勝手に海外FX会社のDirectFXとFX口座の取引手数料比較してみました。

FX会社を決めるとき、みなさんはどのような方法を取っているでしょうか。FX会社の取引コストも、そのとき、意識しなければならないポイントです。

取引コストとは、「スプレッド」のことであり、「取引手数料」のことです。

いま、国内FX会社に注目をすれば、低スプレッド、取引手数料無料という会社を多く見つけることが出来ます。初心者の方々は、ついついそのようなFX会社が優良FX会社と考えてしまうのかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか。

ここが、初心者の人たちが陥りやすい、FX会社選択の間違なのかもしれません。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

OTC(DD)方式って何? 初心者の方々が陥りやすい罠とは……

OTC(DD)方式って何? 初心者の方々が陥りやすい罠とは……

もうちょっと踏み込んで、FX会社の仕組みについても考えてみましょう。国内FX会社の多くが採用している注文方法は、OTC(DD)方式です。 一方で海外FX会社では、多くがNDD方式を採用しています。

実際に、勝っている人たちに、OTC(DD)方式・NDD方式って何?と聞いても答えることが出来ないかもしれません。知らないでも勝つ人たちもいます。ただし、FX初心者の人たちが、FXで確実に勝ちへと導くのなら、やはり、このようなことがとても大事です。慣れて来れば、あとは、自分自身の判断で、FX会社を選択して行けばいいのです。FXはじめてという方々に、迷わない確実な方法をご案内しましょう。

OTC(DD)方式は、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入する方法であり、NDD方式は、FX会社がトレーダーとインターバンクの間に介入しない方法です。

ディーリングデスク方式である、OTC(DD)方式は、トレーダーの注文は、インターバンクに直接注文されるわけではありません。一度FX会社が全て注文を決済する方法であって、ここでは、中にいるプロのディーラーが判断して、負けそうなら注文は通さない【呑み】という行為や、勝ちそうなら注文は通すということが簡単におこなわれています。

みなさんが、注文が通っているものと思っているのに、実は通っていなかった……ということも充分起こりうることであり、ディーラーの裁量の中でやりとりされるということは、つまり全くの闇の中なのです。

OTC(DD)方式では、顧客とFX会社の利益が相反するという、はじめての方々には、ちょっと気分も良くない事態が起きています。初心者の人たちに、プロのディーラーがしっかり向きあい、あなたを勝たせないようにということを考えている訳ですから、なかなかそのような場所でのトレードには厳しいものがあります。

【呑み】というのは、例えば、友人に指定の競馬券を5万円分買ってきて♪と頼んだとして、手間賃として、5000円も渡したとします。しかし、友だちは、レースに外れると確信している場合、馬券を購入しないという場合も考えることが出来ます。

そのような場合において、もしも外れれば、55000円をそのまま手に入れることが出来ます。

しかし、友だちのリスクもあり、馬券が当たる場合だってありますよね。そのようなとき、配当金の支払いをしなければなりません。

だから友だちは、ただひたすら、馬券が外れることを願っているでしょう。そのような気持ち悪い事態が、国内FX会社で実際に起きているのです。

国内FX会社のOTC(DD)方式では、プロフェッショナルなるディーラーの裁量で決めることが出来るから、低スプレッド、取引手数料無料を実現していたとしても、儲けの糸口などいくらでも確保することが出来ます。

そのような手口を理解して正しいFX会社を選択するとき、国内FX会社でなく、海外FX会社という発想も当然出てくるでしょう。

海外FX会社DirectFX スプレッド 取引手数料比較

大手オンラインFX取引業者であるDirect FX Trading Pty Ltdが、 DirectFXです。取引や教育に関する技術情報の開発・配信・管理の分野において、マーケットレーダーの信頼の大きい海外FX会社のひとつです。DirectFXで採用している注文方法は、NDD方式(STP方式)です。 MetaTrader4 CQG など。スプレッド:EUR/USD:2 EUR/GBP:3 USD/JPY:2 GBP/USD:3 GBP/JPY:4 EUR/JPY:3 USD/CHF:3 。

ノーディーリングデスク方式のことをNDD方式と言います。DirectFXで採用しているのは、ディーラーを通さずトレーダーの注文はそのままインターバンクにて決済される方法です。

ここで言えるのは、FX会社側で一切トレーダーの取引に関与しないということです。OTC(DD)方式と比較して、非常に透明性の高いトレードをおこなうことが出来ます。

ここでDirectFXがどのような方法で利益をあげるのかと言えば、スプレッドのみということになります。ですから、ちょっと国内FX会社と比較して、スプレッドが高いと思っても仕方のないことなのです。

DirectFXのNDD方式は、お客様にはとにかく一杯勝っていただき、取引の数を重ねて欲しい思いがあり、顧客とFX会社の利益が相反しない関係があります。

海外FX会社GEMFOREX スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREX スプレッド 取引手数料比較

次には、現在注目度が非常に高いGEMFOREXです。GEMFOREXでは、オールインワン口座と、ノースプレッド口座がありますが、ともにECN方式という注文方法を採用しています。

先ほど、お話ししたDirectFXは、正確に言えばSTP方式であり、STP方式も、ECN方式もNDD方式の種類のひとつです。兄弟のようなものなので、両方とも、OTC(DD)方式と比較をすれば、透明性が高い方法であることは間違いありません。しかし、より透明性が高いのが、ECN方式であり、GEMFOREXのようにECN方式を採用するFX会社も増加傾向にあります。

違いはSTP方式は注文の送付先が、それぞれ業者のカバー先であり、カバー先の提示レートで決済する方法を取りますが、ECN方式の場合では、トレーダーの注文は直接インターバンクと呼ばれる電子商取引所(個人投資家やファンドから、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中する場所)に流されます。そして、売買注文が合えば、即座にコンピュータによってマッチングされます。マッチングはオークション形式であり、反対注文(買い注文)があった場合は即座にマッチングされ、反対注文の割合総数が少ない場合は決済しない場合もあります。

ECN方式の特徴として、更に板情報をしっかり見ることが出来、「どの程度の価格でどの程度注文がでているのかしら」ということをいちいちチェックし、トレードをおこなうことが出来ます。

STP方式も、透明性の高いトレードということはお話ししていますが、もっと正確な言い方をすれば、STP方式はそれぞれカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされている訳ではありません。ということは、「ひょっとしたらカバー先はそもそも存在してないかもしれない……」などという疑惑を抱くこともあるかもしれません。「もしかしたらマーケットメイカーかも……」という疑いを持ち、FX会社と向きあっていても、勝ちのタイミングをみすみす逃してしまうということないでしょうか。

本当の意味で、海外FX初心者の方々が、気持ち良くトレード出来るのは、GEMFOREXの採用しているECN方式なのです。最小0.0pipsからの激狭スプレッドを実現している海外FX会社もあるようですが、別途取引手数料がかってしまうケースがほとんどです。GEMFOREXはそれほどスプレッドが狭い感じではないのかもしれませんが、敢えて、ECN方式なのに取引手数料無料ということにも注目する必要があります。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、
USD/JPY 1.3 CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6 AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3……という感じです。

GEMFOREXにはノースプレッド口座があり、一部利用制限はありますが、ドル円0.0pips~の低スプレッドで利用が可能です。

ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY:最少 0.0 平均スプレッド 0.3 EUR/USD:最少 0.0 平均スプレッド 0.3 を実現しています。

スプレッド競争が過熱していることの注意点

国内FX会社を利用している人たちは、原則固定スプレッドという言葉にも目を止めてしまうことがあります。ただし、敢えて原則固定スプレットとしているのは、スプレッドが固定でないこともあるせいです。

経済指標の発表時であり、相場が大きく乱降下したときなど、為替が大きく動き、スプレッドも変動することがあります。原則固定スプレッドを採用している国内FX会社などでは、スプレッドを取引時の目安として、個人投資家のみなさんはコスト計算しやすいというメリットもありますが、低スプレッドというのでも、あまりうかうかしていられない現状があります。海外FX会社で多く採用しているのは変動スプレッドです。 海外FX会社に注目する場合は、現在低スプレッドだとしても、変わるという意識を持つ必要があります。

そしてスプレッドがそれほど高くないFX会社にだって充分に利点を見つけることが出来ます。国内のFX会社では急に相場が動くとき、ロスカットで決済されないまま、大きな損失が出てしまうことがあり、そうなれば業者から追証という形で請求されることがありますが、スプレッドの広い海外FX会社を選択すれば、追証されるリスクはほとんどありません。

スプレッドが広いことは、そこで徴収している手数料がリスク軽減のための手段と考えることが出来、更にロスカットされる水準が低くなっていることや、最新鋭のプラットホームを使用しているなど、もっとトータルな目で、FX会社を見つめる必要があります。いま、様々なFX会社で、スプレッド過熱競争が起こっているのは、海外FX初心者の方々が、すぐにスプレッドに注目してしまうので、スプレッド0が大いに呼び水になるからです。

しかし、スプレッドがFX会社の収益と考える場合、スプレッド競争が過熱しようがそこには限界もあります。そのとき、見かけ、スプレッド競争に参加しておきながらり、トレーダーが知らないうちにスプレッド以外の手数料を徴収する方法をFX会社が見つけてしまうかもしれません。

そして、低スプレッド競争に参加しているものの、約定力が低いFX会社もありますので、そのようなFX会社よりも、GEMFOREXを選択すべきではないでしょうか。GEMFOREXは、敢えて、過熱しているスプレッド競争に不参加と言っているのです。 GEMFOREXはスプレッド値を適正値に設定することで、リクオートや約定拒否の追求をし、トータルなサービスのバランスをしっかり考えるFX会社なのです。

GEMFOREXには更に様々キャンペーンの魅力がある

そして、その海外FX会社ではどのようなキャンペーンやボーナスが提供されているか注目することも大事なことです。GEMFOREXでは、現在、入金不要で10,000円が付与されますので、その10,000円ですぐに取引がスタート出来ます。 利益分は、もちろん自身で出金可能ですので、リスクもなくFXトレードを行う事が出来ます。この10,000円を10倍に、無料で10万円がゲット出来るかもしれません。

海外FX初心者の方々は、スプレッドだけでなく、約定力にもしっかり注目して、様々なサービスにも注目すれば、きっとGEMFOREXがどんなに優れている会社かもっと判るはずです。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ