勝手に海外FX会社のFXOpen とFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のFXOpen とFX口座の取引手数料比較してみました。

FX初心者の方々も、取引コストには注目しているでしょう。国内FX会社といえば、最近、低スプレッド、取引手数料無料で口座開設出来るところが多くなり、そのような国内FX会社でトレードしようとすぐに思ってしまうかもしれませんが、本当にそれで正しいのでしょうか。

注文口座に注目することは、FX会社の仕組みに触れることであり、そこまで追求すれば国内FX会社のカラクリなどが見えて来ます。 FX初心者の方々が注文口座についてあまり関心を持たないから、みすみす負けへ追いやられているのかもしれません。 国内FX会社で採用している注文口座は、OTC(DD)方式です。 国内FX会社のほとんどは、OTC(DD)方式を現在採用しています。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

OTC(DD)方式では、FX初心者のみなさんの注文が確実にインターバンク市場のカバー先に届くとは限りません。注文がカバー先に届く以前に、一度FX会社が配置している凄腕のディーラーが存在し、そこで決済されてしまうことになります。 ディーラーがカバー先に顧客の注文を流さずに決済されてしまうことを、おおかた【呑み】という言い方をしますが、国内FX会社は、【呑み】行為が存在しているからリスクが大きいのです。

例えば、FX初心者の方々が、ドル円1,000通貨買おうとします。すると、国内FX会社は、この注文をドル円1,000通貨売りで呑んでやろうと思うのです。 FX初心者は、ドル円を買いに出し、国内FX会社のディーラーはドル円を売り、どちらかが勝てばどちらかが負ける、顧客とFX会社の利益相反の関係が存在してしまっています。 もちろん国内FX会社が負けようとは思っているはずはありませんので、凄腕のディーラーが、FX初心者の前に立ちはだかり、自分たちが利益を出すために処理をしてしまうのです。

実際には国内FX会社で勝ち続けている人たちもいます。そのような人たちはおそらく10%程度でしょう。90%は負け続けて、国内FX会社を儲けさせてあげてしまっているのです。もちろんFX初心者も90%の中に入ります。OTC(DD)方式では、自らの裁量でレートずらしや、ストップ狩り、意図的なシステムダウンマリー(顧客の注文同士で相殺)といった個人投資家を負けされるあらゆる手段が使われます。

海外FX会社で採用している注文口座は、NDD方式です。なぜ、海外FX会社がNDD方式を採用しているのかといえば、海外FX会社でFXトレードをしている個人投資家たちが、注文口座に厳しい目を持っているから、OTC(DD)方式を使用することを許してもらえないのです。そのようなことを考えると、国内FX会社にだけ向きあっているFX初心者の方々は、本当にいいカモという感じです。ある程度慣れてから注文口座に拘りを持てばいいというかもしれませんが、はじめてだから、慎重にFX会社を決めなければならないのではないでしょうか。

今回、海外FX会社の取引コストについて更に追求をします。勝手に海外FX会社FXOpen とGEMFOREXを比較してみました。

海外FX会社FXOpenの場合 スプレッドと取引手数料比較

海外FX会社FXOpenの場合 スプレッドと取引手数料比較

海外FX会社FXOpenではSTP口座、ECN口座、クリプト口座、マイクロ口座が用意されています。 このSTP方式、ECN方式というのは、NDD方式の種類のひとつです。

NDD方式という方法は、海外FX会社のほとんどが使用しています。OTC(DD)方式と比較をすれば、海外FX初心者にとって、公平であり、クリーンな取引方法です。 NDDとはNo Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)を略したものであり、ディーラー不在という意味です。

NDD方式は、その言葉通り、ディーラーが存在しない方法です。NDD方式において、海外FX初心者の出した注文は、海外FX会社を素通りして、直接インターバンク市場のカバー先へと届くことになります。FX会社はそこに存在しているものの、流れるのを見ているだけであり、少なくとも個人投資家を負けに追いやる不正や【呑み】は存在しないと考えていいです。

NDD方式は、ディーラーの介入がなく、顧客とFX会社がパートーナーの関係にある取引方式であり、NDD方式はスプレッドが利益なので、海外FX初心者たちに勝ちを重ねて、トレードの回数を増やして欲しいと思っているのです。

OTC(DD)方式では、原則固定スプレッドを採用していて、NDD方式の場合は、変動スプレッドです。そもそも、NDD方式を採用している以上、スプレッド固定は出来るはずはありません。提携先のLP(リクイディティプロバイダー)から引っ張ってきた通貨ペアレートに対し、取引手数料を乗せ、スプレッドで表示するので、LPから引っ張るレートに応じてスプレッドが変動してしまうのは当然です。

そもそも国内FX会社では、原則固定スプレッドという名で、お客様を呼び込もうとしているのかもしれませんが、原則というものの、突発的なレート変動は例外となり、提示スプレッドと実際の「約定スプレッド」が違うことがあり、いつも低スプレッドを維持出来る訳ではなく、「原則」というはじめから逃げ道を作っているにすぎません。 そもそも、なぜ国内FX会社で、ドル円0.3pips~程度の低スプレッドや、取引手数料無料を実現出来るのかといえば、OTC(DD)方式を採用しているからであり、いくらでも他にキャッシュポイントを見つけることが出来るからです。

NDD方式は、顧客とあくまでもフェアな関係を維持し、低スプレッドでは運営自体をおこなっていくことが出来ません。NDD方式のスプレッドがある程度広く魅力を感じないのは、公平な取引をしている上でやむを得ないことです。

更に、NDD方式の場合では、MT4・cTraderといった業者共通のプラットフォームを使用するものの、OTC(DD)方式の場合、それぞれ独自のプラットフォームを使用したりしています。独自のプラットフォームを使用しているので、いじることも勝手に出来てしまうということです。 顧客の不利になるよう意図的なシステムダウン、実際と異なるレートを表示させることは、簡単に出来てしまいます。

OTC(DD)方式は、疑えばきりがなく、実際に勝つことが出来るとしても、FX初心者の方々が、気分良くFXトレードをするために果たして選ばれるべきFX会社なのでしょうか。海外FX会社で採用しているMT4など、自社製ということではありませんので、ここからもNDD方式が透明性のある注文方法だということが判ります。

FXOpenで採用しているSTP方式は、NDD方式の種類の1つなので、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いことに変わりはありません。

しかし、もっと厳密に言えば、STP方式では、海外FX初心者のみなさんの出した注文は、ブローカーを経由することになります。STP方式とは、ブローカーに届いた注文をブローカーがカバー先の金融機関(LP)とマッチングさせる方式です。自動的にインターバンクに届きますが、ひょっとしたら注文の行き先を操作しているのでは……という疑いがない訳ではありません。もしかしたらマーケットメイカーかも……、という疑いを持てば、海外FX初心者も、FXトレードにかなりストレスを持ってしまうかもしれないですよね。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数比較

FXOpenではECN方式もあり、更に、海外FX会社GEMFOREXで採用しているオールインワン口座も、ECN方式です。ECN方式も、NDD方式の種類の1つですが、ECN方式は個人投資家の注文はブローカーを経由しないで、直、電子取引ネットワーク(インターバンク)に流される方法です。注文がオークション形式で自動マッチングし、海外FX初心者の方々と金融機関の両者が得するようなレートで約定する仕組みがあります。

ドル円100円で海外FX初心者が買い注文を出したとき、例えば、ヘッジファンド・ドル円101円で売り注文、機関投資家・ドル円103円で売り注文、大手金融機関・ドル円99円で売り注文があれば、双方に有利となるのは、《買い注文を出したトレーダーよりも安いレート》であり、《売り注文を出したトレーダーよりも高いレート》である、「ドル円100円で買い注文」と「ドル円99円で売り注文」の約定です。ECN方式の場合は、このような感じで、もっとも有利な価格によって自動マッチングしていきます。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッド幅は、
USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3……あたりです。

GEMFOREXのオールインワン口座はECN方式なのに ややスプレッドが広めと感じるかもしれません。GEMFOREXのスプレッドは国内FX会社にはとうてい及ばないですが、海外FX会社のスプレッドが、1.2銭~1.9銭とも言われていますので、海外FX会社と比べて幾分は狭い水準です。もちろん国内FX会社に及ばないのは、国内会社が、OTC(DD)方式を採用しているから、他にいくらでもキャッシュポイントを見つけられるからです。

※利用制限がありますが、GEMFOREXにはノースプレッド口座があります。ここではドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

ECN方式は、基本低スプレッドなのですが、プラス取引手数料が別途かかります。そのとき、取引手数料無料のSTP方式がいいと考えるかもしれませんが、STP方式のスプレッドは、中に取引手数料が含まれたものであり、実際に取引手数料にいくら取られているのか明確にしている訳ではありません。

STP方式の場合、個人投資家の注文がドル円100円で買い注文で、カバー先LPの提示レートがドル円99円(売り)という場合、普通に考えると、スプレッドは差額の1円ということになりますが、それではFX会社が儲けることが出来ないので、トレーダーにドル円98円のレートを提示して、差し引き1円をブローカーの利益にしてしまうことがあり得るのです。ここが、透明性が高いというもののSTP方式のやや信用できない部分です。ECN方式が、取引手数料を別途取る点も、透明性のあらわれとして考えることが出来ます。

ただし、やはり、取引手数料は出来れば支払いしたくないものです。実はGEMFOREXはECN方式なのに取引手数料無料の数少ないFX会社なのです。

FXOpen の場合、 取引手数料は~0.25pipsです。取引手数料を取られることになりますが、かなり安いのでFXOpen のECN方式に注目してみるのもいいかもしれません。

スプレッドは、ドル円0.30pips、ユーロ円 0.70pips、豪ドル米ドル0.70pips……。ECN口座の初回入金は1000ドル(10万円)からです。10万円の資金を用意するのが厳しい、かつどうしてもFXOpenがいいというのなら、初回入金10ドル(約1000円)から可能なSTP方式を検討してみましょう。

FXOpen のクリプト口座は海外FXブローカーとしては珍しく、ビットコイン(MBT)、ラットコイン(LTC)などの仮想通貨(暗号通貨)が取引できる口座です。かつFXOpen のマイクロ口座はOTC(DD)方式方式です。

GEMFOREXはスプレッド競争に参加しない

GEMFOREXはスプレッド競争に参加しない

FX初心者の方々が、低スプレッド、取引手数料無料に注目してしまうから、充分売りに出来ると考え、FX会社では低スプレッド競争が過熱してしまうことになります。低スプレッドは、魅力的に見えます。しかし、リクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりするFX会社の仕組みについて考えていかなければなりません。

優良なFX会社とは、見かけの低スプレッドを提供してくれるFX会社ではなくて、タイトなスプレッドでありつつ、約定拒否やスリッページが発生せず、安定した取引環境を提供してくる会社です。FX初心者ももっと俯瞰した目で、サービスバランスを追求していかなければなりません。

GEMFOREXはスプレッド競争を非現実的であるものとし、不参加を表明しています。無料EA・ミラートレードで自動売買し放題、VPSサーバも無料で利用出来、約定スピードが速く、更に追証なしゼロカット、レバレッジ1000倍……、GEMFOREXの魅力を数え上げればキリがありません。海外FX初心者の方々も、様々なサービスに注目してバランスの良さを追求してみましょう。

そして、GEMFOREXほど常時キャンペーン やボーナスを開始している業者も少ないです。口座入金額が2倍になる入金ボーナスや、口座を開設するだけでもらえる未入金ボーナスなど、しっかり注目していればお得な情報が一杯です。ボーナス期間中を狙って、是非GEMFOREXで口座開設をしてみましょう。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ