口座が複数ある場合の確定申告の仕方を教えて!

口座が複数ある場合の確定申告の仕方を教えて!

FXの口座は開設数に上限がありません。別々の業者に口座を開いたとしても、何ら問題がないのです。

海外FXにおいても、複数の口座で取引を行っている方はいます。特に海外FXはMT4で自動売買できますので、複数口座を併用するトレーダーは一般的と言えます。例えば裁量トレード用・自動売買用と使い分けておけば、取引時に混同せずに済むでしょう。

しかし、複数の口座に分けた場合は確定申告がやっかいな問題となります。口座が1つの場合、その口座の損益だけ計算すれば良いからです。もし使い分けている方は、早めの確定申告の準備が必要になるでしょう。

税金のことも丁寧にご説明!GEMFOREXで口座開設!

全口座の損益をまとめて確定申告を行う

全口座の損益をまとめて確定申告を行う

複数の海外FX口座を解説している場合、確定申告の際は全口座の損益を合算して申告する必要があります。例えばA社で100万円、B社で50万円の利益を得た場合、2つを合わせた150万円を雑所得として申告します。

全部合算する必要があるため、取引口座数が多いほど手間がかかります。仮に自動売買で5つ使い分けているなら、5つ口座の年間損益を計算しなくてはいけません。なお、申告漏れがあると追徴課税される場合ありますので、必ず全口座の損益を計算して申告しましょう。

損益通算ができる

ただし、海外FXは雑所得に分類されており、他の該当所得などと合わせて損益通算できます。例えばアフィリエイトなど副収入がある方は、それらと合わせて損益通算可能です。もしFXが50万円の赤字であっても、副収入で70万円の利益が出た場合、確定申告する雑所得は20万円で済みます。うまく使えば大幅に税金を抑えられるでしょう。

また、全口座の損益を合算する性質上、口座同士も自然と損益通算されます。仮にA社の利益が100万円、B社で110万円の損失が出た時は、最終的な損益が-10万円となります。損失が大きい時は、逆に所得税の還付を受けられる可能性もあるのです。確定申告は一定以上の利益が出た場合にのみ必要ですが、最終的に損失が出た時も確定申告すると良いでしょう。

確定申告時は円に換算しないといけない

確定申告時は円に換算しないといけない

海外FX口座の中には、ドル建て・ユーロ建ての口座もあります。しかし、円建て以外の口座で取引している方は注意しましょう。確定申告の際は、全て円建てで申告しないといけないからです。

ドルやユーロを円に換算すること自体は簡単です。ところが、最終損益を出す際は、各注文が約定した時点のレートを基にしないといけないのです。もし12月10日に約定した注文を12月31日のレートで計算した場合、実際の損益にかい離が生じます。円建て以外の口座で取引している方は、取引の明細を元に計算しましょう。

早めに準備を済ませておくこと

海外FXの取引は確定申告の対象です。しかし、複数の口座で取引していると、最終的な損益の計算に時間がかかります。特に円建て以外の口座を使っている場合、準備に相当の時間が必要でしょう。

確定申告は、毎年2月半ば~3月半ばまでの約1ヶ月が申告期間です。この間に済ませられるよう、年末の取引を終えたら早めに計算することをおすすめします。面倒なら翌年から取引口座数を減らすか、円建て口座に統一すると良いでしょう。

税金のことも丁寧にご説明!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ