勝手に海外FX会社のFinFXとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のFinFXとFX口座の取引手数料比較してみました。

FXをこれからスタートしようと思ったとき、まずはどこのFX会社でトレードするかを考えることになります。そのときには海外FX会社も選択肢のひとつとして考えてみましょう。

最初からいきなり海外FX会社では幾分不安もあり、慣れてから海外FX会社にシフトすればいいと思う人もいます。しかし慣れればこのまま国内FXでいいやという安易なモチベーションも生まれてしまうことでしょう。

国内FX会社と海外FX会社はタイプも全然違うものと考えてください。国内FX会社はレバレッジ規制があるため、最大でも25倍までしかレバレッジをかけることはできません。しかし、海外FX会社なら400~500倍ものレバレッジでFXトレードを行なう事が可能です。(GEMFOREXは1000倍)用意する証拠金が少なくて済み、国内FX会社に慣れる前に、いきなり海外FX会社で本格的FXトレードも方法ではないでしょうか。

更に、初心者の方々は、FX取引するうえで、コストに注目する必要があります。FXのコストといえば、取引手数料だけでなくスプレッドもです。そこで国内FX会社において、「低スプレッド」、「取引手数料無料」という広告があれば、かなり注目してしまうかもしれません。ただしそこに「落とし穴」が存在しているかもしれませんので、もっと深くFX会社のメカニズムに注目する必要があります。

私達が考える取引コストとは、FX会社の利益なのです。そもそも低スプレッド、取引手数料無料では、FX会社は運営をしていくことが出来ないのですが、実際に国内FX会社はそうではありません。

そこで注目しなければならないのは、国内FX会社が採用しているOTC(DD)方式というシステムです。ディーリングデスク方式とも言われている、OTC(DD)方式は、トレーダーの注文はインターバンクに直接注文されるわけではなく、一度FX会社が全て注文を決済をする方法です。

個人投資家のみなさんの注文と、FX会社は相反した関係にあり、注文を通す、注文を通さないと言うことがプロフェッショナルなるディーラーの裁量で簡単に出来てしまうのです。 そこでは、自由に負けそうなら注文は通さない【呑み】の行為がおこなわれているのです。

OTC(DD)方式において、実際に自分自身の注文が通っているか否か、闇の中という感じであり、そのような場所で、初心者の方々も、果たして気分よくトレード出来るのでしょうか……。

国内FX会社は、ほとんどOTC(DD)方式を採用しているから、低スプレッドを実現することが出来てしまっているのです。スプレッド以外に顧客とのトレードというキャッシュポイントを持っているからそのようなことが出来てしまうのです。実際に国内FX会社で勝っている人たちもいます。ただしそのような人たちは少数であり、そのまま勝たせておいても、初心者の90%の負けトレーダーに反対売買を入れれば充分の儲けポイントなど見つけることが出来ます。

国内FX会社では更に相場が急変動しているとき、リスクが高い相場の場合など、リクオートして注文をはじき、リスク回避することもできてしまうのです。そもそも、何で国内FX会社がOTC(DD)方式に偏りを持っているのかといえば、日本人の個人投資家のみなさんがあまりにも注文方法を重視しないからではないでしょうか。海外FX会社はそうではなく、多くの個人投資家が注文方法まで、チェックしているからなかなかOTC(DD)方式を採用出来ない現実があります。

海外FX会社FinFX スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社FinFX スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社FinFXの口座タイプはMicro口座とECN口座、ECN Pro口座です。FinFXのMicro口座は、NDD方式(STP方式)という方法を採用しています。まずここでOTC(DD)方式とNDD方式を比較します。

NDD方式とは、ノーディーリングデスクであり、ディーラーを通さずトレーダーの注文はそのままインターバンクにて決済する方法であり、海外FX会社の多くが採用している方法です。 FX会社では一切トレーダーの取引に関わりを持たず、スプレッド(ECN方式の場合は取引手数料も)からの手数料だけがFX会社の儲けです。

ここではOTC(DD)方式のような顧客とFX会社の利益が相反しない関係があり、とてもクリーンな取引が出来ます。NDD方式はスプレッドが利益なので、個人投資家のみなさんに勝ってもらって、トレード回数を増やして欲しいと願い続けているシステムなのです。

NDD方式は、OTC(DD)方式と比較してスプレッドが広めという感じもありますが、業者がそこしか儲けの糸口を見つけられないというのなら仕方がないのではないでしょうか。ストップ狩り、不利なスリッページ、故意のレート変更、故意のリクオート、故意のシステムダウンと言ったリスクもNDD方式には存在せず、海外FX初心者の方々も、気持ち良くFXトレードと向きあうことが出来ます。

FinFXのスプレッドは以下の通りです。

EUR/USD0.4
EUR/GBP1.3
USD/JPY0.7
GBP/USD1.1
GBP/JPY1.4
EUR/JPY1.3
USD/CHF1.1

海外FX会社GEMFOREX スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREX スプレッド 取引手数料比較

今度は、GEMFOREXのスプレッド、取引手数料に注目してみましょう。先ほど、FinFXの注文方法を、NDD方式として紹介をしましたが、正確に言えばFinFXのMicro口座は、STP方式であり、他のECN口座、ECN Pro口座はECN方式です。そして、GEMFOREXには、オールインワン口座と、ノースプレット口座があり、両方ともECN方式です。

STP方式も、ECN方式も同じNDD方式の種類のひとつなので、大きく違うということはなく、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いことには間違いはありません。ただし、FinFXのMicro口座のSTP方式では、個人投資家のみなさんの注文はそれぞれFX会社が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流されるのですが、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについて実際に証されている訳ではありません。ひょっとしたらカバー先は存在しているの……という気持ちも、時として起こる可能性があります。

もしかしたらマーケットメイカーかもという疑惑を抱けば、やはり勝ちのタイミングを逃がしてしまうかもしれません。そこで注目して欲しいのは、GEMFORE、FinFXの採用するECN方式の方です。

ECN方式の注文方法ではトレーダーの注文は直接インターバンク(電子商取引所(個人投資家、ファンドから、銀行、他FXブローカー、大手LPまで多くの参加者の注文が集中する場所))に流されて行きます。注文は即座にコンピュータでマッチングし、オークション形式を取ります。

参加者の注文はそれぞれ「板情報」として追加されます。個人投資家のみなさんは板情報をチェックし「どのくらいの価格でどのくらい注文がでているか……」を考えながらトレードをすることが出来ます。

ECN口座ではインターバンクのスプレッドを直接引っ張り、最小0.0pipsからの激狭スプレッドも実現することが可能です。ただし、ECN方式は基本別途取引手数料がかかります。そのとき、海外FX初心者の方々は、ならば取引手数料のないSTP方式がいいと考えるのかもしれませんが、単にSTP方式は「スプレッド」の中に、カバー先が提示した元のスプレッドとFX会社が上乗せした手数料が含まれているものであり、その割合がどの程度なのかが判らないのです。STP方式では、「元のスプレッド+業者が受け取る手数料」という曖昧な構造が、暗黙のうちに許されているのです。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは以下の通りです。

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3
EUR/CAD 3.7
EUR/JPY 2.0
EUR/USD 1.4
EUR/ZAR 338.0
GBP/AUD 6.0
GBP/USD 2.5
GBP/NZD 9.0……

これを見てGEMFOREXのオールインワン口座は、ECN方式なのに ややスプレッドが広めと思ったのではないでしょうか。実際にそうなのですが、ただし、国内FX会社には及ばないのかもしれませんが、海外FX会社のスプレッドの標準が、1.2銭から1.9銭なので、GEMFOREXは、海外FX業者と比較して幾分狭い水準とは言えます。そもそも国内FX会社に及ばないのは、国内会社が、OTC(DD)方式を採用しているからであり、他にキャッシュポイントを見つけることが出来るからです。

他にGEMFOREXにはノースプレッド口座があります。ノースプレッド口座は若干利用制限はありますが、ここならドル円0.0pips~の低スプレッドの利用が実現出来ます。

ノースプレッド口座のスプレッドは以下の通りです。

USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド 0.3
EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3

スプレッド競争が過熱している問題

最近、FX会社において、多くのお客様を獲得しようと、低スプレッドなど競争が起こっている問題をやや警戒して見ていく必要があります。多くのFX初心者の方々が、スプレッドに注目するから、FX会社でも低スプレッドにすれば、口座開設してもらえると調子に乗ったりしてしまうのです。

低スプレッド自体は魅力的なのかもしれませんが、そこにはリクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したり、更にFX会社は儲けのために他のキャッシュポイントを見つけていかなければなりません。ですから、敢えて低スプレッドなのが優良FX会社とは言えないので、タイトなスプレッドであることも大事であり、FXの安定した取引環境を、充実したサービスバランスを提供してくれるFX会社を探すべきではないでしょうか。

GEMFOREXは敢えて、低スプレッドは現実的ではないとし、快適なサービスバランスを目指し、低スプレッド競争に不参加表明をしています。

ECN方式の別途取引手数料は別というのも、ECN方式の透明性のあらわれとして考えることが出来ますが、海外FX初心者の方々は出来れば、取引手数料がない方がいいと考えるでしょう。サービスバランスの考えのひとつとしてGEMFOREXは、ECN方式なのに取引手数料が無料なのです。最近では、ECN方式を採用するFX会社が増えて来ていますが、取引手数料無料の会社はなかなか見つけられないのではないでしょうか。

GEMFOREXの特典・キャンペーン・ボーナスにも注目する

国内FX会社とは違い、海外FX会社では想像もつかないほど太っ腹な特典を提供している企業もあります。GEMFOREXもそのひとつのFX会社であり、FX自動売買ソフト(EA)を無料で使い放題、オリジナルミラートレードサービス無料で使い放題など、提供しているサービスの多さでは、他のFX会社を圧倒しています。

更にGEMFOREXはレバレッジ1,000倍、FX業界最高水準のレバレッジ、非常に高い約定力と入出金のスピーディーさなどまだまだ海外FX初心者の方々におすすめしたいポイントがあります。

総合的に判断するという意味では、それぞれFX会社でおこなわれているキャンペーン・ボーナスなどに注目することも大事ではないでしょうか。GEMFOREXは、口座開設ボーナスに関して、平日であればほとんど毎日開催してくれており、新規口座開設で5,000円($50)、または10,000円($100)を口座にプレゼントしてもらうことが出来ます。もちろん利益は条件なしで出金できます。GEMFOREXではデモトレードも海外FX初心者の方々に用意してくれていますが、デモで仮の体験をするのでなく、ボーナスを使ってリアルトレードを本気でしてみることがおすすめです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ