勝手に海外FX会社のAXIORYとFX口座の取引手数料比較してみました。

FXトレードをこれからはじめようと思っている人たちは、「手数料」という視点からもみて、FX会社の選択をしていかなければなりません。 FXの手数料と言えば、基本、「取引手数料」と、「スプレッド」二つのことを言います。

「取引手数料」とは、取引1回に対してかかる費用のことを言います。一般的にはFXの取引単位である1枚に対し○円といった形で表記されてあるものをいい、 取引を終了する時(決済時)にも同様に手数料を支払いしなければなりません。

現在、取引手数料に注目をすれば、手数料無料というケースもどんどん増えて来ています。それを、FX会社がしている個人投資家のみなさんへの良心的サービスとして捉えてもいいですが、実際にここには、スプレッドの問題との絡みがあります。

初心者の人たちにも判りやすい スプレッドとは……

初心者の人たちにも判りやすい スプレッドとは……

初心者の方々はスプレッドもFXの手数料にあたるものと考えていいでしょう。FXの取引においてスプレッドは売値と買値の差のことをいい、どちらのポジションから入っても注文をした時点ではスプレッド分の損失が出てしまうことになります。

スプレッドが広くなるとそれだけ注文した時点での損失が大きくなってしまうと考えることが出来、スプレッドが狭いほど、FXトレードに有利と当然考えてしまうものです。取引が多ければ多いほど相場は安定しやすくなるため、FX業者も狭いスプレッドで設定出来、国内業者だと円とドルの取引が多く、他の通貨ペアと比較してスプレッドが狭くなっている傾向がありますが、スプレッドについては、それぞれFX会社の仕組みについても考え、もっと踏み込んだ目を持つ必要があります。

スプレッドには固定スプレッドと、変動スプレッドがあり、国内FX会社では固定が基本であり、海外FX会社の場合は、変動のところが多いようです。国内FXの固定スプレッドは、変動リスクがないことに魅力があるかもしれません。さらに相場の変動が大きい場合など、スプレッド手数料を多く支払うようなことにならないため利益を判りやすく計算でき、安定した資産運用が可能です。

スプレッドが変動することによって、常にスプレッドの変動に気をつけて取引をする必要があります。ただし、固定スプレッドというのはあくまで市場が平常の状態のみのことなので、肝心の指標時や、市場オープン直後、クローズ直前などはスプレッドが広がってしまうものなのです。

「原則固定」という言葉も最近ではよく聞きますが、それも、一部流動性が薄くなる時に固定スプレッドを維持することができないため、原則とつくものの、必ずしも固定なのではありません。FX初心者の方々が、スプレッドに注目するのもいいですが、FX会社の選択は、もっと広い視野を持ち「総合的バランス」から判断しなければなりません。

国内FX会社の、低スプレッド、取引手数料ゼロ円の理由

FXはじめてという人たちが、国内FX会社に留まるというのもどこか理解出来ることですが、レバレッジ規制もなく、本来の意味でFXをするのなら、やはり選択肢は海外FX会社です。

国内FX会社と、海外FX会社を選択したとき、国内FX会社は、低スプレッドで、かつ取引手数料無料なので、絶対にこっちがいいと思うときがあるかもしれませんが、初心者の方々はここでももう少しFX会社に対して踏み込んだ目を持つ必要があります。

国内FX会社のほとんどがOTC(DD)方式を採用している

国内FX会社のほとんどがOTC(DD)方式を採用している

ここで、みなさんが知らなければならないのは、国内FX会社のほとんどが、OTC(DD)方式という注文方法を採用していることです。OTC(DD)方式とは、トレーダーの注文はインターバンクに直接注文されるわけではなく、一旦FX会社が全て注文を決済する方法です。

OTC(DD)方式の場合、一旦決済してから、トレーダーの注文が勝ちそうなら注文は通すとか、トレーダーの注文が負けそうなら注文は通さない(呑み)という行為がディーラーの判断次第で自在に出来てしまうのです。

実際に自分の注文が通っているのかどうかはブラックボックスの中にあり、常に顧客とFX会社の利益が相反している関係となり、もちろん国内FX会社は、絶対に負けないために、ディーリングディスクにはプロの凄腕ディーラーを配置していたりします。

そもそも、FXの手数料は、スプレッド、取引手数料というものの、国内FX会社はいくらでも儲けの糸口は見つけることが出来、だから、低スプレッドも、取引手数料0円も簡単に実現出来てしまうのです。

OTC(DD)方式は、FXトレードが不透明きわまるものなので、これからFXをしようと思っている人たちにあまりおすすめではありません。国内FX会社は、スプレッド以外に顧客とのトレードというキャッシュポイントを持っているからいくらでも稼ごうと思えば稼ぐことが出来てしまうのです。市場参加者の90%が負けるといわれており、さらにその90%のうち、ほとんどがトレードを始めて1年以内の初心者の方々と言われています。

そもそもプロフェッショナルなるディーラーは、10%の安定して勝っているトレーダーには便乗すればいいのです。 もちろん、90%の負けているトレーダーには反対の売買です。

海外FX会社AXIORY スプレッドと取引手数料比較

AXIORYという海外FX会社に注目している方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。AXIORYで採用している口座タイプは、スタンダード アカウントでは、STP(Straight Through Processing)方式などです。

ここで、国内FX会社の採用しているOTC(DD)方式と、STP方式の違いを説明しなければなりません。STP方式は、 NDD方式(ノーディーリングデスク方式)といわれる注文方法のひとつです。あとでお話しをするECN方式も、NDD方式です。

NDD方式は、FX会社側で一切トレーダーの取引に関与しない方法なので、海外FX初心者の方々が支払いをするスプレッドが収入源という、かなり、OTC(DD)方式と比較しても透明性がある方法です。

顧客とFX会社の利益が相反しない関係にあるというのも、 AXIORYのスタンダードアカウントの特徴です。ここでは、海外FX初心者の方々には、大いに勝ってもらって、何回も取引をして、手数料を支払いして欲しい思いがあります。

国内FX会社のOTC(DD)方式がちょっと怪しいと思えば、選択肢は、AXIORYのSTP方式ということになります。なにしろ、不安を抱えたままFXトレードをしていても、勝ちのタイミングをみすみす逃してしまうかもしれないですよね。

AXIORYではドル円 0.9pips~、ユーロ円0.8pips~、ユーロドル0.9pips~とかなり低スプレッドを実現していますが、おすすめは、ナノスプレッド アカウントとも言われています。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

今度は、GEMFOREXについてです。AXIORYでは、スタンダード アカウントでは、STP(Straight Through Processing)方式を採用しているとお話ししましたが、同時にAXIORYには、ナノスプレッド アカウントがあり、注文方法はECN(Electronic Communications Network)方式を採用しています。

GEMFOREXでもオールインワン口座、ノースプレッド口座で採用している方法は、ECN方式です。

ECN方式も、STP方式と同じNDD方式なのですが、一体どのような点に違いがあるのでしょうか。いま段々と同じNDD方式でも、STP方式でなくECN方式を採用する海外FX会社も増えてきたと言われています。

取引に業者が「介入」することはまずないという意味では間違いなく両者とも透明性の高い方法です。しかしもっと正確に言えばSTP方式はお客様の注文はそれぞれ業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流され、それぞれのカバー先ではどのように注文がマッチングされているか明らかにされている訳ではありません。カバー先について明らかにしている業者はほとんどないのが現状でもあり、本当にカバー先が存在しているのか疑わしい面も持っています。

STP方式は、注文がどのように処理されているかが明かされていないだけでなく、カバー先が実在しているのかについても怪しい業者があります。

一方でGEMFOREXのECN方式は、 トレーダーの注文は直接インターバンクという電子商取引所に流され、 そこには個人投資家やファンド、銀行、他のFXブローカーや大手LP(リクイデティプロバイダー)まで多くの参加者の注文が集中しています。ECN方式では、 売買の注文が合致すれば、即座にコンピュータによってマッチングされ、 プラスして、参加者の注文は板情報として見ることが出来、 それぞれ海外FX初心者の方々が、「どのていどの価格で、どのくらい注文がでているか」を参照することが出来ます。

本当の意味で、透明性が高いのは、同じNDD方式でもECN方式の方だったのです。STP方式ではもしかしたらマーケットメイカーかもというケースもあり、疑いの眼差しで、業者を見てしまう場合もるかもしれません。

更にECN口座ではインターバンクのスプレッドを直接引っ張ってくるため、最小0.0pips~の激狭スプレッドも実現することが出来ます。ただし、注意しなければならないのは、敢えて透明性のあらわれとも言えるかもしれませんが、別途取引手数料がかかることです。

STP方式が取引手数料ゼロ円というものの、それは、 カバー先が提示した価格に業者の利益となる手数料が上乗せされたものに過ぎないためです。 単にスプレッドと書いてあるだけでは、 業者がどの程度手数料を上乗せしたのかもなかなか判断出来ないのです。

みなさんが、海外FX会社を選択するとき、“スプレッドだけ”という言葉を見つけたら、大いに怪しむだけのことはありそうです。

GEMFOREXは、海外FX初心者のみなさんにとって、それほどスプレッドは低いと感じないかもしれません。(国内FX会社:標準スプレッド(日本円-米ドル)0.6銭に対し、GEMFOREX:1.3銭あたり)しかし、それでも、他の海外FX会社と比較して、 他は1.2銭~1.9銭あたりが標準なので、 GEMFOREXはとても狭いとはいうことが出来ませんが、海外FX会社の中で比較的狭い水準であることは判るのではないでしょうか。

更にGEMFOREXにはノースプレッド口座もあり、一部利用の制限はありますが、ドル円0.0pips~の低スプレッドでの利用も可能です。

オールインワン口座のスプレッドは、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3
EUR/CAD 3.7 ……。

ノースプレッド口座のスプレッドは、

USD/JPY最少 0.0 平均スプレッド 0.3
EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3

です。

いまFXトレードのためFX会社を選択している人たちにとって、“スプレッド0”が呼び水になっているかもしれませんが、実際には、スプレッド0というものの、 すべての通貨ペアで0になっているわけではないのです。ドルと円のペアのようにスプレッドが元々低く、安定性の高いペアだけをスプレッド0にすることはあっても、他の通貨ペアはスプレッドがあったりします。

変動スプレッドを採用している海外FX会社の場合では、あくまでも最小値が0と言う意味合いであって、いつもスプレッドゼロが実現している訳ではありません。 一定時間だけスプレッド0にすれば、海外FX会社では、既存事実を作ることが出来たと思っているのではないでしょうか。

固定スプレッド同様に、変動スプレッドにも注意をしなければならないことがあります。

海外FX初心者の方々がチェックしなければならないポイント

海外FX初心者の方々は、ただ取引手数料だけを注目るすのではなく、スプレッドにも注目をし、そして、OTC(DD)方式、更にSTP方式、ECN方式の比較もしていく必要があります。

そのとき、トータルのサービスバランスを考えて総合的判断をしていかなければなりません。

いま、注意しなければならない問題は、あまりにも「低スプレッド競争」が過熱していることではないでしょうか。そして、そこにだけ海外FX初心者の方々が注目してしまうことです。

見かけのスプレッドが狭いことがいいFX会社の条件ではなく、タイトなスプレッドでありつつも、約定拒否やスリッページが発生しないで、安定した取引環境を提供することなども考えてみましょう。

GEMFOREXでは、はっきりとあまり現実的ではない、スプレッド競争には敢えて参加はしていません。サービスのバランスを考えた結果、そのような方針になったのです。

そしてAXIORYでは、ナノスプレッド アカウントのECN方式も採用していますが、スプレッドはメジャー通貨で0.1pips~であり、相当レベルは高いですが、取引手数料がかかり、ECN手数料$3.00 / 1ロットということですが、GEMFOREXではECN方式なのに取引手数料は無料です。それを実現出来ている会社は、他になかなか見つけることが出来ないのではないでしょうか。

GEMFOREXこそが、多くの海外FX初心者の人たちに勝って取引回数を重ねて欲しいと真に願っているFX会社なのです。AXIORYではほとんどボーナスやキャンペーンというものを実行しておらず、その分、スプレッドを狭くすることに力を注いでいるようです。更にGEMFOREXの注目ポイントは現在おこなわれている様々なボーナスやキャンペーンです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ