勝手に海外FX会社のMGKGLOBALとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のMGKGLOBALとFX口座の注文方法比較してみました

現在FX投資に向きあっている国内投資家の人たちが大勢います。FXの魅力はなんと言ってもレバレッジを使えることです。国内FXの場合、レバレッジには規制がありますので、そこで規制の存在しない海外FX口座に注目をするのも方法ではないでしょうか。

そこで今回は、勝手に海外FXのMGKGLOBALとFX口座の注文方法比較してみました。MGKGLOBALは現在話題の海外FX口座です。MGKGLOBALには、ノーマル口座とSPEED口座がありSTP方式という注文方法です。

FXの魅力はレバレッジというお話しをして来ましたが、海外FX口座の中でも最も高いレバレッジでFXをしたいというのなら断然GEMFOREXがおすすめです。GEMFOREXは1000倍ものレバレッジを使用することが出来ます。

GEMFOREXでは、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。 オールインワン口座とノースプレッド口座ともにECN方式という注文方法です。

国内FXをしている個人投資家のみなさんは、ほとんどがOTC(DD)方式という注文方法でFXトレードを今までして来たことになります。国内FX会社のほとんどがOTC(DD)方式という注文方法を採用しているため、国内個人投資家のみなさんは敢えて注文方法を意識する必要がなかったのです。しかし海外FX口座に見向きをするということは、OTC(DD)方式やSTP方式、ECN方式を意識することであり、その違いについてしっかり理解する必要があります。

STP方式とECN方式はNDD方式という注文方法の種類です。まずはOTC(DD)方式とNDD方式がどう違うのかということをしっかり勉強しましょう。

今回、オールインワン口座とノースプレッド口座について説明することはありませんので、詳しくお知りになりたいのなら https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php で確認をしてください。

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

自分のトレードしている国内FX会社はどの注文方法か判らないという場合は、ほとんどがOTC(DD)方式と考えて良いでしょう。 知らず知らずOTC(DD)方式を使用して、みすみす負けに追い込まれているとしたら、みなさんはFXをどのように考えるのでしょうか。

FXは投資なのでもちろん負けもありますが、負けが意図的に仕掛けられるということがOTC(DD)方式の国内FXに起こっているのかもしれません。

国内FXトレードをしている方々は、兎に角スプレッドやレバレッジのことばかり見向きをして注文方法には無関心というケースがとても多いです。スプレッドもレバレッジも大事ですが、それ以上根底なる部分でしっかり抑えておかなければならないのが注文方法です。

OTC(DD)方式とはいわば、トレーダーが負けやすい不利な取引方式と言えるものだったのです。 OTC(DD)方式において、個人投資家のみなさんの注文は確実にインターバンク市場のカバー先(リクイディティプロバイダー)に届くということではありません。それは、一度FX業者が配置している凄腕のディーラーが決済してしまうことがある方法だからです。OTC(DD)方式では頻繁に「呑み」行為が行われていることになります。ディーラーが決済するということは顧客はFX会社と取引をしていることになります。

個人投資家のみなさんとFX業者は利益相反の関係となり、FX会社はなんとしてもトレードに勝たなければならないと考えています。 実際に個人投資家のみなさんが注文を出して出来ることって何もない訳ですが、FX会社の人たちは勝つためにいろいろな仕掛けをすることが出来ます。マリー(顧客の注文同士で相殺)、レートずらし、ストップ狩りなど、FX会社はOTC(DD)方式という注文方法を利用して勝つために必死なのです。

FX会社はそのために凄腕のディーラーを配置したりして、そのような存在と向きあってほとんどFX初心者の方々が簡単にFXに勝つことが出来るはずはありませんよね。実際にOTC(DD)方式は蓋を開ければ全然クリーンでない方法であり、実際にトレードしていても気分が良くないから勝つタイミングもみすみす見逃してしまうかもしれません。

そんな注文方法とは決別しましょう。海外FX口座のほとんどの会社が採用している注文方法はNDD方式という注文方法であり、トレーダーにとって公平かつクリーンな取引方式です。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)を略したものが、NDD方式であり、そのままディーラー不在という意味です。 顧客の注文はFX業者を素通りして、直接インターバンク市場のカバー先へと到達し、FX会社はただ個人投資家のみなさんの注文が流れていくのを見届けるだけの役割です。そこで顧客を負けさせるように仕掛けることは絶対にありません。

NDD方式を採用している海外FX口座は、顧客が勝とうが負けようが関係ないからクリーンな取引をいつもすることが出来ます。NDD方式で業者と顧客は利益相反関係にはありません。NDD方式において、FX会社の利益はインターバンクなどカバー先のレートに自社の手数料分のスプレッドを上乗せして配信した手数料です。

STP方式とは ECN方式とは

OTC(DD)方式と比較してNDD方式はクリーンな取引方法というお話しをして来ました。更にNDD方式を更にSTP方式とECN方式という注文方法に分けることが出来ます。STP方式もECN方式もNDD方式の種類のひとつなので大きく違うということはありません。両者ともクリーンな注文方法とは言うことが出来ますが、比較すればよりクリーンな注文方法はGEMFOREXの採用しているECN方式だということが言えそうなのです。

STP方式とは、ストレート・スルー・プロセッシングを略した言葉であり、顧客の注文は銀行やリクイディティプロバイダーなどのカバー先に流れます。 しかし各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについて明確にされてないため、本当にカバー先が存在しているのかについて疑念もあり不安要素をいささか抱えています。

一方GEMFOREXの採用しているECN方式はどうなのでしょうか。ECN方式は、トレーダーの注文は直接インターバンクと呼ばれる個人投資家、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中する電子商取引所に流される注文方法のことを言います。

コンピューターによって注文は即座にオークション形式でマッチングされます。 参加者の注文はそれぞれ板情報として追加し、個人投資家のみなさんは、板情報を参照し、どのくらいの価格でどの程度注文がでているかをチェックすることが出来ます。板情報が存在していることも透明性のあらわれのひとつとして考えることが出来ます。

STP方式は、もしかしたらマーケットメイカーかもと疑うケースも残念ながらあるかもしれません。OTC(DD)方式と比較をすればSTP方式もとてもクリーンに見えるのですが、本当にクリーンで気持ちよくFX取引を出来るのは、NDD方式の中でもECN方式のみということになります。それがGEMFOREXの採用する注文方法なのです。

ECN方式は手数料がかかるけど

ECN方式でトレードをすれば、別途取引手数料がかかることになります。STP方式の注文方法では取引手数料は無料と謳っているケースをよく見かけますが、実際にはそうではなくスプレッドはカバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せになったものです。

ここでもSTP方式は、手数料の割合がどの程度なのか判らず決してクリーンとは言い難い方法だったのです。ECN方式は手数料がほとんどのケースでかかりますが、それも透明性のあらわれとして理解することが出来ます。

しかし本当のことを言えば、ECN方式でも手数料がかからない方がいいと多くの人たちが思っているはずです。GEMFOREXはECN方式なのに手数料無料という、数少ない顧客の理想を叶えてくれている海外FX口座だったのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ