金(現物) VS FX

金(現物) VS FX

金は古代エジプトから多くの人々を魅了し、価値のあるものとして認識されていました。現在でもその価値は変わっておらず、ETFや投資信託で間接的に購入可能なほか、積立などによって現物を買うこともできます。

金は「有事の金」と言われており、リスクが上がるほど価値も上がる傾向にあります。通常の株などは、リスクが高まると値下がりする特徴を持ちますが、金は全く逆の動きをするのです。このような特徴を持った資産は他にありません。

現物としての金は、それ単体でも相当の資産価値を持ちます。しかし、FXと比較した場合はどちらが優れた資産なのでしょうか?

FXとは反対の値動きをする

FXとは反対の値動きをする

まず気を付けておきたいのは、金とFXは正反対の動きをすることです。例えば各国間で戦争・紛争リスクなどが高まった場合、FXでは円が買われて株価が下がる現象が起こります。俗に「有事の円買い」と言われており、買いポジションの含み損が大きく増えるおそれがあります。

一方で、戦争や紛争のリスクが高まった時、金は逆の動きをします。価格がどんどん上昇していき、その価値が高まるのです。やや不謹慎ですが、世界情勢が不安定になったほうが金は儲かります。この現象は古くから続いており、金が資産として注目されるようになってからも同じです。

現物は配当や利息が存在しない

FXでは、保有しているポジションに応じて毎日スワップポイントが付与されます。預金の利息に該当するものですが、保有する通貨量が多いほど付与される額も増え、年間で数%~数百%相当のスワップが得られるのです。これを目当てに投資している方も多く、今では資産運用方法の一つにもなっています。

しかし、金の現物はそれ単体で価値を生み出すものではありません。価値は市場の取引価格によってのみ決まり、利息や配当はいっさい発生しないのです。スワップのような仕組みがなく、値動き以外で含み益が増えることはないため、最終的な利回りはFXに劣る場合があります。

換金性に難がある

換金性に難がある

現物は機動的な売買も難しいため、すぐ現金化したい時には大きな足かせとなるでしょう。銀行などに預けている場合でも、換金するまでに若干のラグが発生します。また、手数料が高めであり、利益が少なくなる点にも注意が必要です。

一方、FXのポジションは市場が開いている限りいつでも売買できます。平日なら24時間取引されているため、すぐ利益を確定できるのです。利益確定さえすれば、出金には若干時間がかかりますが、好きなタイミングで売買できることは金の現物にはない強みです。手数料(スプレッド)も安く、利益を得やすい点も魅力と言えるでしょう。

盗難・紛失のリスクがある

金は現物を所有することも可能です。しかし、現物を保管することは盗難・紛失のリスクが高まることと同義であり、特に自宅で保管している方は管理に細心の注意を払う必要があります。銀行や金の販売会社へ預け入れしているなら問題ありませんが、保管手数料がかかるためコストは増加します。

FXには、このような盗難・保管リスクがありません。通貨の現物を保有する訳ではないため、保管に気を使う必要がないのです。もちろん保管手数料も発生しませんから、コストで悩まされることもなくなります。

価値が無くなることはない

一方で、金の現物は資産価値が0になることはありません。金は投資商品である一方、資源としての性格も併せ持っており、常に世界中で一定のニーズがあるためです。古くから価値のある金属として認識されており、価値が無くなることはありえないのです。

FXはどうでしょうか?こちらも通貨のため価値が0になることはありえません。しかし、投資資金以上の資産を失うリスクが潜んでおり、レバレッジ次第では追証が発生する可能性もあります。

金の現物は、万が一損失が発生しても資産全てが無くなることはありません。一方のFXは、投資資金以上に損失を被るおそれがあります。

地政学的リスクの影響を受けにくい

地政学的リスクの影響を受けにくい

金が強いと言われる理由に、地政学的リスクとほぼ無関係であることが挙げられます。地政学的リスクとは、その地域が抱える軍事・政治的な緊張の高まりが、地域全体の経済に悪影響を与えたり、経済の先行きを不透明にしたりするリスクを指します。特にFXは地政学的リスクを受けやすく、小さなきっかけで数円も相場が値動きするケースも珍しくありません。

例えばトルコリラは地政学的リスクを受けやすい通貨として知られています。トルコはその地勢上、中東情勢や地域の紛争など、様々な地政学的リスクを抱えています。アメリカのドルは地政学的リスクを受けにくいとされていますが、いつ何が起こるかわからないため、必ずしも安全とは言えません。

金の価格は、こうした地政学的リスクの影響を受けづらく、逆にリスクが高まるほど価値も上昇する傾向にあります。有事の金と言われる理由は、このような地政学的リスクが影響しているのです。世界情勢が不透明な時こそ、金は強みを見せます。

金は守り資産に

FXと金の現物は正反対の性格を持つ資産であり、投資対象です。特に金は有事に強く、常に一定の価値が存在する以上、守りの資産に適していると言えるでしょう。ただし、それ単体で利息は発生しないため、ハイリターンを望む方には適していません。長期的に資産を育てたい方に適した投資対象と言えます。

その反面、FXは少額資金で多額のリターンを得ることも可能です。スワップによる含み益も狙えるため、攻めの資産と言えるでしょう。金とは性質の異なる投資対象ですので、短期間で利益を挙げるならFXが適しています。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ