勝手に海外FX会社のOrbex(AFBFX) とFX口座の注文方法比較してみました

勝手に海外FX会社のOrbex(AFBFX) とFX口座の注文方法比較してみました

FX投資について考えるのならベストな方法は国内FXだけでなく海外FX口座にも注目することです。あなたが投資に勝つ方法は、国内FXではなく海外FXに存在しているのかもしれません。

今回勝手に海外FX口座Orbex(AFBFX) とGEMFOREXを比較しました。

Orbex(AFBFX) は、Mini口座とStandard口座Advanced口座があります。 それらはSTP方式という注文方法ですが、更にOrbex(AFBFX) にはECN Standard口座とECN Advanced口座があります。

GEMFOREXではオールインワン口座とノースプレッド口座の2つの口座があります。 オールインワン口座とノースプレッド口座ともに採用している方法はECN方式です。

STP方式、ECN方式ともにNDD方式という注文方法の種類のひとつです。

国内FXをしている人たちは、あまり注文方法というものに意識を向けてないのかもしれません。なぜなら国内FXのほとんどがOTC(DD)方式を採用しているため敢えて注文方法を比較する必要がないからです。

海外FX口座に目を向けた場合、まず注文方法の比較からスタートする必要があります。

今回、オールインワン口座とノースプレッド口座についてお話しはしませんので、GEMFOREXの公式ホームページ https://gforex.asia/tradeaccount/fx/accounttypes.php で確認をしてください。

OTC(DD)方式とは

OTC(DD)方式とは

国内FXをしている人たちは、ほとんどがOTC(DD)方式という注文方法を利用しています。OTC(DD)方式しか存在しないから、OTC(DD)方式の欠点にも気付かず今までFXをして来たのかもしれないですよね。

OTC(DD)方式とは、ディーリング・デスクでディーラーの介入がある注文方法です。OTC(DD)方式では投資家の注文を間に入ったFX業者が決済します。注文を決済したFX業者は実際に通貨の売買を行うこともなく「呑み」行為がここで行われていたりします。

「店頭取引」、「相対取引」、「呑み取引」等、このようなことがOTC(DD)方式の特徴であり、個人投資家のみなさんの注文が利益をもたらせばFX会社が損失を出すことになり、個人投資家のみなさんが損をすればFX会社は儲けを出すことが出来ます。

競馬でもよく呑み行為という言葉を聞くことがありますが、もしもあなたが馬券を購入したいと思うものの仕事が忙しくて、馬券を購入に行けないという場合、馬券購入代金と手間賃1,000円を友だちに任せたとします。

友だちは、馬券が当たらない確率の方が高いことを知っています。もしも馬券を購入しない場合、馬券が実際に当たらないのなら馬券購入代金と手間賃1,000円両方の利益を得ることが出来ます。

しかし馬券は確率的に当たる場合もあります。 そのとき友だちは馬券が当たって得られる配当金分の損失をしてしまうことになります。

友だちは馬券を買わないで、馬券が絶対に当たらないようにとただひたすら祈っているかもしれません。あなたはもちろん馬券が当たって欲しいとひたすら願い続けていることになり、この関係のことを「利益相反」と言います。

OTC(DD)方式では、馬券の購入をしなかった友だちのような行為をして、あの手この手を使い勝てないように操作している可能性があります。

国内FXの会社には、ディーリング・デスク(DD)に凄腕のディーラーを配置していたりします。このようなプロフェッショナルは、FX会社に利益をもたらすことを目的としています。そのために水面下では投資家同士のオーダーをぶつけ合って相殺やリクオート、カバー先に注文を流すなど行為が行われていたりします。

実際にOTC(DD)方式で勝つ人たちもいるでしょうけど、このようなことを知れば気分よくFX投資なんて出来なくなってしまいますよね。

OTC(DD)方式の場合、取引プラットフォームにも注意が必要です。国内FXをしている人たちなら、それぞれの会社で取引プラットフォームが違うということを既に気付いている筈です。一見その事態に何ら不自然さは感じないのかもしれませんが、自社開発ということはそのプラットフォームを使って自分たちで好き勝手なことが出来ることも意味しています。

もちろんFX会社にとって利益になるようなことが日々繰り広げられていることになります。

NDD方式とは

NDD方式とは

OTC(DD)方式と比較をしてNDD方式はとてもクリーンな方法だということが判ります。海外FX口座のほとんどではこのNDD方式を採用しています。

NDD方式は、OTC(DD)方式とは違い間にディーラーを介さない取引方法です。個人投資家のみなさんのオーダーは、FX業者を素通りし、カバー先(海外ブローカー、リクイディティプロバイダー)で直接決済します。FX業者は投資家のオーダーを素通りするから、意図的な不正が起こりえない方法です。

海外FX口座では、MT4(Meta Trader4)という世界でもっとも支持されている取引プラットフォームを使用していることにも好感を持つことが出来ます。MT4(Meta Trader4)という取引プラットフォームを使用するから、意図的にシステムがFX会社にいじられる不安を抱く必要はありません。

STP方式 ECN方式とは……

次にSTP方式(Straight Through Processing)・ECN方式(Electronic Communications Network)という注文方法についてですが、STP方式・ECN方式はNDD方式の種類のひとつなので、既に多くの説明はNDD方式の中でして来ました。

つまりSTP方式もECN方式もOTC(DD)方式と比較をすれば透明性の高い注文方法ではあります。NDD方式のほとんどがSTP方式なので、STP方式イコールNDD方式と思っている人たちも多いようです。

ただしSTP方式の注文方式は個人投資家のみなさんの注文は各業者が提携しているLPなどのカバー先に流され、それぞれカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされている訳ではありません。本当にカバー先が存在しているのかについても疑念が残るという意味では、透明性という面ではちょっと疑わしい部分もあります。

そのように考えると、NDD方式の中でもより透明性を誇り、安心してFX取引をすることが出来るのはECN方式ということが判ります。ECN方式・Electronic Communications Network(エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)とは、電子取引所取引という意味合いであり、ECN取引は全ての注文のやり取りがインターネット上で行われます。

ECN方式ではオークション形式が取られ、多数の参加者(個人投資家や銀行、海外ブローカー……)がインターネット上に集結し注文を出し合う方法です。 更にオーダーは全てインターネット上に「板情報」として表示されます。注文がマッチングした参加者同士が合意すれば売買が成立し、いちいち板情報もチェックすることが出来ます。

ECN方式において取引は個人投資家のみなさん同士の取引オンリーなので、ディーラーという存在がここに入り込む余地など存在してないのです。FX業者は取引の場を提供しているだけと考えてください。ここには、そもそもリクオート(約定拒否)の概念が存在してないのです。

ECN方式のデメリットとして取引手数料が上乗せされる問題をあげる人たちがいます。しかし実際にはSTP方式は、スプレッドの中に手数料が含まれているだけであって敢えてECN方式では透明性を高めるために手数料を別途とるという方法を取っていると考えることが出来ます。

それでも基本ECN取引をする際には、「スプレッド+手数料」のトータルコストを意識しなければなりません。できれば手数料の支払いなどしたくはないものですが。

GEMFOREXならECN方式なのに手数料無料で使用することが出来ます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ