勝手に海外FX会社のForex.comUKとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のForex.comUKとFX口座の取引手数料比較してみました。

FX初心者の方々も、長くトレードで勝つために、取引コストという面でも、FX会社を比較してみる必要があります。取引コストといえば、一般的にはスプレッドと、取引手数料のことです。 最近国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料無料のところが多くあり、ついFX初心者の方々は、そのようなFX会社で口座開設しようという気持ちが起こってしまうかもしれません。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREX

国内FX会社は、 もちろん日本語サポート完備だとしても、注意しなければならない問題点があります。それを知るには、FX初心者の方々も、FX会社の仕組みまで理解することが必要です。

国内FX会社のほとんどが採用している注文方法はOTC(DD)方式です。Over The Counterという方法では、直接インターバンクにつなげるのではなく、顧客からの注文を直接に業者が決済します。 トレーダーとインターバンクの間にFX会社の腕のいいディーラーが入っている状態です。

国内のFXトレーダーは長く続けている人たちでも、OTC(DD)方式を知らないという人たちもいます。国内はOTC(DD)方式が当たり前なので、あえてOTC(DD)方式を業者がいちいち説明する必要がなかったのです。 本来のスプレッドとはインターバンク市場における「売値(BID)」と「買値(ASK)」の差分のことで常に変動するものです。 インターバンクと直接つながっていない国内FX会社の提示するものは、リアルな為替レートとは違い、FX会社独自に設定したものです。

国内FX会社では、ディーリングデスクが存在し、 「顧客対ディーラーの取引」、「ディーラー対カバー先金融機関の取引」との間でワンクッションあり、「個人投資家」と「FX会社」との「相対取引の関係」があり、出した注文がそのままインターバンクに流れていくという訳ではありません。国内でFXに熱中している人たちは、FXトレードは、当然、世界中の投資家たちが同じリングに立って戦っているものと思っていたのかもしれませんが、実際にはそうでないのです。

海外FX会社では、多くがMT4を利用していたりしますが、国内FX会社が、わざわざ自社チャート・プラットフォームを用意して来たりするのも、ある意味では仕組みをブラックボックス化する手段ではないかとも言われています。

国内FX会社が、みなさんに低スプレッド、取引手数料無料を提供してくれていたとしても国内FXは充分儲ける方法が他に存在しているのです。OTC(DD)方式は、顧客の注文を【呑む】ことが出来、顧客同士の注文を相殺することが出来、 小口注文なら一定の量がたまるまでカバーしないことも出来ます。

国内FX会社は、個人投資家のみなさんが利益を上げるとそのまま損失になってしまうのです。それゆえ凄腕のディーラーが張り切って 80~90%以上の投資家たちが損失を出しているとも言います。 国内FX会社で絶対に勝つことが出来ないという訳ではなく、国内FX会社で儲けを出せる実力のある少数の投資家たちがいます。そのような投資家は、国内FX会社でもちろん問題ないと思っているでしょう。

国内FX会社では、「弱肉強食の世界」が展開しているのです。国内FXでは、少数の実力のある個人投資家のために、FX初心者の方々は、ほとんどが餌食になってしまっているのかもしれません。 どこに問題があるのかといえば、FX初心者の方々が、国内FX会社に留まり、海外FX会社に見向きしないからです。国内の方々が、注文方法にまで拘りを持たないから、つい国内FX会社もOTC(DD)方式のままでいいという考えに及んでしまうのです。 次では、海外FX会社Forex.comUKとGEMFOREXのFX口座の取引コストを比較してみます。

海外FX会社Forex.comUKの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社Forex.comUKの場合 スプレッド 取引手数料比較

Forex.comUKには、standard(MT4)・mini(VT)・standard(VT)という注文方法があります。standard(MT4)で採用しているのは、 NDD方式の種類のひとつであるSTP方式です。ほとんどの海外FX会社ではこの方法が使われています。

STP方式は、ストレート・スルー・プロセッシングの略で、個人投資家のみなさんから受けた注文を海外FX会社が他の銀行、LPなどのカバー先に流す仕組みのことを言います。注文はそのまま流されて執行され、スプレッドからの手数料のみが収入源です。ここには、 業者と顧客の「利益相反」の関係がありません。STP方式を採用している会社は、スプレッドが利益なので、海外FX初心者の方々にはFXトレードに勝ってどんどんトレードの回数を増やして、手数料を支払いして欲しいと思っています。

Forex.comUKのスプレッドは

EUR/USD1.6

EUR/GBP2.8
USD/JPY1.6

GBP/USD 2.5
GBP/JPY5
EUR/JPY2.5
USD/CHF 2.2 です。

国内FX会社と比較してやや高いと感じるのかもしれませんが、海外FX会社Forex.comUKも事業運営をしていかなければならないので、この程度のスプレッドは仕方ないと考えるべきです。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

NDD方式には、STP方式以外にECN方式があり、GEMFOREXのオールインワン口座・ノースプレット口座はECN方式です。NDD方式は、個人投資家からの売買注文を、FX会社が受けずに、直接カバー先の金融機関に発注する方式のことをいい、STP方式もOTC(DD)方式と比較をして透明性が高い方法なので、悪いということではありません。

ただしForex.comUKの採用しているSTP方式では、トレーダーの注文は、一度ブローカーに届き、LPなどのカバー先に流れますが、注文がどのようにマッチングしているか明確にされている訳ではありません。明らかにしている海外FX会社はごくごく少数であり、カバー先が実在しているかも疑問になることがあります。

一方、GEMFOREXで採用しているECN方式は、直接インターバンクと呼ばれる電子商取引所(個人投資家やファンドから、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中する場所)に流されていく方法です。注文は即座にコンピュータによってマッチングされて、オークション形式をとり、自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合、即座にマッチングされます。(逆に自分の注文に対して反対注文の割合総数が少ない場合はマッチングしないで決済しないこともあります) ECN方式では、参加者の注文はそれぞれ板情報という追加されて、海外FX初心者の方々は、板情報を参考にして、FXトレードをしていくことが出来ます。

STP方式の場合は、カバー先が実在しているのかについても怪しい業者があると言いますので、海外FX初心者の方々も、安心してトレードが出来ない場合もあるかもしれません。 もしかしたらマーケットメイカーかもという疑いをもちながらFXをしてもやはり勝ちのタイミングを逃がしてしまうものではないでしょうか……。STP方式が悪いとも言っている訳ではありませんので、FXトレードに慣れてくれば、みなさんそれぞれが、正しい選択をすればいいのですが、はじめての方々は、出来る限りストレスのない状態でFXトレードをするため、一番透明性の高いECN方式を選択するべきです。

ディーラーの介入する余地を全く排除出来る仕組みが唯一ECN方式なのです。 ECN口座ではインターバンクのスプレッドを直接引っ張ってくるため、最小0.0pipsからの激狭スプレッドを実現出来ます。そのかわりに別途取引手数料がかかりますが、そのこともECN方式が透明性を誇る証しと考えることが出来ます。

そのとき取引手数料がかかるから、取引手数料無料の、STP方式がいいと思うのかもしれませんが、STP方式は、スプレッドの中に、 FX会社の利益となる手数料が上乗せされています。 それを単にスプレッドというだけでは、カバー先が提示したもともとのスプレッドと業者が上乗せした手数料の割合がどの程度なのかが判らないです。STP方式で、「スプレッドだけ」という広告があったとしても、 もともとのスプレッド+業者が受け取る手数料というルールが既に成立してしまっているのです。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3
EUR/CAD 3.7……。

GEMFOREXのスプレッドをチェックしてみれば、それほど低いという感じはありません。GEMFOREXは到底国内FX会社には勝つことが出来ませんが、国内FX会社は、何度も言いますが、他にOTC(DD)方式というキャッシュポイントを持っているから、低スプレッドが実現出来るのです。GEMFOREXは海外FX業者と比較してそれでも幾分狭い水準にはなっています。

他にGEMFOREXにはノースプレッド口座があります。ここではドル円0.0pips~の低スプレッドが利用出来ます。

ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 。

ECN方式は、別途取引手数料がかかるケースがほとんどなのですが、GEMFOREXは取引手数料が無料です。ECN方式で、取引手数料無料というFX会社は、なかなか見つけることが出来ないのではないでしょうか。それも、GEMFOREXが選ばれる理由のひとつです。

GEMFOREXは、低スプレッド競争に参戦しない

海外FX初心者の方々が、1ドル100円を保有している場合、1ドル101円まで上がったら注文を入れれば1円利益が確定出来ます。しかし、約定しようと思えば、拒否されてしまったり、100円で提示されてしまうことがあります。リクオートとは約定拒否や注文とは違うレートで提示されることを言います。

リクオートが起これば、もちろん思い通りFXトレードすることが出来ないですし、利益確定をすることが出来ないから、スプレッドが高いFX会社よりも実際に損していたということがあります。リクオートを取引コストとして考えない人たちも多いですが、海外FX初心者の人たちは特に、リクオートが少ない会社を選択するようにしたいものです。 そのとき、やはり国内FX会社はスリッページやリクオートを発生させることでコストの回収をおこなう可能性がある(約定力の高さを売りにしている国内FX会社もあります)から、相当ハードルは高いと考えるべきです。

一方、海外FX会社がどうかといえば、 STP方式の場合は、カバー先の金融機関が約定拒否をすることでリクオートが発生してしまう可能性はあります。海外FX会社ならリクオートがなくて安心という人たちもいますが、そうではなく、本当に安心なのは、電子通信ネットワークを用いた取引であり、個人トレーダーだけでなく、ファンドやブローカー、金融機関などの売買注文がマッチングするECN方式です。

みなさんの多くが、低スプレッドとあれば、すぐに注目してしまうから、様々なFX会社で、口座開設をして欲しいから、低スプレッド競争が過熱しています。 しかし低スプレッドだとしても、 リクオートが潜んでいたり、約定拒否が発生したりしたら、全く意味がないのではないでしょうか。

FX初心者の方々は、見かけの問題だけでなく、もっとFX会社の内面を見つめていかなければなりません。低スプレッドがいいFX会社なのではなく、タイトなスプレッドでありつつも、約定拒否やスリッページが発生せず、安定した取引環境を提供するFX会社が優良FX会社なのです。

トータルのサービスバランスを注目してFX会社を選択するべきではないでしょうか。そのような意味で、みなさんにおすすめなのが海外FX会社GEMFOREXなのです。 GEMFOREXは、ボーナス・キャンペーンにもかなり積極的です。様々な視点から総合的な判断をしてみましょう。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ