勝手に海外FX会社のFXCCとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のFXCCとFX口座の取引手数料比較してみました。

FX初心者の方々がFXと向きあうとき、注文口座の意味が全く判らないというケースがほとんどのようです。国内FX会社を選択した時点で、OTC(DD)方式という注文口座を選択していることになり、一方海外FX会社で使用しているものはNDD方式です。

国内FX会社のほとんどで、OTC(DD)方式を採用しているから、敢えて、FX初心者の方々は、今まで注文口座を意識する必要がなかったのですが、果たしてそれで勝つFXトレードが出来るか疑問です。

OTC(DD)方式とは、個人投資家の注文を、ディーリングデスクのカバーディーラーを介し、インターバンクに注文を流す方式です。OTC(DD)方式のOTC方式はOver The Counterを略で、カウンター越しという意味です。DDはdirect deal、取引する机があることを示す意味であり、他に相対取引、店頭取引とも呼ばれることがあります。 証券会社では、売買注文をすれば、証券会社は注文を証券取引所に取りつぎます。株式の売買はすべて証券取引所でされているので、透明度は高いことが判ります。しかし、OTC(DD)方式は、FX会社に注文を任せてしまう方法です。

FX初心者の方々は、売買の詳細は自分自身が決めているというかもしれません。確かに、注文指示をしているのは自身ですが、純粋に出した注文指示を、FX会社がそのまま売買している訳ではありません。

国内FXでは低スプレッド、取引手数料無料の国内FX会社を多く見かけることが出来ますが、取引コストが、スプレッドと取引手数料だけなら、国内FX会社は、そのままでは営業して行くことが出来ないはずです。

OTC(DD)方式では、個人投資家の注文を一度とりまとめ、オーダーの状況、相場感や、取引使用証拠金……を総合的に判断し、FX会社独自の判断で、逆の注文を出したり、レート価格の操作などかなりの調整をしていたのです。

原則固定スプレッドも、FX初心者の方々に、口座開設をして欲しいと思っている宣伝です。ついその言葉につられてしまうのかもしれませんが、裏を返せば、相場の急変時などは変えますということに過ぎません。突発的なレートの変動は例外扱いとなり、提示スプレッドと実際の約定スプレッドが違うこともあり、わざわざ「原則」といい、はじめから逃げ道を作っているだけです。

FXトレードは、当然世界中の投資家が同じ土俵にたって戦っているものと思っていたのかもしれません。しかし、OTC(DD)方式において実際にはそうではなかったのです。国内FX会社が、「MT4」を利用しないで、独自のチャート・プラットフォームを使用しているのも、出来る限りそれぞれの国内FX会社が、事態をブラックボックス化しようという気持ちの表れです。

OTC(DD)方式は、簡単に【呑み】が出来てしまい、その場で顧客同士の注文を相殺したり、小口注文なら一定の量がたまるまでカバーしないことが出来てしまうのです。個人投資家の90%は3ケ月で証拠金を失って退場するとも言われていますので、【呑み】で犠牲になるのは、ベテランの個人投資家ではなくて、FX初心者の方々です。

10%程度の個人投資家のみなさんが勝ち、90%のFX初心者が負けるというバランスが崩れない限り、OTC(DD)方式は、低スプレッド、取引手数料無料を実現していたとしても充分勝つことが出来ます。

顧客と業者の「相対取引」とは、顧客が負けることによって、FX会社が得をする仕組みです。そのために、FX会社では、凄腕のディーラーがFX初心者の方々としっかり向きあってしまっていたのです。低スプレッド、取引手数料無料で、FX初心者の方々を惹きつけ、【呑み】の分はFX会社の利益とする仕組みは、ある意味企業のけなげな努力の結果ですが、そもそもそのような仕組みを許したのは、国内でFXトレードをしている個人投資家が、あまりにも注文口座に無頓着だったからです。

海外FX会社はそうではありません。海外FX会社でOTC(DD)方式を採用しない理由は、しっかり個人投資家のみなさんが、注文方法を厳しい眼差しで見つめているためです。実際にOTC(DD)方式で勝っている人たちもいる訳ですから(10%)OTC(DD)方式が悪徳業者という訳でもありませんが、せめてFX初心者の方々は、出来る限り負けのリスクを減らす方法を選択すべきではないでしょうか。

海外FX会社FXCCの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社FXCCの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社で採用している方法は、ほとんどがNDD方式です。NDD方式は、No Dealing Desk・ノーディーリングディスクを略したもので、間にディーラーを介さない注文方法です。

投資家のオーダーは全てインターバンク直結によってカバー先に流され決済されます。OTC(DD)方式とは全然違い、人手を介さないから、恣意性が存在せず、フェアなFXトレードをおこなうことが出来ます。

基本、NDD方式を採用しているFX会社は、利益をスプレッド(手数料)から徴収します。ですから、海外FX初心者にも、FXトレードに勝ってもらい何度も挑戦して欲しいと思っています。そこに作られているのは、FX会社と個人投資家の利益相反のない関係です。

NDD方式では、原則固定スプレッドではなくて、変動スプレッド制を採用していますが、NDD方式である以上、固定というのもあり得ない話しであり、提携先のLPから引っ張ってきた通貨ペアのレートに、取引手数料を乗っけてスプレッドとして表示しているため、LPから引っ張ってきたレートに応じ、スプレッドが変動して行くのは当然です。FX初心者の方々がNDD方式を採用している会社がどこか判らない場合は、変動スプレッドを採用している会社を探せば、おおかたはNDD方式です。

基本、OTC(DD)方式よりもNDD方式の方が、スプレッドが広めです。既にお判りになるでしょうけど、利益相反の関係では、低スプレッドにしようが、いくらでも他にキャッシュポイントを見つけることが出来、だからドル円0.3pips~程度のことが簡単に出来てしまうのです。

顧客を負けさせて利益を得ることがないNDD方式では、業者のキャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドのみなので、ある程度スプレッドが広いのはやむを得ないことです。

海外FX会社FXCCで採用している口座は、ECN XL とECN スタンダードです。NDD方式は更に、STP方式と、ECN方式に分けることが出来、STP方式も、ECN方式も、同じNDD方式なので、OTC(DD)方式と比較して、透明性が高いのは同じです。

厳密にいえば、STP方式(Straight Through Processingの略)ではトレーダーの出した注文はブローカーを経由します。トレーダーの注文はFX業者から大口銀行、LPなどのカバー先に流され、カバー先の中からトレーダーの注文価格に最適なものがマッチングし、最良な価格での取引が可能ですが、カバー先の数やカバー状況を確認できないことで、実際にはECN方式と比較して透明性が欠けます。

ECN方式(Electric Communications Network、電子商取引)は、電子取引所での取引です。トレーダーからの注文は直接電子取引所に流されて、コンピューダ処理によって売買がマッチングされる仕組みです。板情報と気配値をチェックすることが出来、「買い注文が多いから、レートが上昇しそうだな……」ということを自身が予想することが出来ます。

ECN方式において、取引の量が多いほど、優位な約定が出来、少ないと流動性が低くなって、注文をマッチングさせる相手が見つからないまま注文が決済されないということがあります。口座開設の数が多い海外FX会社において、取引量が多い方がスピーディーにマッチングすることが出来ます。

ECN方式では、インターバンク市場取引であり、低スプレッドを実現することが出来ますが、別途取引手数料がかかります。この取引手数料がかかるのもいわばECN方式が、透明性が高い証しです。

そのとき、取引手数料がないSTP方式がいいという思いが起こるかもしれませんが、STP方式は、そもそも、STP方式の中に、取引手数料が含まれた価格なのです。どの程度、取引手数料に取られているのか判らない点でも、STP方式にはやや不安感はあります。

FXCCのスプレッドは、
EUR/USD0.3
EUR/GBP 1
USD/JPY0.4
GBP/USD1
GBP/JPY1.5
EUR/JPY1
USD/CHF 1 あたりです。

ECN方式なら、プラスα取引手数料がかかりますが、FXCCのECN XL口座の場合、一定の証拠金取引金額以内なら、取引手数料無料になることに特徴があります。つまり海外FX会社FXCCなら、少額で取引をし続ける限り、合計トレードコスト0で取引が可能なのです。(XL口座で証拠金が10,000米ドル以下ならば取引手数料無料、それ以上ならば往復0.6pips)ECNスタンダードは、片道0.75pips取引手数料が必要なのでやはりECN XL口座開設にメリットがあります。海外FX初心者の方々も、FXCCはかなり優良FX会社と判断してもいいのではないでしょうか。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXは、オールインワン口座でECN方式を採用しています。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、 USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3あたりです。

ECN方式なのに ややスプレッドが広めと感じるかもしれません。 GEMFOREXのスプレッドは国内FX会社には及ばないですが、海外FX会社のスプレッドの標準が、1.2銭~1.9銭と言われていますので、海外と比較して幾分狭い水準です。もちろん国内FX会社に及ばないのは、国内会社が、OTC(DD)方式を採用しているからであり、他にいくらでもキャッシュポイントを見つけることが出来るからです。 ※他にGEMFOREXにはノースプレッド口座があります。ここではドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY最少 0.0平均スプレッド 0.3EUR/USD  最少 0.0平均スプレッド 0.3 ※利用制限があります)

基本、ECN方式は取引手数料が別途かかるものですが、GEMFOREXの場合、取引手数料は無料です。FXCC同様に充分、海外FX初心者の方々の選択肢に入るべき会社ではないでしょうか。

低スプレッド競争に問題あり

GEMFOREXは、それほど見た目は、スプレッドが狭くないので、海外FX初心者の方々には、魅力的なFX会社ではないと判断されてしまうかもしれません。しかし、海外FX初心者の、ただスプレッドなど見た目で判断してしまう姿勢に問題があります。だから、様々なFX会社において、口座開設をして欲しいからレベルが低い低スプレッド競争が起こってしまうことになります。

低スプレッドは非常に魅力的に感じますが、そこにはリクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりと、様々な運営上のバランス調整がされている可能性を充分に考えることが出来、海外FX初心者がしなければならないのは見かけの判断ではなく、全体を通したサービスバランスです。

GEMFOREXは敢えて現実的でないスプレッド競争には参加せず、快適なサービスバランスを提供するために頑張っているFX会社です。約150以上ものFX自動売買ソフト(EA)やミラートレードが無料で使い放題、レバレッジ1,000倍、約定率の高さ……、GEMFOREXは、他のFX会社と比較して自慢出来るものがいくつもあります。

様々なキャンペーンを提供しているのもGEMFOREXの特徴と言っていいでしょう。GEMFOREXでは、入金不要で10,000円を付与してもらうことが出来るので、その10,000円で、すぐに取引が出来ます。利益はもちろん出金可能なので、GEMFOREXには、デモトレードもあり、海外FX初心者の方々はそこで、トレードの練習をすることが出来ますが、いきなり本番というのも方法です。この10,000円を10倍にした方も数多くいます。日本語サポートも充実しているので、まさに海外FXに向きあう初心者たち向きとも言えます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ