勝手に海外FX会社のMyfxMarketsとFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のMyfxMarketsとFX口座の注文方法比較してみました

今からFX投資をスタートしようと思っている人たちは、出来ることなら国内FXだけではなく海外FX口座にも注目をしてFXの会社選びをするべきです。国内FXと海外FX口座には大きな違いがあることをご存じでしょうか。

あなたにとって一番メリットの大きなFX会社は海外FX口座に存在しているのかもしれません。今回ここではちょっとだけ海外FX口座についての特徴をお話ししましょう。今回勝手に海外FX口座のMyfxMarketsとGEMFOREXの注文方法を比較してみました。

MyfxMarkets には、standard口座とpro口座があり、STP方式という注文方法を採用しています。

みなさんにとって海外FX口座の魅力は高いレバレッジが使用出来ることでもあります。国内FXでは25倍程度のレバレッジしか使用することが出来ないのですが、海外FX口座GEMFOREXに目を向ければ1000倍もの高レバレッジを使用することが出来ます。

レバレッジでも話題のGEMFOREXにはオールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座が存在します。GEMFOREXで使用しているのはECN方式という注文方法です。

国内FXをしている人たちはほとんど注文方法という言葉を耳にしないまま、ただレバレッジとかスプレッドという言葉ばかりに注目をしているのではないでしょうか。国内FXで使用している注文方法はほとんどのケースOTC(DD)方式であり、同じ方法なので敢えて今まで注文方法に目を向ける必要がなかったとも言えます。しかし海外FX口座に目を向ければまず最初に注文方法の違いについて注目することになるでしょう。

MyfxMarkets のSTP方式もGEMFOREXのECN方式もNDD方式の種類のひとつです。そこには大きな違いがあるという訳ではありませんので、まずはこのNDD方式とOTC(DD)方式の違いからお話ししていきます。

今回、各口座の詳しい特徴についてはお話ししませんので、 GEMFOREXの口座タイプの説明は

https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.phpで確認をしてください

OTC(DD)方式とは……

OTC(DD)方式とは……

個人投資家のみなさんは、OTC(DD)方式とNDD方式の注文方法の違いについて判らないからみすみす負けに追い込まれているのかもしれません。投資とはもともとリスクの存在するものです。負けることがあったとしても不思議なことではありませんが、OTC(DD)方式の注文方法は、意図的に負けに向かわされている方法なのかもしれません。そんなことを突然言われればビックリしますよね……。

しかし、脅しではなくスプレッドやレバレッジなど見た目のスペックにばかり目を向けてしまうとそのようなリスクを抱えてしまうということです。 OTC(DD)方式は実を言えば、個人投資家のみなさんが負けやすい不利な注文方法だったのです。

OTC(DD)方式、それはディーラーの介入があって個人投資家のみなさんとFX業者が利益相反の関係になる取引方式のことを言います。 そこでは顧客の注文が確実にインターバンク市場のカバー先(リクイディティプロバイダーなど)に届くとは限らないのです。 なぜなら顧客の注文方がカバー先に届く以前に、一度FX業者が配置する凄腕のディーラーが決済してしまうことがあるからです。 このような行為を「呑み」と言いますが、国内FXでは「呑み」行為が頻繁に行われていたのです。

個人投資家のみなさんがドル円1,000通貨を買うというアクションを起こせば、FX業者のディーラーはドル円1,000通貨売りで呑んでやろうというモチベーションが起こります。そのとき個人投資家のみなさんとFX会社の関係は「利益相反の関係」となり、確実にどちらかが負ければどちらかが勝つという関係なのです。 そのときもちろん凄腕のディーラーが負けようなんて絶対に思っているはずはありませんので、果たしてそれ程長いFX体験をしている訳でもない個人投資家のみなさんがそのような凄腕を相手にして勝つことが出来るかです。実際に勝つ人たちもいるでしょうけど、利益相反の関係でFX投資をしているって非常に気分が良くないです。個人投資家のみなさんは注文を出したあとで出来ることは何もありませんが、FX業者は、そんなあなたに対していろいろな仕掛けをしてくることになります。

今まで国内FXをただ見つめてきた人たちは、こんな呑み行為を何も気にせずFX体験をしていたのかもしれません。 海外FX口座においてNDD方式という注文方法の存在を知ってしまった時点から、売買ボタンをクリックしようとするたびになんだか嫌な予感が走り勝てるタイミングも逃がしてしまうことがあるかもしれません。

NDD方式とは……

NDD方式とは……

OTC(DD)方式よりももっと魅力的な注文方法がNDD方式なのです。OTC(DD)方式では、今でもレートずらし、ストップ狩りや意図的なシステムダウンが繰り広げられているかもしれませんが、NDD方式という注文方法はもっとクリーンな取引なのです。

NDDとはNo Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)の略でありDealing Deskとはディーラーのことです。 NDD方式ではその名前の通りにディーラーは存在しません。ということは顧客の注文はFX業者を素通りすることが出来、直接インターバンク市場のカバー先へと到達することをあらわしています。そこに存在するFX会社はただ顧客の注文が流れていくのを見送るだけの存在として考えてください。

つまりNDD方式を採用している会社は個人投資家のみなさんが勝とうが負けようが関係はないから、ここではクリーンな取引が行われていることになります。

FX取引をしている人たちは取引プラットフォームを利用したりしますが、今まで国内FXをしている人たちは取引プラットフォームは独自のものを使用していたりします。取引プラットフォームは独自のものを使用しているから、別業者の口座を開設するのが今まで億劫になっていた人たちもいるかもしれません。 独自というのはオリジナリティーあっていい響きに聞こえる場合もありますが、決して個人投資家のみなさんにとっていい意味だけでなく、オリジナリティーであることは独自に勝手にいじることが出来ることも意味しています。ここで顧客の不利になるように意図的なシステムダウンがあったとしても全然不思議なことではありません。OTC(DD)方式とともに独自のプラットフォームを使用しているFX会社にはちょっと注意をした方がいいかもしれません。

NDD方式ならほとんどが共通の取引プラットフォームを利用しています。海外FX口座に注目をすれば、全世界共通のプラットフォームである「MT4」が使用されていたりします。全世界共通のプラットフォームであるMT4も透明性のあらわれとして評価して問題はありません。

STP方式 ECN方式とは

MyfxMarkets のSTP方式とGEMFOREXの採用している注文方法であるECN方式はNDD方式の種類のひとつです。NDD方式であるからそれ程違わないというお話しをして来たのですが、厳密にいえばSTP方式はトレーダーの出した注文はブローカーを経由する方法です。GEMFOREXのECN方式は注文が自動的にインターバンクに届きますが、STP方式は注文の行き先を操作していると考えた方がいいかもしれません。

NDD方式はOTC(DD)方式よりも透明性が高いというお話しもして来ましたが、よりクリーンな注文方法といえばGEMFOREXの採用するECN方式ということになります。ECN方式ではトレーダーの注文は直接インターバンクに流されてマッチングされ、その証拠として「板情報」もしっかり開示されるから安心して取引をすることが出来ます。

ECN方式は別途取引手数料がかかり、STP方式のスプレッドは手数料なしと言うことが結構クローズアップされています。一見STP方式に魅力を感じるのかもしれませんが、STP方式のスプレッドは手数料こみなので、手数料の割合がどの程度なのか判らないという問題点があります。ここにもSTP方式の注文方法にはいささか不透明感があります。

でも出来ればECN方式だとしても手数料など取られない方がいいと誰もが思っていることでしょう。

特にGEMFOREXはECN方式なのに手数料無料を実現している数少ない海外FX口座なのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ