勝手に海外FX会社のThinkForexとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のThinkForexとFX口座の取引手数料比較してみました。

FXトレードをスタートする時、まずどのFX会社でするのか決めることになります。FX会社がどの程度違うのか、FX初心者の方々は理解しているでしょうか。

国内FX会社では、OTC(DD)方式、海外FX会社ではNDD方式という注文方法を採用しています。国内FXをしている人たちは、低スプレッド、取引手数料無料などに惹かれて口座開設するケースがとても多いので、FX会社の持つ仕組みまで知らないという人たちが大変多くいます。それでは、やはりFXトレードで勝つことは出来ません。

国内FX会社の採用しているOTC(DD)方式は、 Dealing Desk、ディーリングデスクがあるから、DD方式であり、証券会社や銀行などの金融機関の店頭カウンター(counter)越し(over)に取引を行うから、OTC(Over The Counter)方式です。

OTC(DD)方式に存在しているのは、凄腕と呼ばれるディーラーたちです。OTC(DD)方式では、FX初心者の方々が注文を出せば、スムーズに注文が流れていくと思いきや、 FXブローカーの中のディーリングデスクに行くことになります。 OTC(DD)方式は、「顧客対ディーラーの取引」、「ディーラー対カバー先金融機関の取引」の2段階で取引がおこなわれるシステムです。

OTC(DD)方式は、「相対取引」とも言われていますが、それは、顧客が損失を被れば、FX会社が儲ける取引方法だからです。実際にOTC(DD)方式で勝つ人たちはいますが、おそらく10%程度でしょう。90%の人たちが、負けている現実があるから成り立つ方法であり、FX初心者などをいいカモにしていれば、低スプレッドを実現しても、悠々に稼ぐことができます。

ごく一部の個人投資家のみなさんは、OTC(DD)方式で勝って、大いにOTC(DD)方式にメリットを感じているかもしれませんが、 それも、負け続ける多数のFX初心者たちのお陰です。強い者たちは、OTC(DD)方式でも稼ぐことができるかもしれませんが、FX初心者の方々が選択するべき注文方法は、OTC(DD)方式ではありません。

今回NDD方式を採用している海外FX会社ThinkForexとGEMFOREXのスプレッド・取引手数料などを勝手に比較してみました。

海外FX会社ThinkForexの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社ThinkForexの場合 スプレッド 取引手数料比較

FXは実力の世界でもあり、OTC(DD)方式でも勝つことができる人たちはいます。OTC(DD)方式では、世界的に見ても驚異的に狭いスプレッドを実現していて、0.3銭前後が当たり前なので、 一部の個人投資家のみなさんにとって、こんな有難いシステムはないのかもしれません。 世界最狭スプレッドに恩恵を受けている人たちもいるのは事実です。

しかし、スーパーマーケットでも、もっと安くしろと主張するものの、価格を安くしておいて、品質を落とさないのはほとんど無理であるように、FX会社でも同じようなことが起こっています。FX初心者の方々は、この厳しい現実を、しっかり把握する必要があります。

FX初心者の方々は、個人投資家たちが同じ土俵の上で戦っているような気になっていたのでしょうけど、実際にはそうではなかったのです。国内FX会社の多くが、海外FX会社のほとんどで使用しているMT4など利用しないで、いちいち独自の、自社チャート・プラットホームを用意しているのも、操作をブラックボックス化出来るからと想像することができます。OTC(DD)方式では、あの手この手を使って個人投資家たちを負けへと追い込んでいかなければなりません。

OTC(DD)方式を利用していて、価格通りに約定してないという違和感をお持ちなら、それが「約定拒否」です。 まだ体験していないというあなたはラッキーなのかもしれませんが、いまに利益確定しようと思い、「決済注文ボタン」を押そうと思ったら、なせだか判らないけど、取引画面の背景が暗くなり、一切の注文を受け付けなくなってしまうようなことが起こるかもしれません。 それが、何秒か続けば、せっかく出ていた利益が、マイナスになってしまうことがあります。グレーアウトと呼ばれるものでもあり、グレーアウトは、インターネット環境が原因と思っている人たちもいるようですが、OTC(DD)方式のたくらみがそこに潜んでいたのです。

国内FX会社では、利益を出すために、意図的にグレーアウトを引き起こす現実もあります。更に、注文のクリックをした時点の価格よりも1銭、数銭程度トレーダーに不利な価格で約定するスリッページが起きたりし、約定拒否や、スリッページは仕方ないものとFX会社の常識を誤解している人たちもいるようですが、本当のFXの常識は、 取引開始後は、提示されたレートで注文したらすぐ約定、それも取引量によらず履行されることです。

約定拒否は、最近とても多くなって来ているスキャルピング対策とも言われています。数秒単位で売買を繰り返すスキャルピングは、FX会社のシステムに負荷を与え、かつFX会社のリスクヘッジであるマリーや、カバー取引も出来ないから、国内FX会社の多くでは、スキャルピングを禁止していたりするのですが、スキャルピングをする個人投資家のみなさんを完全排除すれば、トレーダーが逃げて行ってしまうだけなので、一見、表向きにはスキャルピングはある程度寛容な姿勢を見せておきながら、裏ではスリッページ、意図的なグレーアウト、つまり約定拒否の操作で、まんまと、個人投資家たちを負けへと追いやっています。

ThinkForexで採用しているNDD方式は、No Dealing Desk・ノーディーリングディスクのことであり、人や業者を介さず、直接インターバンクで決済される取引のことを言います。 FX会社側で一切トレーダーの取引に関与しないので、スプレッドが、FX会社の収入源です。

NDD方式では、個人投資家のみなさんの取引回数や枚数が、そのまま利益になることから、業者と顧客の「利益相反」はなく、スキャルピングも基本OK、自動売買も問題なくすることができるでしょう。

NDD方式では、カバー先金融機関から有利なレートをもらって、それにマークアップ手数料を加え、顧客にレート配信していきます。NDD方式を採用しているFX会社は、いかに優良なカバー先を多く確保するかという努力を惜しみなく続けていく必要があります。

ThinkForexでは、スプレッドがFX会社の利益なので、国内FX会社と比較して、スプレッドが高いと感じるのは仕方のないことです。スプレッドが広めというのは、FX会社が、ピュアである証拠のようなものです。

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

ThinkForexは、NDD方式を採用していると言いましたが、正確には、ThinkForexのスタンダード口座はSTP方式、プロ口座、プレミアム口座、そして、GEMFOREXのオールインワン口座で採用しているのはECN方式です。STP方式も、ECN方式も、NDD方式なので、OTC(DD)方式より透明性が高いことに変わりはありません。ただし、GEMFOREXでも、ThinkForexでも、ECN方式を重視するように、最近の海外FX会社では、ECN方式推しの傾向があります。

STP方式・Straight Through Processingは、注文が直接市場に流れるという意味です。カバー先の金融機関のレートを参照して、レートに対してスプレッドを上乗せし、トレーダーへ提示、カバー先からの提示レートと、トレーダーへの提示レートの差がFXブローカーの利益です。

STP方式もピュアな取引方法というお話しはしているのですが、厳密に言えば、STP方式でも、FX初心者の方々から注文をもらえば、一度呑み、カバー先に注文は出しますが、レートの内容次第ではFX会社がみすみす損してしまう場合もありますので、損をしないため、リクオートが発生することもあります。

一方でECN方式・Electronic Communications Networkでは、個人投資家のみなさんだけでなく、ファンドやFXブローカー、証券会社、銀行など、Liquidity Providers(リクイディティプロバイダー)・LPが、オークション形式で、売買の注文が合致すれば注文は即座にコンピューターによってマッチングし、約定していきます。

オークション形式の特徴として、海外FX初心者の方々の、売り注文に対して、買い注文があれば、スピーディーにマッチングして行きますが、 反対注文の割合数が少ない場合マッチングできないで、決済しない可能性もあり、ECN方式が100%の完成形ではないともいうことができます。それを補うためにSTP方式も存在価値はある程度示しています。

更にECN方式では、板情報でFX市場の様子などチェックしながらトレードをおこなうことができます。 一方でSTP方式では、ブローカーの中で注文が処理されるため、板情報を確認することは出来ません。 板情報があれば海外FX初心者の方々が100%勝てるということではありませんが、どのレートで指値・逆指値の注文を出しておけば約定されやすいかを板情報で把握することができ、大いに勝ちに役立てることができるでしょう。

STP方式と、ECN方式には、取引手数料にも違いがあります。 ECN方式では、 純粋に注文を出したトレーダー・金融機関どうしの価格差がスプレッドになるので、基本スプレッドを狭くすることができますが、別途取引手数料が徴収されることになります。ThinkForexのプロ口座は3ユニット / 1ロット (片道)の取引手数料を、 プレミアム口座では、0.2 Pipsの低スプレッドを実現していますが、取引手数料は貿易量に応じて変化し徴収されます。

ECN方式はインターバンクで注文が自動的にマッチングされ、取引手数料を徴収する余地がないから、必然的にそのような形になり、それもECN方式の透明性の証拠として考えることができます。STP方式では、 海外FX初心者の方々が、ドル円100円で買い注文を出し、 ドル円99円の売りと安易にマッチングさせてしまえばFX会社の取り分がなくなってしまうから、 意図的に、トレーダーにドル円98円のレートを提示して、FX会社の利益をもたらし、それがいくらだか判らないというのも、STP方式の不安材料です。

GEMFOREXは、実際にはECN方式なのに、それほどスプレッドが狭いと感じないかもしれません。 海外FX会社を比較して水準程度ではあるようですが、特にGEMFOREXでは、ECN方式なのに、取引手数料無料を実現していることも注目したいポイントです。※GEMFOREXのノースプレッド口座は、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

スプレッド競争が過熱している背景

いま、FX会社に注目をすれば、非常にスプレッド競争が過熱して、国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料無料というのが当たり前の傾向にもなって来ました。海外FX会社でも低スプレッド競争に参戦する会社もありますが、海外FX会社の場合、スプレッドが、会社の利益なので、それほどまでに低スプレッドを実現してしまって大丈夫なのでしょうか。他にいくらでもキャッシュポイントを持つことが出来る国内FX会社と対決しても仕方ないのです。

そのために、海外FX会社では、お客様に勝ってもらうためのサービスをいろいろと提供できなくなってしまうリスクもあり、倒産危機だって安易に迎えてしまうかもしれません。GEMFOREXでは、そのような過熱するスプレッド競争には不参加と言っています。

GEMFOREXは、一面的にスプレッドだけでFX会社を評価する風潮にNGと言っているのです。スプレッドだけの視点で見つめて行っても、決して優良のFX会社を見つけることができません。GEMFOREXは、FX会社を総体的な目を見つめ、約定力、サポート体制に力を入れて、スプレッドの広い面をカバーしているともいうことができます。 GEMFOREXに、更にいろいろなメリットを追求してみましょう。

GEMFOREXの魅力は、EA無料提供サービスから始まった会社なので、 何と言っても無料のFX自動売買ソフト(EA)が使い放題なことです。国内FX会社に目を向ければ、かなり高額の自動売買ソフトが多いので、まさにGEMFOREXの対応は、業界を震撼させたほどです。 のべ1500を超える自動売買ソフトが登録され、3か月に1回の審査によって、成績不振のソフトは非公開となります。常時成績のいいEAが150前後公開されています。GEMFOREXでは、「ダウンロードの数」と「成績順」ごとに人気ランキングを掲載し、今一番パフォーマンスが良いEAがどれか、海外FX初心者もすぐにチェックすることができます。

最大「1000倍のハイレバレッジ」で「追証なし」というのも、国内FX会社と比較して大きな魅力です。高レバレッジはリスクではなくチャンスです。GEMFOREXでは、オーダー執行率は100%がほぼ実現出来ており、0.78秒で99.79%の約定を公式ホームページで公言しています。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ