勝手に海外FX会社のInstaForexとFX口座の取引手数料比較してみました

勝手に海外FX会社のInstaForexとFX口座の取引手数料比較してみました

FX会社は国内だけでなく、海外にもあります。FX初心者の方々は、やはり言語など壁もあり、国内FX会社からスタートしようとするモチベーションを持ってしまうものです。FXトレードに慣れたら海外FX会社も覗いてみようという気持ちはあるのかもしれませんが、大事なのは、最初です。

いままさにFX初心者が、国内FX会社のいい餌食となっている可能性があります。FXトレードに向きあう人たちが知らなければならないのは、FX会社の仕組みについてです。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

国内FX会社では、OTC(DD)方式という注文方法を採用していますが、長くトレードしている中にも、OTC(DD)方式が何か知らない人たちが多くいます。一方で、海外FX会社が使用しているものは、NDD方式なのですが、OTC(DD)方式だから勝てない、NDD方式だから勝てるといった方程式のようなものがここにはあります。

FXというものは、買った(売る)通貨が値上がったり(値下がり)すれば儲かるだけのものと安易に考えてはいけないものだったのです。 注目しなければならないのは、自分自身の出した注文の行方です。 もちろん、勝ちへと導いてくれるのは、公平な取引をしてくれているFX会社です。

全部のFX会社が、当たり前に、公平を維持してくれているのかと思えば、FX会社の仕組みを知ればすぐにそうでないことがわかります。国内FX会社では、中で意思的にディーラーが注文を処理しています。FX初心者の方々が、1万通貨ドル円の買い注文を出せば、スムーズに、1万通貨のドルを売りたいと思っている個人投資家に届くのかと思えば、大きな間違いです。

FX初心者は、個人投資家と向きあっているのではなく、立ちはだかる国内FX会社の凄腕ディーラーを相手にする羽目となり、個人投資家に届くも、届かないも、結果は凄腕ディーラー次第です。FX初心者の方々は、 単に、FXブローカーと取引をしているようなものかもしれません。

OTC(DD)方式とは、相対取引と言われる方法であり、FX初心者が勝てば、FX会社が大損してしまう仕組みを持っています。ここでは、【呑み】行為が、難なくおこなわれており、注文が流れるも、ディーラーの裁量次第で、まさにブラックボックスの環境にFX初心者は必然的に置かれることになります。

実際にOTC(DD)方式で勝っている人たちもいます。ただし勝ち組は、せいぜい全体の10%と言ったところです。90%はディーラーの裁量によって負けさせられることで、国内FX会社は大いに儲けています。FX初心者も10%に入る自信があれば、国内FX会社の選択肢もありかもしれません。

いま、FX初心者の方々が注目しなければならないのは、敢えて海外FX会社なのです。ここでは、勝手に海外FX会社InstaForexと、GEMFOREXのスプレッド、取引手数料など比較してみました。

海外FX会社InstaForex スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社InstaForex スプレッド 取引手数料比較

国内FX会社の多くは、低スプレッド、取引手数料無料をセールスポイントにして、FX初心者の方々を取り込もうと意欲的ですが、OTC(DD)方式を採用している以上、他に儲かるキャッシュポイントを持っているから、低スプレッドも訳なく実現することが出来ます。

そもそも、OTC(DD)方式を採用している会社は、低スプレッドといい、スプレッドを徴収すること自体、ボッタクリ感があります。OTC(DD)方式では、勝手にレートを操作されたり、ストップ狩りや、不利なスリッページ、故意のレート変更、故意のリクオート、故意のシステムダウンということが頻繁に起こります。本当にそのような場所で、安心してFX取引が出来るか大いに疑問視しなければなりません。

InstaForexには、Insta.Standard・Insta.Eurica・Cent.Standard・Cent.Euricaといった口座が用意されていて、MT4以外のものもあるようですが、基本、海外FX会社ではMT4という共有のプラットホームを使用していることも大きな意味があります。

MT4は、国内FX会社のような業者独自のプラットホームではありませんので、FX会社が勝手に中でレートを操作することは出来ません。国内FX会社が、独自のプラットホームを使用していることも怪しさを露呈していたのです。

InstaForexでは、NDD方式という注文方法を採用しています。NDD方式では、国内FX会社のような立ちはだかるディーラーの存在はありません。個人投資家の出した注文はそのまま、カバー先の金融機関(LP、リクイデティプロバイダー)やインターバンクへと流れて行くことになります。海外FXブローカーは、注文が決済出来るように手伝っているだけと考えていいでしょう。国内FX会社のように個人投資家をわざと負けへ追いやることはありません。

InstaForexは、スプレッドが 米ドル円とユーロドルが最小スプレッドで3Pipsあたりで、やや高め感がありますが、他にキャッシュポイントを見つけることが出来ないシステムから考えても仕方ないことです。InstaForexにおいても、スプレッドを徴収しない限り、会社を運営することが出来ません。InstaForexでは、海外FX初心者の方々が負けても一円の利益にもすることが出来ません。スプレッドがある程度広めというのも、FX会社が公平な取引をしている証しとして見ることが出来るのではないでしょうか。

InstaForexには、トレーダーが勝って継続的に取引してもらえれば、ブローカーも潤うWin-Winの関係があります。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較】

NDD方式は、更にSTP方式と、ECN方式に分類することが出来ます。STP方式も、ECN方式も、NDD方式の種類の一つなので、透明性が高い方法とはいうことが出来ます。

ただし、厳密に言えば、STP方式では、個人投資家の出した注文は、一度ブローカーを経由することになります。経由しブローカーに届く注文は、カバー先の金融機関とマッチングします。STP方式は、敢えて言えば、注文をどうやって処理するかにブローカーの思惑はないものの、注文の行き先を操作しているとは考えることが出来ます。

海外FX初心者の方々が、ドル円100円で買い注文を出した場合には、ドル円102円、ドル円104円、ドル円98円という買い注文が入れば、双方にとって都合のいい価格で約定し、ここではドル円100円の買い注文と、ドル円98円がマッチングします。

ただし、STP方式は、それぞれカバー先へは流れていくものの、実際に注文がどのようにマッチングされているか明確になっている訳ではありません。本当にカバー先が存在しているのか、ここでもブラックボックスの中にあり、FX初心者の方々が安心してFXトレード出来る環境がもたらされていないかもしれません。

カバー先が実際に存在しているか疑いながらFX取引をするよりも、GEMFOREXのオールインワン口座で採用しているECN方式を選択することが正しいのではないでしょうか。

いまGEMFOREXのような、ECN方式推しのFX会社が、海外には増えて来ていると言います。それは海外FX会社と向きあう個人投資家のみなさんが、注文方法に厳格であり、より公平な取引環境のFX会社を求めているせいです。

GEMFOREXのオールインワン口座のECN方式ではトレーダーの注文はブローカーを経由せずに、直で電子取引ネットワーク(インターバンク)に流されます。ここには、ディーラーの関与する隙はなく、注文を出したトレーダー・金融機関の両方が得するようなレートで約定されるように、オークション形式で自動マッチングしていきます。

海外FX初心者がドル円100円でトレーダーが買い注文を出した場合には、ヘッジファンドや、機関投資家などが出した売り注文、ドル円101円、ドル円103円、ドル円99円といったものと向きあい、双方の有利な条件で自動的にマッチングしていきます。

ECN方式では、純粋に注文を出したトレーダー・金融機関どうしの価格差がスプレッドなので、STP方式と比較して、スプレッドは狭め傾向ですが、別途取引手数料がかかることになります。

STP方式では、取引手数料無料なので、そちらがいいという思いもあるかもしれませんが、STP方式の場合、スプレッド自体に、取引手数料が含まれており、実際には、取引手数料がいくらかかっているのか判らない不透明さがあります。ECN方式が、別途取引手数料を摂取していることも、透明性のあらわれとして考えることが出来ます。

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッド幅は、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6

AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3

あたりで、それほど狭いという感じではありません。GEMFOREXのスプレッドは海外FX会社の水準程度です。※ノースプレッド口座では、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(USD/JPY 最少 0.0平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

ただし、GEMFOREXは、ECN方式であるにもかかわらず取引手数料無料で取引を実現しています。そこも大いにGEMFOREXが評価出来るポイントです。

InstaForexの場合、 基本、GEMFOREXと同様にECN方式を採用していると言います。しかし、ECN方式は、自動マッチング方式なので、時としてマッチングしないこともあり、そのような時には、STP方式に切り替えをおこなって対応しています。このようなハイブリッド注文処理システムを採用している業者も最近増えて来ているようです。

ECN方式では、更に板情報をチェックすることが出来、どのくらいの注文が入っているかなどを確認することが出来ます。今後価格がどっちに動きそうかをある程度海外FX初心者の方々も予測しながらトレードすることが出来、板情報が海外FX初心者の方々を100%勝たせてくれる訳ではありませんが、参考材料は多いほどいいことは間違いありません。

どのような判断をしてFX会社を見つければいいか

どのような判断をしてFX会社を見つければいいか

国内FX会社で、スキャルピングであまりにもガンガン儲けていたら、口座が凍結されたという話しも聞きます。あまりにも高速スキャルピングですと、ディーラーのカバーが実際に間に合わなくなってしまい、FX会社は大きな損失を被ることになります。そのような場合、利益を出しているから口座凍結という悪質な措置が取られることになります。そんな理不尽なことってあるでしょうか。

海外FX会社を選択することでほとんど、そのようなリスクも回避してトレードをおこなうことが出来ます。

現在、国内FX会社が、とても潤っているのは、FX初心者の方々があまりにも注文方法に無関心であり、低スプレッド、取引手数料無料というセールスポイントに簡単に惹かれてしまうからです。

海外FX会社でも便乗して低スプレッドを実現し、FX初心者を取り込もうとしている業者がありますが、NDD方式で低スプレッドを実現したために、お客様を勝ちへと導くための様々なサービスを提供出来なくなってしまう恐れがあります。挙げ句には、倒産してしまうFX会社だって出てきてしまうでしょう。

GEMFOREXは過熱し過ぎのスプレッド競争には参加していません。海外FX初心者も、FX会社に対して、もっと総合的判断で見る目を持つ必要があるのではないでしょうか。海外FX会社それぞれの評判にも耳を傾けてみましょう。

GEMFOREXでは、お客様に勝ってもらって、取引の回数を重ねて欲しいから、様々な魅力的なサービスを提供してくれています。無料で150種類以上のEAが使い放題というのもその一つです。GEMFOREXには、前身がゲムトレードというEA提供会社だという強みがあります。EAは、自分で取引しなくても稼働させておけば勝手に取引してくれる優れものです。忙しい人たちも、EAできっと勝つことが出来るでしょう。成績順や、ダウンロード順のランキングもあって、はじめての人たちでも、人気のEAをすぐに見つけてダウンロード出来ます。

GEMFOREXでは、ミラートレードの用意もあり、EAと同じ要領で勝手に取引してくれます。そして、EAを使うなら必須のアイテムと言っても過言ではないのがVPS仮想サーバーです。GEMFOREXでは、口座残高が50万円以上なら無料でVPSを使用することが出来ます。

GEMFOREXでさらに注目して欲しいのが、お客様に勝ってもらうために提供してくれるキャンペーンやボーナスです。GEMFOREXでは、頻繁に新規口座開設ボーナス10,000円や、新規口座開設5,000円+100%ボーナスキャンペーンなどが提供されていますので、このチャンスを見逃さないようにしましょう。

キャンペーンは期間限定ですが、次には、もっと魅力的なキャンペーンがおこなわれることを期待しましょう。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ