勝手に海外FX会社のAxiTraderとFX口座の取引手数料比較してみました。

FXトレードの取引コストとして、「スプレッド」と「取引手数料」がありますが、国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料ゼロという会社を見つけることが出来ます。はじめての方々は、それに魅了されて、すぐに国内FX会社で口座開設しようと思うかもしれませんが、果たしてその判断は正しいのでしょうか。そもそも取引コストは、FX会社の利益なので、ある程度許すのは仕方のないことです。

低スプレッド、取引手数料ゼロのからくり

低スプレッド、取引手数料ゼロのからくり

実際に国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料ゼロ以外にも儲けの手口を見つけだしています。それを探るため、国内FX会社の多くが採用しているOTC(DD)方式に注目をしてください。一方海外FX会社で採用しているのは、ほとんどがNDD方式であり、OTC(DD)方式と、NDD方式を比較する必要があります。

みなさんは、スプレッド、レバレッジなどには注目しているのかもしれませんが、OTC(DD)方式やNDD方式の意味にあまり触れないまま、FXトレードをしているかもしれないですよね。それはその業者がどのような取引をしているのか知る上で、とても大事なキーワードです。

国内FX会社の多くで採用しているOTC(DD)方式は、トレーダーの注文はインターバンクに直接注文されるわけではなく、一旦FX会社が全て注文を決済します。そのような方法だから、トレーダーの注文が勝ちそうなら注文は通し、トレーダーの注文が負けそうなら注文は通さない(呑む)など、ディーラーが判断することが出来ます。

中にいるディーラーの判断でお客様の注文を呑む場合は、「お客様とFX会社の利益が相反する関係」がここには作られてしまうことになります。実際にFX初心者の人たちの注文が通っているのか、いないのか、それはディーラーの裁量次第で闇の中だったりします。

そこでなぜ、国内FX会社が低スプレッド、取引手数料ゼロを実現できるのかといえば、何も、そのようなものを儲けの手口と考えないでも、OTC(DD)方式というキャッシュポイントを既に持っているからなのです。

そこにはプロのディーラーがおり、10%の安定して勝っているトレーダーには便乗するものの、90%あたりのほとんどトレードをはじめて一年以内と言われているみなさんに対して、反対売買を入れていればトータルで勝ち越すことが簡単にできてしまうのです。

つまりFXはじめてという人たちは、国内FX会社においていいカモなのです。顧客に対し提示するレートはFX会社が勝手に決めることが出来るから、相場が急変動しているとき、リスクが高い相場の場合は、リクオートして注文をはじいて、リスクの回避をすることだって出来てしまうのです。

そもそも、国内FX会社の提供する顧客が負けることで利益をあげるシステムが、FX初心者向きではないのです。FX初心者の方々に向いているのには、やはりNDD方式です。ストップ狩り、不利なスリッページ、故意のレート変更、故意のリクオート、故意のシステムダウン……、そのような問題を心配したくないのなら選択肢は海外FX会社です。そこで今回、勝手に海外FX会社AxiTraderと、GEMFOREXの手数料など比較してみました。

海外FX会社AxiTrader スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社AxiTrader スプレッド 取引手数料比較

まずは海外FX会社AxiTraderのスプレッド、取引手数料など注目してみましょう。AxiTraderにはスタンダード口座とプロ口座があります。手数料が無料のスタンダード口座と、手数料がかかる代わりにスプレッドがとても狭いプロ口座です。

AxiTraderのスタンダード口座は、STP方式という方法であり、NDD方式のひとつです。

FX会社がトレーダーとインターバンクの間に介入する方法が、OTC(DD)方式ということは既にお話ししていますが、NDD方式は、FX会社がトレーダーとインターバンクの間に介入しない方法です。

ノーディーリングデスク方式と呼ばれているものが、NDD方式であり、一切トレーダーの取引に関与しないということは、スプレッドからの手数料だけを利益にしているということです。

ここには、顧客とFX会社の利益が相反する関係が作られず、OTC(DD)方式よりも、クリーンな取引をおこなうことが出来ます。

AxiTraderでは、海外FX初心者の方々にどんどん勝ってたくさん取引をして欲しいと思っており、はじめてのみなさんが勝ってくれれば、AxiTraderだって儲けることが出来ます。

AxiTraderのSTP方式は、取引手数料が無料でスプレッドは0.6pipsです。(最低証拠金$200)

海外FX会社GEMFOREX スプレッド 取引手数料比較

次に海外FX会社GEMFOREXです。GEMFOREXでは「オールインワン口座」と、「ノースプレッド口座」があり、ともにECN方式を採用しています。ECN方式も、NDD方式の種類のひとつです。

AxiTraderには、もうひとつ、プロ口座がありそこでもECN方式を採用しています。AxiTraderでは幅0.1pips~の低スプレッドを実現してくれているようです。(最低証拠金$1000)

STP方式も、ECN方式も、同じNDD方式なので、ここにFX会社が介入するデメリットはありません。しかし、STP方式は、注文の送付先が、それぞれ業者のカバー先の提示レートで決済するのに対して、ECN方式の場合は、電子商取引所(インターバンク)・オークション方式でマッチングします。

電子商取引所には個人投資家、ファンド、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中しています。売買の注文が合致すれば、注文はスピーディーにコンピュータによってマッチングします。注文はそれぞれ板情報として追加し、海外FX初心者の方々も板情報を参照し「どのくらいの価格でどの程度の注文がでているか」を確認することが出来ます。

AxiTraderの、スタンダード口座では、透明性がOTC(DD)方式と比較して高いと言われているものの、それぞれカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされておらず、実際には、カバー先が存在しているのかについても疑念も残ってしまうことになります。

そのような意味では、本当の意味で、透明性を維持出来ているのは、GEMFOREXやAxiTraderのプロ口座で採用しているECN方式の方なのです。

もしかしたらマーケットメイカーかもという疑いの気持ちを持って、果たして海外FX初心者の方々は、スムーズにFXトレードをすることが出来るのでしょうか。みすみす勝つタイミングを逃してしまうようなことがあってはならないです。

AxiTraderではスプレッド幅0.1pips~を実現してくれているのですが、別途取引手数料が必要です。一方でSTP方式の場合では、取引手数料無料ということで、安易に海外FX初心者の方々は、STP方式を注目してしまうかもしれません。しかしスプレッド自体はカバー先が提示した価格にFX会社の利益となる手数料が上乗せされたものです。それが単にスプレッドとして表記されているので、カバー先が提示している元のスプレッドとFX会社が上乗せした手数料の割合がどの程度なのかも判らないですよね。ですから、「スプレッドだけ」という言葉にもちょっと注意が必要です。

最近FX会社では、スプレッド競争が過熱し過ぎているのでは……?

GEMFOREXのスプレッドをチェックしてみれば、それほど低いという感じはありません。GEMFOREXは(日本円-米ドル)標準のスプレッドが1.3銭、国内FX会社は 0.6銭程度なので、やはりそこでは国内FX会社がいいと思ってしまうかもしれません。

ただし、そのとき考えるべきことは、国内FX会社がOTC(DD)方式を採用しているから実現出来ることです。

海外FX会社のスプレッドの標準は、1.2銭~1.9銭あたりなので、GEMFOREXは、海外FX業者と比較してそれでも幾分狭い水準にはなっています。

ここで特にGEMFOREXで注目しなければならないのは、ECN方式なのに取引手数料というトレードの度発生する手数料がないことです。スプレッドとプラスα取引手数料という見方をしたとき、充分にGEMFOREXも海外FX初心者の方々の選択肢に入る会社です。 (GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、USD/JPY 1.3 CHF/JPY 2.6 AUD/NZD 3.6 AUD/USD 2.0 EUR/AUD 3.3……)

更にGEMFOREXのノースプレッド口座では、一部利用の制限はありますが、そこではドル円0.0pips~の低スプレッドで利用が可能です。 (ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY最少 0.0 平均スプレッド 0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3)

いま巷ではスプレッド競争が過熱し、そこに問題を抱えているようです。スプレッド0と言えば、やはり多くの初心者の方々が注目してしまうから、FX会社の多くでは「スプレッド0」を仕掛けているのです。

しかしスプレッド0は嘘ではないとしても、100%本当ということでもありません。FX会社が、スプレッド0でFXトレードができると言ってもすべての通貨ペアで0になっているわけではありません。そのような場合、例えば「ドルと円のペア」のようなスプレッドがもともと低いもの、そして安定性の高いペアだけをスプレッド0にしておいて、他の通貨ペアにはスプレッドがあるというのが、一般的な傾向です。

更に海外FX会社では、「変動スプレッド」を多くが採用していて、最小値が0ということで既存事実は作るものの、いつも0ということでもありません。

個人投資家のみなさんが、スプレッドなどに注目するモチベーションによって、更にどんどんFX会社でのスプレッド過熱競争が起こって行くでしょう。海外FX初心者の方々が、注目しなければならないポイントはそこではなくて、タイトなスプレッドでありつつも、約定拒否やスリッページが発生しないことであり、安定している取引環境を提供してくれるサービスのバランスです。

GEMFOREXでは、敢えてみなさんに快適なサービスのバランスを提供するために低スプレッド競争には不参加表明をしています。

GEMFOREX・AxiTraderのキャンペーン・ボーナスに注目する

AxiTraderでもキャンペーン期間中に、口座開設、入金後、30ロット以上お取引をされた全てのお客様に、5000円をキャッシュバックするなどキャンペーンやボーナスに積極的です。

GEMFOREXでも、リスクなくいきなりトレードするため、新規口座開設したお客様に証拠金プレゼントのキャンペーンを開催していたりしています。 例えば、「5日間限定の5,000円&100%ボーナスキャンペーン」があります。 新規口座開設の人たちに5,000円($50)をプレゼントしてくれて、さらに入金した海外FX初心者の方々に入金額の100%ボーナスがあります。もしも500万円の入金であれば証拠金は1,000万円に……。例えばの話しですが、決して無視してはならないキャンペーンではないでしょうか。これは5日間限定のキャンペーンなので、じきに終了してしまうのかもしれませんが、GEMFOREXは他の海外FX会社と比較してもキャンペーン・ボーナスにかなり積極的なので、次には、もっと魅力あるキャンペーンがおこなわれているでしょう。

入金なしでプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来、もちろん利益分は出金可能なので、何も他に提供してくれている「デモトレード」を利用する必要もないのかもしれません。

更にFX自動売買ソフト(EA)の無料で使い放題サービスに加え、オリジナルミラートレードサービスも無料で使い放題などなど魅力的なサービスを探すことが出来、まさに、これがGEMFOREXのいうトータルのサービスバランスのことです。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ