金融機関)に流すというのがSTP方式の注文方法です。実際にSTP方式も透明性の高い注文方法とは言われていますが、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされていません。この注文方法ではカバー先が存在しているかも疑うことはできてしまうのです。一般的にNDD方式といえばSTP方式のことをさし、NDD方式イコールSTP方式と捉えられる見方もあります。

現在それ程数が多い訳ではありませんがGEMFOREXではECN方式という注文方法を採用しています。ただし海外FX口座はECN方式推しの傾向も高まっていると言われています。

ECN方式はトレーダーの注文は直接個人投資家やファンドから、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中する電子商取引所に流れて、売買の注文が合致すれば注文は即座にコンピュータによってマッチングされます。マッチングはオークション形式であり、自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合は即座にマッチングされるという、STP方式よりもよりクリアな注文方法なのです。(ただし逆に自分の注文に対して反対注文の割合総数が少ない場合はマッチングできず、決済しない場合もあります)

更にECN方式では注文を板情報で追加し、どのくらいの価格でどのくらい注文が出ているかを参照することが出来ます。

ECN方式では取引手数料がかかる

STP方式を利用した場合、取引コストはスプレッド以外にかかりません。一方ではECN方式の場合では手数料が別途請求されることになり、一見STP方式の方がいいと考えてしまうかもしれません。 しかしSTP口座はカバー先のレートに業者の取り分がマークアップされた価格であり、ECN口座で表示されるレートは業者のマークアップはなしです。STP方式はスプレッドだけというものの、中に取引手数料が含まれていて、どの程度なのかがあかされている訳ではありません。ECN方式と比較すればクリアという意味ではSTP方式はかなり信頼も薄らいでしまうようです。

ただしできればECN方式でも手数料のかからない方がいいとつい考えてしまうものです。そこで再度GEMFOREXに注目をすれば、GEMFOREXではECN方式なのに手数料無料を実現してくれている海外FX口座だったのです。更にECN方式では最低入金額が比較的高めと言われていますが、GEMFOREXならば、100円($1)からFX取引をスタートすることが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ