海外FXのNDD口座のメリットデメリット

海外FXのNDD口座のメリットデメリット

海外FXを始める方の中には、国内FX経験者が少なくありません。国内FXに物足りず海外FXに移行するケースも増えています。国内FXと海外FXには大きな違いがあります。違いの一つとして挙げられるのが、注文方式です。DD取引口座がメインになっている国内FXに対し、海外FXではNDD取引口座がメインです。では、海外FXのNDD口座はどのような注文方法なのでしょうか?今回は、NDD口座の仕組みやメリットやデメリットなどを紹介していきます。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

DD取引口座とNDD取引口座の注文方式の違い

DD取引口座とNDD取引口座の注文方式の違い

国内FXで多く採用しているDD口座は、「ディーリング・ディスク」と呼ばれる注文方式です。相対取引とも呼ばれており、トレーダーは国内FX会社と直接的に取引を行っています。つまり、FX市場のインターバンク市場にトレーダーの注文が流れることがなく、FX会社を相手に取引していることになります。国内FXはスリッページが多く約定力が低い特徴がありますが、相対取引をしているため、トレーダーが勝ちすぎると損失が大きくなってしまうため、意図的にスリッページを起こすこともあります。

海外FXで多く採用しているNDD口座は、「ノー・ディーリング・デスク」と呼ばれる注文方式です。インターバンク取引とも呼ばれており、トレーダーの注文が海外FX会社を介してそのままインターバンク市場に流れる仕組みです。NDD方式はDD方式のようにFX会社が入る余地がないため、高い透明性がある取引方法だと一般的に言われています。

NDD取引口座のメリット[NDD口座はトレーダーの味方]

DD方式の場合、「トレーダー VS FX会社」になるため、口座を開設しているFX会社が敵になります。利益を奪い合ってしまう形になり、トレーダーが不利な状況で取引が進んでしまいます。

NDD方式の場合、FX会社の収入源はトレーダーが取引ごとに支払うスプレッドになっています。スプレッドは取引ごとに発生するコストなので、取引回数が多くなればなるほどFX会社も潤う仕組みです。トレーダーは勝てば勝つほど、取引も積極的になっていくので、FX会社としてはトレーダーに勝ってもらうほど利益も膨らんでいきます。つまり、FX会社とトレーダーは「win-win」の関係になるわけです。

NDD方式を採用している海外FX会社はトレーダーが勝つためにさまざまなサポートをしてくれます。たとえば、DD方式の国内FXの場合だとレートが急変したときに、ロスカットが間に合わずに発生した損失分はトレーダーが追証として支払わなければなりません。しかし、海外FX会社はゼロカットシステムを導入し、口座の資金が0円を下回った分については支払う必要がありません。海外FX会社としては、トレーダーに借金を背負わすよりも、最小限の損失に留め、トレーダーに再起してもらうメリットの方が大きいのです。

NDD取引口座のメリット[NDD口座はスキャルピングを歓迎している]

NDD取引口座のメリット NDD口座はスキャルピングを歓迎している

DD方式を導入している国内FXだと、スキャルピング取引が禁止されているところが多く、スキャルピングをしていると口座を凍結されるケースもあります。これは、DD方式だと相対取引になるため、短い時間で多くの取引をされてしまうとFX会社がカバー先に注文を流す判断が遅れてしまい不利になってしまうからです。

スキャルピングは一回あたりの損益が小さいことから、ロスカットのリスクが小さく、実は安全性が高い取引方法でもあります。スキャルピングが禁止されることは、短時間勝負で利益を積み上げたいトレーダーにとって致命的です。NDD方式を導入している海外FX会社の場合は、取引回数が増えてスプレッドの収入も増えるため、スキャルピングトレーダーを歓迎しています。心置きなくスキャルピングができるのは、NDD取引口座のメリットと言えるでしょう。

NDD取引口座のメリット[約定力が高い]

約定力は注文通りに注文を通すことができる力のことです。約定力は注文に対して約定する割合を示す約定率で現され、約定率が95%の場合は100回あたりの注文で95回注文通りに約定したことを意味します。DD方式に比べると、NDD方式の方が約定力は高めになっています。

DD方式の約定力が小さいのは、意図的なスリッページやリクオートが起こりやすいからです。DD方式はトレーダーが負けるほど儲ける仕組みなので、どさくさに紛れてスリッページを引き起こし、その結果、約定力を下げていることがあります。

NDD方式は、意図的なスリッページやリクオートを起こすメリットが一切ありません。逆に約定力が低くなると不信感を持たれることになり、口座離れが進むことを恐れ、本来起こっているスリッページの損失分をFX会社が呑んでいるようなケースもあります。約定力は、トレーダーが安心して取引する上で重要な指標になります。

NDD取引口座のデメリット[スプレッドが広い]

NDD口座のデメリットとして挙げられるのがスプレッドの広さです。これは、DD口座に比べてスプレッドが広いことを意味しています。DD口座はスプレッドが狭いですが、これはインターバンク市場に注文を流すことがなく、余分な手数料がかかってないためです。

DD口座はデメリットが多いものの、スプレッドの狭さを売りにすることができるので、多くのトレーダーを獲得することができるのです。NDD口座はFX会社の利益となる手数料、そしてインターバンク市場に流すための手数料がかかるため、相対的にスプレッドは広くなってしまいます。

しかし、スリッページやリクオートが多いDD口座では、見えないコストが多く発生しています。スプレッドが狭くても、それ以外のところでコストがかかっているので、スプレッドが狭いことは決してメリットとは言えません。それよりは、透明性が高く安心して取引できるNDD口座の方が安心です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ