勝手に海外FX会社のTITAN FXとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のTITAN FXとFX口座の取引手数料比較してみました。

最初にFX初心者が遭遇しなければならないのは、FX会社の決め方です。FX会社には様々な違いがあります。

国内FX会社では、OTC(DD)方式という注文方法を採用しています。一方海外FX会社のほとんどではNDD方式という注文方法です。

FX初心者の方々は、注文方法のことなど何も知らず、ただスプレッドや、取引手数料の取引コストに注目していたのではないでしょうか。それは、一面的見方に過ぎません。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

「低スプレッド」「取引手数料無料」の国内FX会社に魅了されて、すぐに口座開設しようという思いは正しくありません。そのモチベーション自体が、既にFXトレードの負け組です。

国内FX会社で使用しているOTC(DD)方式は、中でディーラーの介入があり、顧客と、業者が利益相反の関係になる仕組みです。ディーラーが、中で何をしているのかといえば、個人投資家のみなさんの注文を、自分たちの業者が儲かるように処理をしています。もうはじめから、ここには顧客が負けやすい取引方法の仕組みがあります。

おおかたFX初心者の方々は、顧客の注文が確実にインターバンク市場のカバー先に流れているものと信じてFXトレードをしているのでしょうけど、ここでは凄腕ディーラーが立ちはだかり、決済してしまう【呑み】行為がおこなわれています。

OTC(DD)方式を採用しているFX会社で取引をおこなっても、まるで、ディーラーの手の平でおどらされているような感じです。全部の注文が呑まれているということではありませんが、不安な状態で取引をしていてもやはり勝ちへと結びつけることはなかなか出来ないです。

FX初心者の方々が負ければ儲かる仕組みなので、レートずらしや、ストップ狩り、意図的なシステムダウン、マリーなどの手法で、FX初心者を負けへと追いやろうとします。

国内FX会社は悪徳業者ではありませんので、勝つ個人投資家もいるでしょうけど、所詮は、全トレーダーの10%程度であり、その中にFX初心者の方々が入ることが出来るとはとても考えがたいです。

FX初心者だから、FX会社の仕組みについてはあとあと知ればいいという思いは間違いです。初心者だからこそ最初に知らなければならないことです。

日本のFXトレーダーには、OTC(DD)方式、NDD方式という言葉自体知らない人たちが多くいますが、まさに、そのような人たちが餌食となり国内FX会社は潤っています。

NDD方式の海外FX会社は、比較的スキャルピングに寛容ですが、国内FX会社では、スキャルピングにとても厳しい傾向があります。それはなぜなのでしょうか。それもOTC(DD)方式が関係していたのです。OTC(DD)方式を採用すれば、スキャルピングのような超短期売買が大量におこなわれると、凄腕というものの、ディーラーの処理が到底追いつかなくなってしまい、顧客を負けさせる余裕がなくなってしまうことになります。ですから挙げ句には、利益分の没収、出金拒否、口座凍結という最悪の事態に陥ることがあります。

海外FX会社TITAN FXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社TITAN FXの場合 スプレッド 取引手数料比較

スキャルピングも、基本歓迎しているのは、NDD方式を採用している海外FX会社です。取引の回数がデイトレやスウィングトレードと比較して桁違いに多くなるから、スプレッドを稼ぐことが出来るためです。

国内FX会社の規約では禁止事項として、「短時間での注文を繰り返し行う行為」と言った記載を見つけることがありますが、短時間での注文を繰り返し行う行為の意味は、まさに、ここは呑み業者であり、ディーラーが対応出来ないからスキャルピングは禁止ということです。

TITAN FXで採用しているのは、NDD方式です。 OTC(DD)方式と比較して、NDD方式は海外FX初心者の方々にとって公平な取引と考えていいでしょう。NDD方式とは、No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)を意味して、そのまま、ディーラー不在という意味です。ここでは、海外FX初心者の出した注文は、FX会社を通過して、直接インターバンク市場のカバー先へと流れて行きます。

基本、海外FX会社の立ち位置は、顧客の注文が流れていくのを見送るだけです。国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料無料を売りにして、FX初心者に口座開設してもらおうと意欲的ですが、OTC(DD)方式と比較して、スプレッドは広めです。

そもそも、OTC(DD)方式は、利益相反の関係であり、顧客が負ければ負けるほど、業者の利益になるので、スプレッドなど狭くしても全く問題はありません。低スプレッドを実現しても、国内FX会社は、いくらでも他にキャッシュポイントを見つけることが出来ますが、海外FX会社はそうではありません。 海外FX会社のキャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドのみということなら、ある程度スプレッド広めも寛容に見てあげる必要があります。

最近では、スプレッド競争も過熱気味で、参加する海外業者も多くありますが、参加したため、他のサービスをお客様に提供出来なくなってしまうリスクもあります。

海外FX会社にとって大事なのは、お客様を勝ちへ導くための諸々のサービス提供です。中には、経営が悪化して倒産してしまう海外FX会社も登場してしまうかもしれません。

そもそも、スプレッド競争が過熱する背景には、FX会社の仕組みについてあまりにも無関心な日本人トレーダーが多いせいです。海外FX会社が、何で、OTC(DD)方式を採用しないのかといえば、多くのFXトレーダーがFX会社の仕組みに厳格な目を持ち向きあうために、OTC(DD)方式を使用することを許してもらえないせいです。

ただしTITAN FXは、海外FX会社の中でも、スプレッド競争に参加して、かなりの低スプレッドを実現しています。 TITAN FXのスタンダード口座のスプレッドは、

米ドル円 1.33pips(平均値)
ユーロ円1.74pips(平均値)
ポンド円2.45pips(平均値)
豪ドル円 2.12pips(平均値)

あたりです。

TITAN FXは優良FX会社と言われていますので、かなり頑張っている会社ともいうことが出来ますが、今までお話ししたことも参考にして、口座開設するようにしましょう。

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

NDD方式は、更にSTP方式とECN方式に分けることが出来ます。TITAN FXのスタンダード口座は、STP方式であり、GEMFOREXのオールインワン口座やTITAN FXのBLADEZERO口座はECN方式を採用しています。

STP方式は、トレーダーの出した注文はブローカーを経由する方法です。ただし、STP方式は、ブローカーがカバー先の金融機関とマッチングさせる仕組みなので、注文をどうやって処理するかにブローカーの思惑は関係はないものの、注文の行き先を操作していると考えた方がいいかもしれません。

海外FX初心者が、ドル円100円で買い注文を出せば、ドル円102円・ドル円104円・ドル円98円というカバー先の買い注文があり、それぞれにとって都合のいいトレード、ここでは、ドル円98円に流れて行きます。

STP方式は、OTC(DD)方式と比較すれば透明性が高い方法であることは間違いがありませんが、各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされていないという点では若干不透明要素もあります。本当にカバー先が存在しているのかについても疑念が残ったままトレードをするよりは、ECN方式の選択が正しいのではないでしょうか。

GEMFOREXのオールインワン口座で採用しているECN方式は、注文はブローカーを経由せずに、直で大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出した大量の注文が集まる電子取引ネットワーク(インターバンク)に流れる仕組みです。

FX初心者がドル円100円でトレーダーが買い注文を出した場合には、インターバンクには、ヘッジファンド:ドル円101円・機関投資家:ドル円103円・大手金融機関:ドル円99円と言った売り注文が集まり、双方に有利な価格で注文が自動マッチングします。

ただし、ECN方式は、自動マッチング処理なので、反対注文が届かないと約定されないこともあります。約定されないでインターバンクで迷子になっている注文をブローカーのカバー先に流すため、STP方式が誕生したとも言われていますが、果たしてみなさんはSTP方式と、ECN方式どちらを評価するでしょうか。

ECN方式では、更に、板情報で、FX市場の様子をチェックしながら、FXトレードをおこなうことが出来ます。板情報で、どのレートで指値、逆指値の注文を出せば約定されやすいかを確認することが出来、ある程度予測に役立てることが出来ます。板情報で絶対に勝てるということではありませんが、海外FX初心者にとって、勝つための材料が多い方がいいのは言うまでもありません。

STP方式と、ECN方式にはスプレッドにも違いがあります。 ECN方式では、純粋に注文を出したトレーダー・金融機関同士の価格差がスプレッドだから、低スプレッドが実現出来ます。 ただしそこには、FX会社の取り分が含まれていないので、別途取引手数料を徴収することになります。

中には、取引手数料無料のSTP方式がいいという人たちがいるかもしれませんが、STP方式のスプレッドは、レートに業者の取り分を上乗せしたものであり、いくら取引手数料が取られているか判らない不快感があります。別途取引手数料を取ること自体が、ECN方式の透明性の高さのあらわれです。

TITAN FXのECN方式は、

米ドル円 0.33pips(平均値)
ユーロ円 0.74pips(平均値)
ポンド円 1.45pips(平均値)
豪ドル円 1.12pips(平均値)

のスプレッドを実現し、まさにSTP方式・ECN方式共々低スプレッドです。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッド幅は、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3

あたりなので、それほど狭いという感じではありません。海外FX会社のスプレッド、1.2銭~1.9銭の水準程度です。 ※GEMFOREXのノースプレッド口座なら、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(USD/JPY 最少 0.0平 均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0平均 スプレッド 0.3 )

ただし、TITAN FXの場合では、別途取引手数料として、

米ドル円1.03pips(平均値)
ユーロ円1.44pips(平均値)
ポンド円2.15pips(平均値)
豪ドル円1.82pips(平均値)

が徴収されます。

GEMFOREXはECN方式なのに、取引手数料は無料です。ここもGEMFOREXをおすすめしたい理由の一つです。

どの海外FX会社を選択すればいいか

海外FX初心者の方々が、低スプレッド、取引手数料無料に注目するのもいいですが、それは一面的見方です。もっとトータルな目で、FX会社を総合的判断してみましょう。

GEMFOREXは、トータルで判断した時、充分みなさんの選択肢になりうる海外FX会社です。

GEMFOREXはもともと「ゲムトレード」というEAを提供する会社です。GEMFOREXを選択すれば 約150種類のEAを無料で使用することが出来ます。仕事で忙しい人たちも EAに任せておけば、FX取引のための時間を作る必要はありません。海外FX初心者も「勝つEA」、「人気のEA」をここで見つけてみましょう。

FXミラートレードは、サーバー型のFXシステムトレードツールで、希望のストラテジーを選択するだけで、VPSも、メタトレーダー(MetaTrader)も必要なく、まるで鏡に映したかのようにプロのトレーダーやEAの売買システムを利用できます。

更に口座残高が50万円以上なら、VPS(仮想サーバー)が無料で使用することが出来ます。VPSサーバーを使用すれば、パソコンの消耗を押さえながらMT4やEAを24時間稼働させっぱなしも可能です。

更にGEMFOREXにはリクオートや約定拒否もありませんし、隠れマークアップ(スリッページ)もなく海外FX初心者の方々もストレスなくFXトレードに向きあうことが出来ます。0.78秒以内に99.79%の約定率がGEMFOREXの売りです。何しろGEMFOREXはお客様に勝ってもらうためのいろいろなサービスを提供しています。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ