勝手に海外FX会社のFXCMとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のFXCMとFX口座の取引手数料比較してみました。

これからFXトレードをしようとしているFX初心者の方々は、OTC(DD)方式を知っているでしょうか。日本語でサポートをしてくれている国内FX会社に依存していることは楽と感じるのかもしれないですが、“不正操作の温床”とも言われています。 ネットでは段々とそのようなことが囁かれているのにも関わらず、95%近くの人たちが、依然OTC(DD)方式でトレードを続けている実態も明らかになっています。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

FXトレードをするにあたり、「取引コスト」に注目することはとても大事です。おおかた、FX初心者の方々は、スプレッドと、取引手数料が取引コストだと思い、国内FX会社の提供している、低スプレッド、取引手数料無料の条件にかなり魅了されているはずです。しかし、本当にそれで安心してFXが出来るのか、FX会社の仕組みを追求しなければなりません。海外FX会社のほとんどで採用しているのは、NDD方式という注文方法であり、個人投資家のみなさんが、注文方法にまで拘りを持つから、OTC(DD)方式を採用すること自体、許してもらえないのです。個人投資家のみなさんが、のうのうと国内FX会社で、仕組みのことを知らずFXに向きあっている構図こそが、国内FX会社をただ甘やかせてしまっていたのです。

OTCは、Over-The-Counter取引を略したものです。DD方式ということもあり、Dealing-Deskを略したものであり、相対取引、店頭取引といった意味を持ちます。 Dealing Deskとは、FX会社の中に机が存在しているという意味です。 つまり、OTC(DD)方式とは、トレーダーの注文をFX会社が一旦処理する方式のことを言います。 DD方式は、相対取引、店頭取引という意味からも、FXトレーダーとFX会社が1対1で取引をしています。

そこでは、FX会社が、インターバンク市場のレートを参考にしつつ、独自のレートをトレーダーに提示していきます。 ここに、大きな落とし穴が存在し、個人投資家のみなさんが得をすればFX会社が損をして、個人投資家のみなさんが損をすれば、FX会社が得をする関係があります。そもそも、FX会社は、営利目的の民間企業なので、FX会社自体儲けるために存在しています。もちろん負けようとするはずはありませんので、凄腕のディーラーを投入して、あの手この手を使って、FX初心者を負けへと追いやろうとします。

OTC(DD)方式ではトレーダーの注文をFX会社が受けとり、そこから先、インターバンク市場に注文を出すこともあり、出さないこともあります。 注文を出さないことでそこに利益相反の関係が成立してしまうことになります。以前、金融庁がFX会社のリスク管理状況など一斉調査をしたところ、4社に1社はカバー率がわずか30%だったということです。 トレーダー取引とカバーのタイムラグがあり、カバー取引を実施すべきか自ら判断をして、カバー取引をしなければそのまま相場リスクを背負い込むことになります。

そのとき、知らず知らず、リスク管理費用の支払いをさせられているのは、FX初心者たちです。 国内FX会社の利益は、スプレッド、取引手数料だけでなく、スリッページ、ストップ狩り、リクオート、約定拒否によってもたらされているから、低スプレッド、取引手数料無料など簡単に実現出来てしまっていたのです。

国内FX会社でも勝つ人たちがいます。しかし、FXトレードで負けに追いやられている90%が、一年以内のFX初心者と言います。 FX初心者は、負けるものと思った方がいいでしょう。 OTC(DD)方式では、プロディーラーは、10%の安定して勝っているトレーダーには便乗し、90%の負けているトレーダーには反対売買を入れれば、充分に儲けることが出来てしまうのです。

まさに、これから安易に国内FX会社に飛びつこうとしているFX初心者の方々は、国内FX会社のいいカモなのです。 それでも、国内FX会社で勝てると思っている人たちは、もう少し経験を積んでからにしてみてはどうでしょうか。

今回、海外FX会社をクローズアップし、FXCMとGEMFOREXのスプレッド、取引手数料無料など比較をしてみました。

海外FX会社FXCMの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社FXCMの場合 スプレッド 取引手数料比較

NDD方式は、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入しない方法です。 NDD方式は、No Dealing Deskノーディーリングデスク方式を略した言葉であり、ディーラーを通さずトレーダーの注文はそのままインターバンクにて決済されていきます。

FX会社側で一切トレーダーの取引に関与しないため、スプレッドからの手数料のみが収入源として考えることが出来ます。 顧客とFX会社の利益が相反しないから、NDD方式においてはいい関係が作られます。

つまり個人投資家のみなさんが儲かって多くの取引をしてくれれば、海外FX会社は手数料がたくさん入り儲かる仕組です。 複数のカバー先と契約をして、それぞれからもらうレートで一番スプレッド差の小さい為替レートを個人投資家に提供し、低スプレッドを実現しています。

カバー先銀行が提示するレートが、インターバンク市場に近いレートであり、NDD方式は、インターバンク直結型とも言われています。 「買い注文」と「売り注文」を、複数のカバー先銀行から最良のレートを提示し、場合によってはマイナススプレッドが発生することもあります。

NDD方式は、OTC(DD)方式と比較すれば、透明性が高く、海外FX初心者の方々が、安心してトレード出来る方法です。NDD方式は、更にSTP方式とECN方式という方法に分けることが出来ます。同じ、NDD方式なので、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いのは言うまでもありませんが、STP方式は、顧客の注文はそれぞれFX会社が提携しているLPなどのカバー先に流され、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについて明かされていないことにやや不安があります。

カバー先について明らかにしているFX会社は少数なので、本当にカバー先が存在しているかも不安に思うことがあります。 一方で、ECN方式は、注文の送付先が、個人投資家やファンドから銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中する電子商取引所(インターバンク)であり、売買の注文が合致すれば、即座にコンピュータによってマッチングされます。 オークション形式で、自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合は即座にマッチングされます。

更に、ECN方式では、それぞれの注文を板情報としてチェックすることが出来、どのくらいの価格でどのくらい注文が出ているかを把握しながら、FXトレードをおこなうことが出来ます。板情報があれば、海外FX初心者の方々も、100%勝つということではありませんが、情報は多ければいいのはいうまでもありません。

STP方式と、ECN方式を更に比較していけば、より透明性が高いのは、ECN方式です。 もしかしたらマーケットメイカーかもと思いながらトレードをしていても、海外FX初心者の方々は、みすみす勝ちのタイミングを逃してしまうことにはなりはしないでしょうか。OTC(DD)方式でも、STP方式でも勝つ人たちはいます。しかし、FX初心者だからこそ、一番リスクの少ない方法で、FXトレードと向きあうべきです。

ECN方式は、一般的には、最小0.0pipsからの激狭スプレッドを実現し、その代わり、別途取引手数料がかかります。そのとき、海外FX初心者の方々は、ややスプレッドが広くても、STP方式の取引手数料無料がいいと思うかもしれません。しかし、そのスプレッド自体、カバー先が提示した価格にFX会社の利益となる手数料が上乗せになったものであり、単に「スプレッド」としてあらわされているため、カバー先が提示したもともとのスプレッドとFX会社が上乗せした分の手数料割合がどの程度なのかが判りません。

ECN方式では業者の取り分となる取引手数料とスプレッドが別々に表記されているため、取引コストの内訳が明確であり、ここにも、ECN方式の透明性が反映されていると考えることが出来ます。

海外FX会社FXCMのスタンダードおよびアクティブトレーダー口座は、18のCFD商品と39の通貨ペアを提供しています。現在、海外FX会社FXCMでは、取引ごとに手数料を徴収するモデルへと急速に移行している最中といいます。 ※楽天証券はFXCM日本法人のFXCMジャパンの時に、TS口座でNDD方式を採用していたのですが、2016年9月17日にサービスが終了、楽天証券では、NDD方式は廃止され、OTC(DD)方式になっています。

手数料が有料か無料かどちらが先進かといえば、もちろん取引手数料有料のECN方式の方が先進であり、どんどんSTP方式からECN方式へと移行するFX会社も今後どんどん増えてくることでしょう。 手数料制の口座を提供している限りFXCMが優良企業であることはほとんど間違いないと考えていいでしょう。しかし、楽天証券に吸収された今後のことを考えると、注文口座に拘りを持たない日本人を相手にして、今後、どのような道を辿っていくのか不安な点はあります。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXのオールインワン口座は、海外FX初心者の方々が、安心して向きあうことが出来るECN方式です。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、 USD/JPY 1.3 CHF/JPY 2.6 AUD/NZD 3.6 AUD/USD 2.0 EUR/AUD 3.3……、と言った幅であり、ECN方式なのに ややスプレッドが広めと感じたのではないでしょうか。

GEMFOREXのスプレッドは国内FX会社には到底及ばないですが、海外FX会社のスプレッドの標準が、1.2銭~1.9銭あたりなので、海外FX会社と比較して幾分狭い水準とは言えます。もちろん国内FX会社に及ばないのは、国内会社が、OTC(DD)方式を採用しているからであり、他にいくらでも儲けポイントを見つけることが出来るからです。※他にGEMFOREXにはノースプレッド口座があります。利用制限はありますが、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

それでもまだ個人投資家のみなさんは、出来れば取引手数料無料がいいと未だ考えているのではないでしょうか。実はGEMFOREXは、ECN方式なのに、取引手数料無料を採用している、数少ないFX会社なのです。

GEMFOREXは、スプレッド競争に参加していない

GEMFOREXではECN方式なのに、取引手数料無料なので、純粋利益のスプレッドが、やや高めなのは仕方のないことです。GEMFOREXもスプレッドによって運営するための利益を追求しなければなりません。

海外FX初心者の方々が、単に低スプレッド、取引手数料無料にとらわれる意識は決して正しくはありません。しかし、FX初心者は、それでも見た目のメリットを追ってしまうものです。GEMFOREXではFX初心者を取り込むための作戦である、低スプレッド競争に不参加を宣言しています。

FX会社も、いろいろあり、スプレッドを狭くするか広くするか、固定にするか変動にするかなど、スプレッドの意味もいろいろ変容しようとしています。 取引通貨数が増えるほどスプレッドが縮小するような仕組みを取りこんでいるFX会社もあります。多く取引する個人投資家ほどコストが下がるような仕組みであり、この方法によって他業者とのスプレッドを比較するために単純計算も出来なくなり、スプレッド競争が過熱化していく防止策になるかもしれません。

ただ単に、スプレッドに向きあうのではなく、FX初心者の方々が、見極めていかなければならないのは、リクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりする、様々な運営上のバランス調整が存在しない、タイトなスプレッドでありつつ、安定した取引環境を提供してくれる総合的サービスのバランスです。

GEMFOREXでは、無料で150種類以上のEAが使い放題でミラートレードも豊富、高速かつ安定した約定環境を持ち、追証なしのゼロカットシステム対応でハイレバレッジトレードでき、即口座開設、取引までの所要時間がたった約3分、かつ、日本人トレーダーを意識した出入金方法・サポート体制を実現しています。

海外FX初心者の方々も、このようなことをチェックして、総合的に評価をしたいものです。更に、GEMFOREXでは、豪華なボーナスキャンペーンを期間限定で実施中です。ついこないだまで、口座を開設するだけで証拠金20,000円をプレゼント中でした。キャンペーンは期間限定なので終了してしまうこともありますが、GEMFOREXならすぐに次の魅力的なキャンペーンがはじまるでしょう。

海外FX会社の中には他にも未入金ボーナスを提供しているところもありますが、口座開設しただけで2万円ももらえるところはそれほど多くはありません。入金額の○○%がもらえるボーナスや、口座を開設するだけで未入金でももらえるボーナスなど様々なキャンペーンもチェックして、海外FX初心者の方々にとって一番メリットの大きなFX会社を選択してください。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ