口座開設前のFX基礎講座「FXのリスクと対処法」

口座開設前のFX基礎講座「FXのリスクと対処法」

FXは短期間で大きな利益が出せる投資です。海外FXだと高いレバレッジをかけて取引できるため、国内のFXに比べるとハイリターンが期待できます。一方、FXはいろいろある投資の中でリスクが高いと言われ、FXのリスクを知ることは自分のお金を守ることにつながります。今回は、FXの主なリスクと対処法を紹介していきます。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

FXのレバレッジとロスカットのリスク

FXのレバレッジとロスカットのリスク

FXのリスクファクターとしてレバレッジが挙げられます。国内だと25倍に規制され、海外だと規制がないので1000倍を超えるレバレッジで取引できるFX会社もあります。レバレッジは資金以上の取引ができる仕組みで、1万円の資金でも100倍のレバレッジなら100万円の取引が可能です。小さな値動きでも大きな利益を生めますが、反対に損失も大きくなります。損失が大きくなると、ロスカットの可能性が高まります。

ロスカットは、口座の証拠金が一定額を下回ると取引が強制終了する仕組みです。FXは含み損が出ていても、値動きを待つことで利益に転ずることがあります。しかし、ロスカットで決済されてしまうと、そこで損失が決定して資金を失います。レバレッジに比例してロスカットの目安となる必要証拠金は下がるため、高いレバレッジだとロスカットした後に残る資金は少なくなります。

ロスカットのリスク対処法として有効なのは、複数のポジションを保有することです。ロスカットするシーンとして多いのは、予想していた値動きと違う値動きをした場合です。10万円の資金なら10万円を一つの通貨ペアに投資するのではなく、三つの通貨ペアに2万円ずつ投資して、さらに余った4万円は保険として置いておくと安心です。

マージンコールは慎重に考えよう

資金がロスカット値に近づくとマージンコールがかかり、追加金を預けてロスカットを防ぐようFX会社から促されます。保険としてお金を置いておけば、マージンコールに応えられるでしょう。ただし、激しく値動きしているときは証拠金を追加で入金してもロスカットは避けられません。望みがない場合はマージンコールに応えるのではなく、損切で即時決済させた方がよい場合もあります。

ロスカット絡みで気をつけたいのが追証です。値動きが激しいときは、ロスカット値で決済されず、口座の中がマイナスになって決済されることもあります。この場合、資金を失うだけでなくFX会社に追証としてマイナス分のお金が請求されます。ロスカットよりも怖いリスクですが、GEMFOREXのようにゼロカットシステムを導入し、追証がない海外FXもあります。この場合、追証がないFX会社を選ぶことで口座がマイナスになるリスクに備えられます。

為替変動のリスク

為替変動のリスク

FXは為替変動を利用して行う取引です。トレーダーは将来的にレートがどのように動くか予想をして注文します。為替変動は統計的なデータが役に立ち、テクニカル分析と言って過去の動向から将来の値動きを予測する手法も浸透しています。

予想できない値動きとして経済指標発表がありますが、発表されるタイミングは決まっているので、経済指標発表時を避けて取引することも可能です。しかし、テロや自然災害などが起こり、政情不安定になると予想もしない為替変動が急に起こって対応できないことがあります。通貨の価値は、国の経済事情に反映されますが、政情不安定は経済の先行きを不透明にします。不安感が為替変動につながるのです。

ポジションを持っているときに、値動きが利益側のベクトルであれば利益を一気に増やせます。しかし、激しい為替変動が起こる時は、上下に激しく値動きするので値動きに耐えられずロスカットする可能性もあります。テクニカル分析に頼り過ぎたトレード、自動売買取引に任せた取引をするほど、対処が遅れやすく為替変動で受ける損失は大きくなります。

為替変動のリスクに備える

予期せぬ有事に対してのリスクには、タイプの違う通貨ペアに分散投資が有効です。たとえばアメリカで有事が起こった場合に、アメリカの経済は先行き不安と見られ、ドルが売られます。円とドルのペアで見ると、円の価値が相対的に高くなるので円高になります。

ユーロとドルのペアで見ても、ユーロの価値が相対的に高くなるのでユーロ高です。ここで、円とドルのペアで買いポジション、ドルとユーロのポジションで売りポジションがあれば、円とドルのペアで大きな損失を出しても、ドルとユーロの通貨ペアは大きな利益を出します。損失を最小限に備えることができるわけです。

取引注文から為替変動のリスクに備えることもできます。その中でも逆指値はリスクに備える方法として優秀で、注文時に価格を指定し、その価格を基準に指定の価格まで下落すると売り、指定の価格まで上昇すると買いの指定が可能です。要するに、あらかじめ損切のラインを決め、そのレートに達したら自動的に決済させることができるわけです。急激な為替変動が起こっても、逆指値で注文を入れておけばロスカットにならず最低限のダメージで済みます。

スワップポイントのリスクに備える

各国によって金利は異なります。主軸通貨を発行している国は総じて低金利であり、新興国の金利は高い特徴があります。金利の低い通貨で金利の高い通貨を買えば、金利差が生まれて保有期間に応じてスワップポイントが獲得できます。

スワップ狙いのトレーダーは多くいます。ただし、金利は変動するリスクがあり、順調にスワップポイントの利益を積み上げていても、金利が変わって途中からスワップポイントがマイナスになる可能性もあります。純粋なスワップ狙いならポジションとして持っている通貨を発行する国の施策金利をこまめにチェックしておきましょう。スワップがマイナスになる場合は即時決済させることで、それ以上の損失を減らすことができます。

スワップ狙いのトレードは、金利変動よりも為替変動に気をつけなければなりません。スワップが高い通貨は値動きが大きく、高いレバレッジの運用をしているとスワップによる十分な利益の獲得の前にロスカットしてしまうことがあります。長期保有が基本となるため、レバレッジは引き下げて運用し、証拠金には余裕を持たせておきましょう。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ