勝手に海外FX会社のLMAXExchangeとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のLMAXExchangeとFX口座の取引手数料比較してみました。

FXをはじめようと思ったら、まずは、FX会社の選択からです。海外FX会社ってどうなの?と思っている人たちも多いのではないでしょうか。海外FX会社は、国内FX会社で規制をしている25倍以上のレバレッジでの取引も出来てかなり魅力ですが、 敷居が高いと思っている人たちも中にはいるでしょう。

FX初心者の方々はもうちょっと国内FX会社でFXトレードに慣れてから、海外FXにも挑戦してみようかなと考えるのかもしれませんが、大事なのはスタート地点です。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

国内FX会社は、国内に留まるFX初心者の人たちをカモにして、大いに稼ぎまくっていたのです。低スプレッドさえ実現すれば問題なしという企業努力もないまま、ぬくぬく過ごしてしまったようです。

国内FX会社は、OTC(DD)方式という注文方法を採用しているので、低スプレッドを実現することなど訳ないことです。国内でFXをしている人たちの何%が、このOTC(DD)方式という注文方法を理解して、FXトレードをしているかとても疑問です。

FX初心者の出した「1万通貨のドル円を買う」という注文は、ガッポリ儲けようとする意志を持つディーラーに届くことになります。「1万通貨のドル円を買う」という注文は、すんなり届くと思うのは間違いであり、「1万通貨のドルを売りたい」と思っている個人投資家へと届くのかは、このディーラー次第ということになります。

国内FX会社では、注文はスムーズに流れてますよという顔をしておきながら、いちいち決済をしていくのは国内FXブローカー自身です。「1万通貨のドルを売りたい」と思っている個人投資家と向きあっている感じではなくて、これでは、FXブローカーと向きあいFXトレードをしているようなものです。注意しなければならないのは、ここには、相対取引が成立して、FX初心者の方々が勝てば、国内FX会社が損をしてしまうことです。

FX初心者の方々は、もっとFX会社の持つ仕組みについて理解をして、海外FX会社にも目を向ける必要があるのではないでしょうか。海外FX会社で使用しているのは、NDD方式という注文方法です。海外では、注文方法について厳しくチェックしている個人投資家が多いから、国内FX会社のようなOTC(DD)方式を使うことが簡単には許されないようですよ。

更に、どの海外FX会社が一番評価出来るのか見ていきましょう。

海外FX会社LMAXExchangeの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社LMAXExchangeの場合 スプレッド 取引手数料比較

国内FX会社は、OTC(DD)方式という注文方法を採用し、トレーダーとブローカーは敵対している関係です。 そこには、凄腕のディーラーが立ちはだかり、レートを操作し、 わざとトレーダーが負けるように仕向けようとすることがあります。 国内FX会社では、頻繁に、ストップ狩りや不利なスリッページ、故意のレート変更・リクオートのような、FX初心者の方々がデメリットとなる取引が現実的におこなわれています。とにかく、国内会社は、顧客を負けに追いやらなければ、自分たちが倒産してしまうかもしれないリスクを背負っています。

実際には、国内FX会社で勝っている人たちはいます。ただし、それは10%程度の個人投資家たちでしょう。国内FX会社は、90%の個人投資家に対して、 反対売買を入れていればトータルで勝ち越すことは簡単に出来、もちろんFX初心者の方々は、この90%の中に入ります。それでも、自信があるという人たちだけが、国内FX会社を利用すればいいのです。

OTC(DD)方式を採用する国内FX会社は、他にもキャッシュポイントはいくらでも存在しているから、一見魅力的に見える低スプレッドや、取引手数料無料を簡単に実現することが出来ます。国内FX会社は、低スプレッドと主張しスプレッドを取ること自体、怪しさを露呈しています。なぜならスプレッドを徴収しないでも、国内FX会社は、FX初心者たちによって儲けさせてもらっているからです。

LMAXExchangeのstandard口座など、海外FX会社のほとんどが採用している注文方法が、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入しないNDD方式です。

LMAXExchangeでは、 海外FX会社が、トレーダーの取引に関与するということはありません。ディーラーは、そこに立ちはだかることなく、注文はそのままインターバンクに流されて行きます。OTC(DD)方式は、他にキャッシュポイントを見つけることが出来ますが、LMAXExchangeの場合は、儲けはスプレッドからの手数料のみです。

FX会社のこのような仕組みについて知れば、海外FX会社がいかにクリーンかを知ることが出来ます。LMAXExchangeでは、海外FX初心者の方々が、勝って何度も取引をしてくれれば、FX会社も一緒に儲けることが出来、 利益が相反する関係はありません。

時々、スキャルピングで利益を出していたら突然口座が凍結されてしまった、という話しを聞くことがありますが、 国内FX会社では、不自然な動きが多く、突然の凍結も起こっています。

1日に1000回以上スキャルピングトレードを行い、月に数千万円の利益をあげていた個人投資家の前には、ディーラーが立ちはだかろうとするものの、ディーラーのカバーが間に合わないため、FX会社が損失を被ってしまう可能性が出て来てしまい、 慌てて口座が凍結されてしまうことになります。

実際には、 顧客が損失を出し続けている場合は1万回や3万回でも問題はないのです。利益をあまりにも出しているから口座凍結という悪質な措置が取られることになります。非常に理不尽という感じがひしひしとして来ますよね。ただし海外FX会社を選択することでほとんど、そのようなリスクも回避してトレードをスムーズにおこなうことが出来ます。

国内FX会社の規約では禁止事項として、「取引の方法の如何にかかわらず、当社が、短時間の連続した取引、インターバンク市場の混乱を招く取引、カバー取引に影響を及ぼす取引、過度な取引等不適切な取引であると判断したとき」と言った記載を見つけることがありますが、まさにここは呑み業者であり、ディーラーが対応出来ないからスキャルピングは禁止と言っているようなものです。

OTC(DD)方式には、NDD方式と比較してそれほどメリットを見つけることが出来ないですが、唯一、NDD方式では、クリーンを実現するために、どうしてもスプレッドが広め傾向になってしまいます。

ただしLMAXExchangeはスプレッドが、

EUR/USD0.3
EUR/GBP 0.4
USD/JPY0.2
GBP/USD0.4
GBP/JPY0.4
EUR/JPY0.4
USD/CHF0.3

あたりなので、かなり頑張っている方ではないでしょうか。

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

正確に言えば、LMAXExchangeは、NDD方式の中でもSTP方式という注文方法を採用しています。海外FX会社GEMFOREXのオールインワン口座で採用しているのは、ECN方式という方法です。STP方式も、ECN方式も、NDD方式なので、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いことには変わりがありません。

LMAXExchangeの採用しているSTP方式は、正確に言えば、一度ブローカーに注文が届くことになります。トレーダーの注文がブローカーを経由して、ブローカーが注文の行き先を決めるという意味では、もしかしてブローカーの意図で注文を操作してるんじゃないかという疑いの目が出てきても仕方がないです。

GEMFOREXの採用しているECN方式では、トレーダーの注文はブローカーを経由せずに、直に大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出した大量の注文が集まる電子取引ネットワーク(インターバンク)へと流されます。

海外FX初心者が、ドル円100円でトレーダーが買い注文を出せば、 電子取引ネットワーク・インターバンク【ヘッジファンド:ドル円101円で売り注文・機関投資家:ドル円103円で売り注文・大手金融機関:ドル円99円で売り注文】へと流れ、 オークション形式で自動マッチングし、ここでは、一番双方に有利な条件である、「ドル円100円で買い注文」と「ドル円99円で売り注文」が約定することになります。買値・売値の差額である1円がスプレッドです。

STP方式と、ECN方式では、更に手数料に対して違いがあります。ECN方式では、基本純粋に注文を出したトレーダー・金融機関どうしの価格の差がスプレッドになるので、スプレッドが狭く出来ますが、別途取引手数料が徴収されることになります。手数料を支払いしたくない思いがあれば、STP方式に注目してしまうかもしれませんが、STP方式では、ドル円100円で買い注文を出した時には、 ドル円99円(売り)にストレートにマッチングすればいいのですが、それではFX会社の儲け分がなくなってしまうため、 トレーダーにドル円98円のレートを提示することで、1円を利益にする手法が取られています。STP方式には、実際に取引手数料がいくら程度取られているのか判らない不信感があります。

更にECN方式では、 自分が参加しているFX市場の様子を板情報を見ながら取引が出来ます。どのレートで指値や逆指値の注文を出せば約定されやすいかをチェックすることは、間違いなく海外FX初心者の方々を、勝ちへと導いてくれる方法です。板情報があれば、100%勝てるということではありませんが、個人投資家のみなさんにとって、勝てる材料が一つでも多くあった方がいいことは間違いありません。

実際のところGEMFOREXってどうなのか

NDD方式の中でも、現在は、ECN方式推しの傾向があり、段々とECN方式を採用する海外FX会社も増えてきています。そのような意味でも、現在、海外FX初心者の方々が、GEMFOREXに注目して口座開設するのは正しい判断です。

しかし、基本、低スプレッドと言われているのに、GEMFOREXのオールインワン口座の場合、スプレッドが、

EUR/USD2.1
EUR/GBP2.6
USD/JPY2
GBP/USD2.7
GBP/JPY3
EUR/JPY2.8
USD/CHF2.4

あたりなので、それほど低い感じではありません。 GEMFOREXのスプレッドは、標準値程度という感じでしょうか。

ただしGEMFOREXは、ECN方式なのに、取引手数料無料です。結構頑張っている海外FX会社として評価することが出来ます。

どうしても低スプレッドがいいというのなら、利用制限がありますが、ノースプレッド口座(USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3) がありますので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょうか。

いま、FX会社では、お客様を取り込むために、低スプレッド競争が過熱しています。それは、FX会社の仕組みまで理解せず、口座開設をしようとする安易なFX初心者が多く存在しているせいです。海外FX会社でも、低スプレッド競争に参加しようとするモチベーションはあり、LMAXExchangeもそのようなFX会社として見ることが出来ます。

LMAXExchangeは、STP方式なので、実際に低スプレッドが実現出来れば、まさに企業努力のたまものとして評価することが出来ます。ただし、低スプレッドを提供してしまったばかりに、お客様にいろいろとサービスを提供出来なくなってしまうリスクもあります。挙げ句にはあまりにも無理をし過ぎれば会社が倒産してしまうリスクもあり、海外FX会社全体のイメージを悪くしてしまうだけではないでしょうか。

海外FX会社GEMFOREXは、過熱しているスプレッド競争には、はっきりと不参加と言っています。もっと俯瞰した目で見れば、もっとGEMFOREXにはいろいろな魅力を見つけることが出来るはずです。

海外FX初心者の方々に大事なのは、もっと総合的な目で、FX会社を見ることです。それぞれのFX会社の評判に、みなさんももう少し耳を傾けて本当の声を聞いてみましょう。

低スプレッドは、魅力かもしれませんが、そこで、リクオートやスリッページがあれば意味はありません。 GEMFOREXは、高速かつ安定した約定力を提供し、無料でEA使い放題でミラートレードもOK、最大レバレッジ1000倍で追証なし、そして、日本人の方々にもとても親切なサポートをしてくれています。

更にGEMFOREXの大きな魅力は、期間限定での豪華なボーナスキャンペーンです。海外FX会社は、国内と比較して、勝たせてくれるためのキャンペーンに積極的と言われていますが、GEMFOREXはまさにそのトップリーダー格です。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ