勝手に海外FX会社のXMとFX口座の取引手数料比較してみました

FX初心者の人たちは、ここからトレードのノウハウを学んでいくことになりますが、ここで注目しなければならないポイントは、【手数料】です。FX会社の手数料は、大きく分ければ、取引手数料と、スプレッドの2つです。一般的に手数料と言えば、「取引手数料」のことを言います。

FX会社の取引手数料とは……

FX会社の取引手数料とは……

FX会社で、時々見かける「手数料無料」「手数料0円」というのは、取引手数料にあたります。株を取引している人たちも、一回あたりに、一定の手数料を支払いしていますが、FX会社でも、取引手数料は設定があり、口座開設するFX会社に支払いをしなければならない仕組みです。

スプレッド・取引手数料比較

スプレッドも、FX会社の手数料として考えることができ、FX会社それぞれでスプレッドに違いがあります。スプレッドの狭いFX会社に注目すれば、一回に対しての手数料を減らすことができますが、スプレッドだけに注目するのではなく、総合的バランスを考え、FX投資を行うことがとても大事です。

国内FX会社では、固定スプレッドが主流であり、海外FX会社では、変動スプレッドが主流です。 スプレッドとは、「売値」と「買値」の差にあたり、 どっちのポジションから入っても、注文すればスプレッドの損失が生まれることになります。スプレッドが広いほど、注文すれば損失が大きくなり、スプレッドが狭いほど取引には有利だと考えることができ、スプレッドの視点から、FX会社を決める人たちもいますが、口座開設をするときには、他の手数料を含めてトータルコストで見ていく必要があります。

スプレッドの場合では、注文すれば、既にマイナスとなり、手数料の支払いが済んでいるので、FX初心者の方々は、支払いをしている感じがそれほどないのかもしれませんが、取引手数料の場合は、一回一回、みなさんの取引している口座からの引き落としなので、スプレッドと比較をすれば、取引手数料の損失の方が大きいと感じてしまうかもしれません。

海外FX会社の場合、変動スプレッドを採用しているところが多くあり、世界の経済に大きな動きがあれば、スプレッドは突然大きく変動したりします。 一方では、取引手数料は一回で支払いしなければならない額は、一定なので、スプレッドのリスクは、取引手数料としっかり向きあうことで防ぐことが出来ます。

海外FX会社のECN方式と、STP方式比較

現在ほとんどの海外FX会社では、NDD方式を採用していますが、NDD方式を更に、STP方式と、ECN方式の二つの取引方法に分けることが出来ます。STP方式も、国内FX会社が採用している方法よりも透明性が高い注文方法ですが、顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流され、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについて明かされてはいません。それと比較してECN方式は、 トレーダーの注文は直接インターバンクに流され、マッチングされ、その証拠として板情報もしっかり開示されているため、とても透明性の高い注文方法です。

STP方式は、一般的にですが、取引手数料が「無料」+スプレッドが普通であり、ECN方式は、取引手数料が「有料」+スプレッドが安いという特長があります。

海外FX会社XM 取引手数料比較

海外FX会社XM 取引手数料比較

海外FX会社XMは、日本の方々にも有名な海外ブローカーです。XMの海外FX口座を選択したとき、口座タイプは、「マイクロ口座」「スタンダード口座」更に「zero口座」の3つです。 「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は、STP方式であり、 「zero口座」は、ECN方式です。

「マイクロ口座」「スタンダード口座」のドル/円の平均スプレッドは1.8Pips、 「zero口座」は、 ドル/円平均スプレッドは、0.1Pip(取引手数料:片道5ドル)とされています。 海外FX会社XMのZero口座は、 スプレッドが限りなくほぼゼロに近い状態で取引できる口座タイプです。ただし、そこでは取引手数料が発生することになります。($100,000 の取引に対して$5)

海外FX会社XMは、他の海外FX会社と比較しても、とても日本人の方々にも判りやすいFX会社のひとつとされていますが、海外FX初心者の方々には、まだ判らないことが一杯あるのではないでしょうか。

Zero口座(ECN方式)における手数料は、$100,000の取引に対し片道$5の手数料がかかるということは、10万通貨に対し、片道5通貨の手数料がかかるということです。取引する通貨ペアによって手数料額は違って来ます。つまり、取引手数料変動制です。片道5通貨ということなので、結局は、 ポジションのオープン、クローズのタイミングにおいて、それぞれ支払いをする必要があり、 合計10通貨の手数料を支払いすることになります。

USDJPYの取引を行った場合、決済までに10USD、 (1ロットUSDを注文した時点で5USD、決済した時点で5USDで合計10USD)必要となります。1ドル124円の場合では、 1,240円の取引手数料を支払いしなければならないことになります。GBPJPYのトレードの場合、 1ロットの注文・決済では、10GBP必要となり、 1ポンド195円なら、1,950円必要です。

結局、海外FX初心者の方々も、手数料という概念において、スプレッドと、取引手数料を両方見つめて考える必要があり、そのときスプレッドとして手数料を支払いするのがいいか、取引手数料で支払いするのがいいか比較する必要が出てきます。

ドル円のスプレッドはおおかた2PIPSで、 ロットで2,000円くらいで、XMのZero口座(スプレッドゼロ)を選択した場合、 1,240円なので、かなり安いのは事実です。ポンド円のスプレッドはだいたい4PIPSなので、1ロットで4,000円で、 XMのZero口座(スプレッドゼロ)を選択した場合、 1,950円なので、やっぱり海外FX初心者の方々も、選択肢のひとつとして充分に考えることが出来るのではないでしょうか。

取引手数料なんて出来れば支払いしたくないと思っている人たちも当然いらっしゃるでしょう。そのような人たちには、海外FX会社XMでは「zero口座」でなく、「マイクロ口座」・「スタンダード口座」(STP方式)と言った選択肢があります。「マイクロ口座」や「スタンダード口座」(STP方式)を選択すれば、取引手数料は無料ということになりますが、1pips~変動のスプレッドを支払いしなければならないということになります。

実際には選択のポイントは、取引手数料、スプレッドだけではありませんので、更に様々な視点よりバランスのいい海外FX会社を選択しましょう。取引手数料、スプレッドとともに、ボーナス・キャンペーンも重要視すべきポイントであり、「zero口座」がいいと判断したとき、「zero口座」はボーナス対象外だということも検討材料になるのではないでしょうか。

さらに、「zero口座」は、zeroというものの正確に言えば、スプレッドも変動のため必ず0PIPSという訳ではありません。

海外FX会社GEMFOREX 取引手数料比較

国内FX会社でも、海外FX会社でも共通して言えるのは大きなサーバーを維持しなければならないからそのためのコストや、人件費、管理費など会社の運営費をどこからか抽出して来なければならないことです。もちろん、それを支払いするのは、海外FX初心者の方々・個人投資家のみなさんということになりますが。

そのために、基本FX会社では、スプレッドを収入源としています。GEMFOREXの場合、国内FX会社の標準スプレッドと比較をして、割高という感じはあるかもしれません。 (国内のFX業者標準スプレッド(日本円-米ドル)0.6銭に対して、GEMFOREXは、1.3銭)しかし、それでも、他の海外FX会社と比較をすれば、 海外FX会社は、1.2銭~1.9銭あたりが標準とされていますので、 GEMFOREXは最狭とはいうことが出来ませんが、海外FX会社の中で比較的狭い水準になっていることは判るのではないでしょうか。

プラスαGEMFOREXはECN方式だというのに、 取引手数料というトレードの度に発生する手数料がかからない魅力があります。トータルの手数料として、国内のFXと比較しても充分に検討の余地がある海外FX会社ではないでしょうか。国内FX会社を、スプレッドの面である程度評価をしている人たちもいるかもしれませんが、国内FX会社は、直接的に市場で取引をするわけでなく、トレーダーの注文を呑むことによってコストを下げることができ、透明性には欠け、「呑み行為」によってスリッページを起こし意図的に負けさせることも出来てしまうのです。そのような国内FX会社と海外FX会社はそもそも比較の対象ではないのかもしれません。

GEMFOREXでは、スプレッドが平均的だとしても手数料を含めた支払いを考えれば、利用者の負担が少ない設定なのです。いま、FX市場では、 低スプレッド競争が加熱している背景があります。しかし海外FXはじめての方々が向きあう場所はそこではないのかもしれません。一見、スプレッドだけに注目することは、判りやすい方法であり、スプレッドは魅力的に感じるでしょう。しかし、そのような魅力あるFX会社において、リクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりと、様々なFX会社を運営しなければならない事情が頻繁に発生していたりします。見かけのスプレッドが狭いのがいいFX業者をただ選択して行けばいいというモチベーションではなくて、みなさんはタイトなスプレッドを追求する必要があり、かつ、約定拒否やスリッページが発生しない、 安定した取引環境を提供してくれる、安心サービスを提供してくれているFX会社を選択していかなければなりません。

実際に、GEMFOREXを比較すれば、 低スプレッドという意識で見れば物足りないという感じがあるかもしれませんし、GEMFOREXでも、低スプレッド競争には不参加表明し、とにかく個人投資家のみなさんには、 快適なサービスバランスを提供することを目指していると言います。GEMFOREXは、隠れスプレッド、つまりMarkupは一切行っていないので、海外FX初心者の方々にも一番おすすめしたいFX会社です。

一番透明性の高い口座タイプは、やはりECN方式であり、ECN方式は、低スプレッドでありますが、取引手数料が発生してしまうケースが多くあります。GEMFOREXは、ECN方式という硝子張りの口座タイプを選択し、かつ手数料無料ということによって、かなり特別な位置にあるFX会社です。

GEMFOREXはキャンペーン・ボーナスが充実している

GEMFOREXはキャンペーン・ボーナスが充実している

GEMFOREXは、取引手数料無料なのにプラスαボーナス・キャンペーンが充実しているので、海外FX初心者の方々に、より勝つ海外FX会社であるかもしれません。かつて、GEMFOREXでは、200%の入金ボーナスというかなり大胆なキャンペーンをしていたこともあります(※2周年記念キャンペーン)キャンペーンは実際には期間限 定ですが、GEMFOREXは、入金すれば、トレード資金が2倍に増える100%ボーナスについては結構頻繁にしてくれていたりします。200%というのは、5万円の入金でも、15万円にすることが出来、100万円なら300万円に出来るということであり、結構奇跡的数字ではないでしょうか。

このようなキャンペーンが出来るのもGEMFOREXという海外FX会社が、現在勢いにのっている証拠として捉えることが出来ます。XMでは、口座開設時に3,000円分ボーナスがもらえるので3,000円から確実に増やせる人であれば入金が0円で利益を出す事も可能ですが、(XMにも、最大$500まで100%、その後$5,000まで20%など魅力的なボーナスがあります)入り口の利益の出しやすさは、XMの3倍以上です。実際に、海外FXはじめての方々の中には、GEMFOREXの 新規口座キャンペーン狙いで口座開設するような人たちもいるほどです。

更にGEMFOREXでは、 FX口座を開設するだけで5千円~2万円相当のボーナスポイントをもらうことができ、 もちろんポイントに対してレバレッジをかけることも出来ます。スプレッド、取引手数料だけでなく、海外FX初心者の方々は、口座開設特典とボーナス特典なども注目をしてベストな海外FX会社を選択したいものです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ