勝手に海外FX会社のOrbex(AFBFX) とFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のOrbex(AFBFX) とFX口座の取引手数料比較してみました。

FX初心者の方々は、どのFX会社を選択すればいいか正しい見極めは出来ているでしょうか。ポイントは、取引コストでしょうか。

いま、国内FX会社の「低スプレッド」「取引手数料無料」に注目して口座開設する傾向が高いようですが、それは決して正しい選択ではありません。

国内FX会社で採用している注文方法はOTC(DD)方式、海外FX会社の多くが採用しているのは、NDD方式です。FX初心者の人たちも、取引コストとともに、FX会社の仕組みにまで触れて、会社の選択をする必要があります。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

国内FX会社の多くで採用しているOTC(DD)方式は、相対取引とも言われる方法であり、顧客の注文すべてをインターバンクには流さないシステムです。FX初心者たちは、スムーズに注文が流れていると思っているのかもしれませんが、FX会社の中には凄腕のディーラーがいて、 顧客の注文状況から社内全体のポジションを見まわして、必要ならばインターバンクに注文を流すスタイルを取っています。ディーラーのいるディーリングデスクを持っているから、Dealing Desk・DDなのです。

FX会社の中には、一切顧客の注文を流さないようなところもあると聞きます。それはまさに、「呑み業者」です。利益相反している関係なので、FX会社は、FX初心者のみなさんをなんとしても負けさせようと、あの手この手を使って挑んで来ます。しかし、FX初心者は別に注文を出したあと出来ることなど何一つ存在はしていません。

国内FX会社で、勝つ人たちもいますが、所詮は、10%程度の人たちでしょう。ほとんどの人たちは、国内FX会社でおどらされているだけです。すべての注文が「呑み」でないとしても、そのようなFX会社で、安心してトレードを続けることができるでしょうか。

嫌な気分になれば、選択肢は海外FX会社の方です。今回ここでは、海外FX会社をクローズアップし、勝手にOrbex(AFBFX)とGEMFOREXのスプレッド、取引手数料など比較してみました。

海外FX会社Orbex(AFBFX)の場合 スプレッド、取引手数料比較

海外FX会社Orbex(AFBFX)の場合 スプレッド、取引手数料比較

そのままFX初心者の人たちが、国内FX会社に留まっていても、ディーラーの手腕で、レートずらしや、ストップ狩り、意図的なシステムダウン、更に、マリー(注文同士で相殺させる)などの、あらゆる手を使って負けへと追いやられてしまうことでしょう。

Orbex(AFBFX)のユニバーサルミニ口座・ユニバーサルスタンダードアカウント・ユニバーサルアドバンスドアカウント口座で採用している注文方法は、NDD方式です。 NDD方式は、No Dealing Desk・ノーディーリングディスクという意味であり、FX会社のディーラーを介さずにインターバンク市場直結の取引をするシステムのことです。

NDD方式は、OTC(DD)方式のような、ディーラーの裁量によるアンフェアな取引を全く排除したシステムです。 FX会社は、ディーラーを介さず、個人投資家たちとインターバンクを繋ぐ仲介業者的役割に過ぎないと考えていいでしょう。海外FX初心者の人たちの注文は、カバー先に直結して、電子的に執行されていきます。 国内FX会社のような裁量が入る余地がないから、FX会社の利益は、スプレッドのみということになります。

Orbex(AFBFX)が、国内FX会社と比較して、スプレッドが広めという感じでも、それが会社の利益となり運営されているため、ある程度は仕方ないと考えるべきでしょう。 国内FX会社は、他にキャッシュポイントを持っているから、いくらでも低スプレッドを実現することができます。敢えて言えば、個人投資家たちからいちいちスプレッドを徴収する必要もないのです。

NDD方式では、個人投資家のみなさんが取引するだけスプレッドで稼ぐことができるので、常に勝って欲しいというスタンスを持ち続け、ここには国内FX会社のような相反する関係はありません。

Orbex(AFBFX) や、ほとんどの海外FX会社では、共通のMT4などプラットホームを使用していますが、国内FX会社はそうではありません。多くの国内FX会社では、オリジナルのプラットホームを使用していたりしますが、独自でいじることができるプラットホームを使用し、スプレッド以外のキャッシュポイントを作り出すためです。

OTC(DD)方式はごくごく日本流の注文方法とも考えることができ、海外ではほとんど採用していない現実があります。それは、国内にいるFX初心者の方々が、あまりにも注文方法に無頓着であり、国内FX会社に、OTC(DD)方式を使うことを許してしまっているに過ぎないのです。海外FX会社に向きあう個人投資家のみなさんは、もっと厳格に注文方法をチェックしているから、OTC(DD)方式など使用することを許してもらえないのです。 国内FX会社は、ほとんどがOTC(DD)方式を使用しているから、それが当たり前と思って、注文口座を追求しようというモチベーションもFX初心者にはないままです。

国内FX会社では、あまりにも儲けすぎている個人投資家のみなさんは、口座凍結されてしまうという噂も囁かれていますが、嘘ではありません。実際にFXで負け続けている人たちはそのままでいいのですが、 数千万~数億円の利益を上げた個人投資家に対しては、そのまま勝たせておけば、FX会社が存続の危機を迎えることになります。スキャルピング禁止というのも同じ理由からです。

実際に、スプレッドが利益というのなら、スキャルピングは大歓迎のはずですが、国内FX会社はそうではありません。スキャルピングをしたいのなら、やはり選択肢は、海外FX会社です。

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

Orbex(AFBFX)のユニバーサルミニ口座・ユニバーサルスタンダードアカウント・ユニバーサルアドバンスドアカウント口座は、NDD方式なのですが、正確に言えばSTP方式です。Orbex(AFBFX) のECN標準口座、ECNアドバンスドアカウント口座、そしてGEMFOREXのオールインワン口座で採用しているのはECN方式です。STP方式も、ECN方式もNDD方式の種類の一つなので、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いのは間違いありません。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

STP方式では、厳密に言えばトレーダーの出した注文はブローカーを経由して行きます。STP方式では、注文の行き先は、やや操作されていると考えた方がいいかもしれません。STP方式は、 カバー先のレートを考慮して、一番トレーダーが有利になるようなレートを提示しているカバー先に自動で注文を流すシステムとされています。

ドル円100円でトレーダーが買い注文を出した場合では、ドル円102円・ドル円104円・ドル円98円という買い注文があれば、 トレーダーにとって有利な、ドル円98円と約定することになります。

ただし、顧客の注文はそれぞれ業者が提携しているLPのカバー先に流れていきますが、カバー先でどのように注文がマッチングされるかについてははっきり明かされていません。カバー先について明らかにしている業者はごく少数で、カバー先が存在しているのかも疑惑があります。

GEMFOREXのオールインワン口座のECN方式では、そのような疑惑も起こる余地はなく、海外FX初心者たちの注文はブローカーを経由しないで、大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出す大量の注文が集まる電子取引ネットワークへとストレートに流れます。

国内FX会社では、低スプレッド推しの傾向がありますが、海外FXでは、現在、ECN方式推しの傾向があります。それは、ECN方式が、一番安心して、FXトレードに向きあうことができるためです。ECN方式では、個人投資家のみなさんと、 大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家双方が得をする形で、「オークション形式」が取られます。

ドル円100円でトレーダーが買い注文を出せば、電子取引所には、ヘッジファンド:ドル円101円・機関投資家:ドル円103円・大手金融機関:ドル円99円と言った売り注文が集まり、 双方にとってメリットが大きいのは、 ドル円99円で売り注文との約定です。そのとき買値と売値の差額の1円がスプレッドです。

ECN方式は、純粋に注文を出したトレーダーと金融機関双方の価格差がスプレッドになので、基本、狭いスプレッドが特徴なのですが、別途取引手数料が取られることになります。Orbex(AFBFX) では、0.8ピップの低スプレッドをここでは実現しています。ただし、ECN標準口座では、$ 10の手数料、ECNアドバンスドアカウンでは手数料は$ 6かかります。

取引手数料に抵抗があれば、STP方式を選択することになるかもしれませんが、STP方式のスプレッドは、 カバー先のレートを引っ張ってくる時に、そのレートにはFX会社の取り分の利益を上乗せしています。STP方式の場合では、ドル円100円で買い注文を出した場合、ドル円99円の売り注文とマッチングすればFX会社の取り分がなくなってしまうため、 トレーダーにドル円98円のレートを提示し、利益にする操作はおこなわれています。それではいくら取引手数料に取られているのかも、なかなか判断することができません。

ECN方式では、「板情報」もチェックすることが出来て、 価格やどのくらいの注文がインターバンクに集まっているかを見ることができます。 板情報で逆注文が多い価格帯で発注し、注文がマッチングされない事態を回避することが出来ます。

ただし、ECN方式が完全ということでもありません。ECN方式では、取引の流動性がある市場ならば、トレーダーの注文は即座に約定されますが、 注文量が少ないと、いつまで待っても約定しないこともあります。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッド幅は、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3

あたりなので、海外FX会社のスプレッド、1.2銭~1.9銭の水準程度です。※ノースプレッド口座は、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

ただし、ここでGEMFOREXの注目するべきポイントは、ECN方式なのに取引手数料無料を採用している点です。

FX会社を選択する時のポイント

いま、FX会社では、低スプレッド競争が過熱しています。それは、低スプレッドにすぐによろめき口座開設しようと考えるFX初心者が多くいるからです。海外FX会社でも低スプレッドを実現しているところもありますが、会社の利益なのに、低スプレッドを実現することには無理があります。低スプレッドなのはいいですが、それを実現したためにお客様に勝ってもらうためのいろいろなサービスが提供出来なくなる恐れはないでしょうか。無理に低スプレッド競争に参戦したため、会社が倒産してしまうかもしれません。そのために、海外FX会社のイメージ全体が悪くなってしまうことも充分に起こります。

スプレッドに注目することも大事ですが、もっと、俯瞰した目で、総体的判断をしてFX会社の決定をしていかなければならないのではないでしょうか。GEMFOREXでは、低スプレッド競争には不参加宣言をしています。スプレッドを広めに設定しても、約定など、取引条件で改善していかなければならないことがあるからです。 GEMFOREXでは、プラスして、リクオートや約定拒否の追放宣言をしています。

海外FX初心者の方々が、100円ちょうどで買い注文を出したというのに、 約定価格が100円2銭だったというのなら、 2銭スリッページが発生したことになります。約定するのはいいですが、不利な価格で約定しないようにということも、配慮しなければどんどん損失が膨らんでしまうばかりです。

一般的には、 約定率が高いほどスリッページが発生しにくく、低いFX会社は、すべりやすいと言われています。ただし、約定率が高くてもすべる時はあります。FXトレードには、急な相場変動によるリスクもあり、 過去、スイスフランショックの時などでは、 取引停止になったり約定拒否が多発したりした経験があります。 約定率が100%のFX会社だとしても、そのような急変にはなかなか対応は出来ず、 約定拒否やスリッページなどが起こる可能性はあります。

他には、 FX業者のサーバー処理能力に左右されるリスクがあります。低スプレッドを実現するばかりに、 処理能力が低いサーバーに依存してしまっているFX会社も存在しているかもしれません。 逆に大量の注文を捌けるサーバーのFX会社なら、指値で注文が通って、余分なコストを支払う必要もなくなります。

FX初心者の方々は、低スプレッドがいいというかもしれません。しかし、総括すれば、低スプレッドのFX会社は、約定率が低い傾向がリアルにあらわれています。スプレッドがやや高いということは、FX会社の資金力が高いということであり、 サーバー増強に、充分見合う資金を投入出来るということです。国内FX会社でも、実際には、個人投資家の人たちを負けさせておき、大いに潤っているものの、サーバーの処理能力が高いとは決していうことができません。GEMFOREXでは公式ホームページにおいて、「オーダー執行率100%を保証」「0.78秒以内に99.78%約定」ということを公言しています。

FX業界最高峰の約定率でFXトレードが実現!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ