勝手に海外FX会社のMyfxMarketsとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のMyfxMarketsとFX口座の取引手数料比較してみました。

国内FX会社が「低スプレッド」、「取引手数料無料」だったりすることで、安易に口座開設しようとする人たちがいるようですが、FX初心者が注目しなければならないのは、上辺の問題ではなく、FX会社の持つ仕組みについてです。

国内FX会社では、ほとんどがOTC(DD)方式という注文方法を採用しています。 OTC(DD)方式では、 顧客の注文が確実にインターバンク市場のカバー先に届くとは限りません。顧客の注文がカバー先に届く前に、一度FX会社が配置している凄腕ディーラーが決済してしまうことがあります。

OTC(DD)方式を採用しているFX会社は、いわゆる「呑み業者」です。 顧客の注文を自社のシステム上だけで処理し、問題なのは顧客が負ければ、それがFX会社の利益となってしまうことです。 国内FX会社が、注文を呑む行為が、顧客と逆のポジションをもっているのと同じ意味合いになるからです。国内FXが勝つためには、ストップ狩り・レートずらし・約定拒否・故意のシステムダウン・故意のスリッページということが当たり前に起こっています。

海外FX会社では、ほとんどの会社がNDD方式を採用しています。 それは、顧客とインターバンクの間にディーリングデスクを挟まないで、顧客の注文はそのままインターバンクに流すシステムです。 海外FX初心者の方々にとって、クリアで公正な約定方式はNDD方式の方です。

いま、FX初心者の方々には、もっと海外FX会社と向きあい、その中からベストなFX会社を選んで欲しいのです。今回、勝手に、 MyfxMarketsと、GEMFOREXのスプレッド 取引手数料などを比較してみました。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

海外FX会社MyfxMarketsの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社MyfxMarketsの場合 スプレッド 取引手数料比較

国内FX会社では、 あまり利益をあげ過ぎている個人投資家たちは、口座が凍結されてしまい、追い出されてしまう可能性があります。国内FX会社で実際に口座凍結されるのは事実であり、対象者は、スキャルピングをしている個人投資家であり、 エントリーから決済までを数秒で完了させる、「秒スキャ」を得意としている人たちです。

それも、OTC(DD)方式を採用している国内FX会社は、高回転スキャルピングを行うと、ディーラーのカバーが間に合わずFX会社が損失を被ってしまうからです。顧客が、損をし続けているのなら問題はありませんが、スキャルピングで利益を出している顧客は、口座凍結のリスクを背負っています。スキャルピングをしたいと思っている人たちは、最初から海外FX会社の選択がいいでしょう。

海外FX会社MyfxMarketsのstandard口座で採用しているのはNDD方式という注文方法です。NDD方式は、 No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)を略したものであり、 ディーリングデスクを挟まないで、顧客の注文をそのままインターバンクに流すシステムです。MyfxMarketsでは、そこにディーラーが介在する余地がないため、MyfxMarketsの利益は、スプレッドです。顧客が勝とうが、負けようが関係はありません。というよりもMyfxMarketsでは、海外FX初心者の方々に、勝って取引回数を増やして欲しいと考えています。そのために、海外FX会社では、お客様が勝つためのいろいろなサービスを提供してくれているはずです。MyfxMarketsと、海外FX初心者とは、 取引すればするほどMyfxMarketsが稼ぐことができるため、WIN・WINの関係が成立しています。

MyfxMarketsを含めて、海外FX会社では、基本、MT4など共有するプラットホームを使用していますが、国内FX会社の多くは、独自のオリジナルプラットホームを使用しています。その理由も、顧客を負けへと追いやるために、独自のプラットホームなら、いろいろ操作出来るためです。

ここまでの話しで、国内FX会社は使用すべきではないかもという気持ちになって来たのではないでしょうか。FXトレードに慣れてから、海外FX会社に挑戦しようと思っている人たちもいるかもしれませんが、大事なのは、FX初心者の方々が、まず選択すべきFX会社です。国内FX会社でも勝つ人たちはいますが、所詮は、10%程度であり、90%の個人投資家たちが、負けへと追いやられると言われています。もちろん餌食は、FX初心者の人たちです。

海外FX会社は、それほどスプレッドが低いとは感じないかもしれませんが、海外FX会社では、スプレッドこそが利益なので、ある程度広めなのは仕方ないことです。まさに、スプレッドが広いのが、ピュアなFX会社である証拠です。MyfxMarketsのStandard口座では、0.6pipsのスプレッドを実現しています。

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

MyfxMarketsのstandard口座で採用しているのはNDD方式の中でもSTP方式です。MyfxMarketsの PRO口座や、GEMFOREXのオールインワン口座では、ECN方式を採用しています。STP方式も、ECN方式も、NDD方式の種類の一つなので、OTC(DD)方式と比較して公平なトレードをおこなっていることはいうまでもありません。

STP方式は、正確に言えば、 注文をどうやって処理するかにブローカーの思惑は関係はありませんが、トレーダーの出した注文はブローカーを経由し、ブローカーが注文をカバー先の金融機関とマッチングさせていきます。カバー先のレートを考慮して、1番トレーダーが有利になるようなレートを提示しているカバー先に自動で注文を流すシステムなのですが、 そこでは注文の行き先を操作していると考えた方がいいかもしれません。

いま、海外FX会社の中でも、ECN方式推しの傾向があると言われています。ECN方式では海外FX初心者の注文はブローカーを経由しないで、ストレートに電子取引ネットワークに流されていきます。電子取引ネットワーク・インターバンクとは、 ヘッジファンドA:ドル円101円。機関投資家B:ドル円103円。大手金融機関:ドル円99円といった売り注文が集まる場所です。

ECN方式では、オークション形式で、 双方の注文を出したトレーダー・機関がもっとも有利になる価格で注文が自動マッチングしていきます。ECN方式では、純粋に注文を出したトレーダー・金融機関同士の価格差がスプレッドになるので、STP方式と比較してもスプレッドを狭くすることができますが、 スプレッド自体に業者の取り分が含まれてないので、別途取引手数料を徴収することになります。MyfxMarketsのPRO口座では、0.1pipsのスプレッドを実現していますが、プラス$7/1LOTの取引手数料を支払いする必要があります。

一方でGEMFOREXのオールインワン口座では、それほど、スプレッドは、低いとは感じないかもしれませんが、取引手数料無料を実現しています。(※ノースプレッド口座では、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0平均 スプレッド 0.3 )

STP方式は、取引手数料無料だからいいと考えるのも間違いであり、 海外FX初心者の方々が、ドル円100円で買い注文を出したとき、意図して、ドル円99円・売りではなく、 円98円のレートを提示し、 1円のブローカーの利益を中で徴収しています。

更にECN方式では、「どのくらいのレートにどのくらいの量の注文が入っているのか」を「板情報」でチェックしてFXトレードが出来るのもメリットとして考えることができます。 板情報からは「売り注文>買い注文」を知ることができ、 「供給>需要」によって、通貨ペアのレートが下がるといった予測をたてることができます。

ただし、ECN方式の場合では、市場の注文量が少ないと約定に時間がかかる場合があります。平日の午前中など取引量が結構少ない時間帯では、 無理に注文をマッチングさせようとするばかりに、スプレッドが広がってしまうこともあるかもしれません。 STP方式にECN方式と比較してメリットがない訳でもなく、約定しにくいデメリットを補うために誕生したとも言われています。

海外FX会社の正しい選択の仕方

いま、FX会社では、低スプレッド競争がかなり過熱している様子です。国内FX会社では、他にキャッシュポイントをいくらでも持つことができるから、いつでも低スプレッド、取引手数料無料を実現することができ、敢えていえば、スプレッドなどを徴収する必要すらありません。

海外FX会社でもFX初心者の方々に、口座開設をして欲しいから、低スプレッドを実現しようとするところを見かけることがありますが、そのために、FX初心者の方々に、勝つためのサービスが提供出来なくなることはないでしょうか。海外FX会社では、スプレッドが利益そのものなので、国内FX会社のスプレッド競争に参戦して、下げること自体に無理があります。挙げ句には、海外FX会社が倒産してしまうリスクもあり、全体的に海外FX会社に悪いイメージを植え付けてしまうことになります。

GEMFOREXは、そのような流れに対してはっきりとNOと言っているのです。FX初心者の方々も、FX会社を、もっと俯瞰した目で見て、スプレッドだけでなく総合的判断をして決めていかなければなりません。低スプレッドなどは、大事であっても判断材料の一つにしか過ぎないのです。

低スプレッドを実現しても、リクオートやスリッページがあれば意味はないのではないでしょうか。GEMFOREXは、低スプレッド競争不参加宣言をしています。もっとGEMFOREXで注目して欲しいのは、約定力の高さです。GEMFOREXでは、 公式ホームページで「0.78秒以内に99.79%の約定率」と言い切っています。

低スプレッドで、約定力の高い海外FX会社なら、GEMFOREX以外に見つけることができるかもしれません。 MyfxMarketsも、そのような海外FX会社の一つです。MyfxMarketsでは、ロンドンやNYなどのシステム大国に安定したサーバーを設置して、高い約定力を誇る海外FX会社の一つであり、サーバーが安定していてスリッページ率も低いと言われています。

海外FX会社は、損失リスクが高いなどと評判がネットで出回り、まずは国内FX会社からと考える人たちもいます。この損失リスクが高い問題ですが、 GEMFOREXでは、1000倍ものレバレッジを使用でき、そのようなリスクが指摘されることも多々あります。海外FX会社GEMFOREXを利用すれば、1万円で1,000万円に相当する10万ドルを購入することができます。利益として、ドルの価格が1円上がれば10万円を見込むことができますが、リスクは、 1円の値下がりがおきれば10万円を損失してしまうことです。

一見海外FX会社は、国内FX会社と比較してリスクが高いという言い方は、あっているような感じがします。しかし、 海外FX会社の多くには、ゼロカットという損失リスクを限りなく最小限に留めてくれるシステムがあります。ゼロカットシステムは、口座の中の残高がマイナスになったときに証拠金の追加入金を求めないシステムです。残高がマイナス15万円になってしまったとしても、ゼロカットのシステムがあれば、 マイナス金額の弁済が請求されることがありません。

国内FX会社と比較をして、海外FX会社のスプレッドは、 一般的に1.5銭前後と決して低いとは言えないかもしれません。FX会社を決めるとき、「取引コスト」も大事なポイントの一つです。しかし、それほど、広めのスプレッドは批判されるべき対象でしょうか。なぜなら多くの海外FX会社では、数十倍のレバレッジをゼロカットという保証のある環境で使用することができるためです。多少広いスプレッドを支払いしたとしても、トレードの利益は、国内FX会社よりも大きくできるので、FX初心者の方々が、低スプレッドにばかり注目する姿勢にも問題があります。

MyfxMarketsを見れば、レバレッジは、最大でも400倍止まりですし、追証ありです。(実際はこれまで追証になっても請求したことはないそうですが)GEMFOREXならばレバレッジは1000倍まで使用することができ、 万が一、証拠金残高(口座残高)がマイナスになってしまった場合でも、追証が発生する事がない為、安心してアクティブなレバレッジ運用を行う事が可能です。だから、FX業界NO.1の1000倍レバレッジも有効的に活かすことができます。GEMFOREXの魅力を更に追求しましょう。

GEMFOREXでは、口座を開設すればゲムトレードの約150種類のEAを無料で好きなだけ使うことができます。国内FX会社と比較して、海外FX会社では、海外FX初心者の方々に勝ってもらうためにキャンペーン・ボーナスに積極的と言われていますが、GEMFOREXはまさに、キャンペーン・ボーナスに関してもトップリーダーという感じです。GEMFOREXでは期間限定で様々なボーナスキャンペーンを実施しています。口座開設するだけで、証拠金20,000円をもらうことができるというのは、なかなか他で見つけることができないのではないでしょうか。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ