勝手に海外FX会社のMGKGLOBALとFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のMGKGLOBALとFX口座の取引手数料比較してみました。

いま、低スプレッド、取引手数料無料という広告を鵜呑みにして国内FX会社で口座開設しようと思っているFX初心者の方々も多いようですが、海外FX会社に乗り換えるべきか正しい選択をしましょう。みなさんが、安易に国内FX会社に留まることによって、みすみす勝ちのタイミングを見失っているのかもしれません。 国内FX会社と、海外FX会社には、大きな違いがあります。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

大きな違いはまず、それぞれのFX会社の注文方法にあります。国内FX会社のほとんどではOTC(DD)方式を採用しているので、FX会社が、FX初心者の注文を呑み、FX初心者の方々が負けることによって、収益にすることができます。

OTC(DD)方式なら、他にキャッシュポイントはいくらでも存在しているので、簡単に低スプレッド、取引手数料無料は実現することができるでしょう。OTC(DD)方式では凄腕のディーラーがトレーダーとインターバンクの間に介入し、FX初心者はほとんど勝たせてもらうことができません。

スムーズに注文が流れていくものと思っているのかもしれませんが、そうではなく、注文が流れるも、流れないも、ディーラーの裁量次第ということになります。OTC(DD)方式で、FX会社と個人投資家のみなさんとは、利益が相反する関係にあり、まさに中はブラックボックス状態です。

国内FX会社では、90%が、FX会社の利益のために負けへと追い込まれると言われています。国内FX会社で、勝つ人たちもいるでしょうけど、FX初心者の方々が10%に入ることができるかはとても疑問です。FX初心者の方々は、海外FX会社を最初に選択して、本当にFXのことが理解出来るようになって、国内会社も視野に入れるというのなら理解はできるものの、ほとんどが逆の姿勢でいます。そのような人たちをコヤシとして、国内FX会社はヌクヌクと成長してしまったようです。

今回、海外FX会社をクローズアップし、スプレッド、取引手数料などを比較してみました。MGKGLOBAL、GEMFOREXは、どのようなFX会社なのでしょうか。

海外FX会社MGKGLOBALの場合 スプレッド、取引手数料比較

海外FX会社MGKGLOBALの場合 スプレッド、取引手数料比較

FX初心者が見極めなければならないのは、低スプレッドを実現しているから優良FX会社ではないということです。OTC(DD)方式を採用している以上、お客様の負けで、多大な利益をあげることができ、スプレッド0でも全然問題はないはずです。そもそも、国内FX会社が、低スプレッドといい、徴収していること自体怪しさを露呈しています。

一方でてMGKGLOBALやGEMFOREXで採用している方法は、NDD方式(STP方式 ECN方式)です。海外FX会社も、大きく儲けられるOTC(DD)方式を採用したいと思っているのかもしれませんが、海外トレーダーは注文口座も厳格にチェックしているために、その方法をなかなかとることができません。これだけ、大きな差ができてしまったのも、注文口座に関心を持たず、低スプレッドによろめく国内の個人投資家のみなさんの責任かもしれません。

OTC(DD)方式を利用すれば、 ストップ狩りや不利なスリッページ、故意のレート変更があったり、故意のリクオート・システムダウンなどなど、いろいろなお客様に不利な取引がひきおこされるリスクを背負っています。そして、高回転スキャルピングでがんがんに儲けている個人投資家たちの口座は、凍結されてしまうリスクがあります。

そのような噂を一度二度聞いたことがあるかもしれませんが、実際に、国内FX会社では、突然の口座凍結がおこなわれています。損失を出し続けている場合は1万回でも3万回でも問題はありませんが、問題が起こるのは、1日に1000回以上ものスキャルピングトレードを行って、月に数千万円の利益をあげてしまう場合です。

自動売買でも同じことで、OTC方式を採用しているFX業者はプログラム処理のスピードについていけないので自動売買を禁止している会社がほとんどです。それは、「呑み業者」であり、ディーラーが対応出来ないからスキャルピングNGということなのです。NDD方式では、そのようなことはありません。

NDD方式は、OTC(DD)方式と違い、個人投資家のみなさんにとって、フェアでクリーンな取引が実現しています。NDD方式は、 Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)であり、まさにディーラー不在という意味です。

NDD方式では、海外初心者たちの出した注文は、FX会社を素通りして、ストレートに、インターバンク市場の、カバー先へと届くでしょう。FX会社の存在はありますが、ただ注文が流れるのを見送るだけの立場なので、OTC(DD)方式のような顧客を負けへと追いやる不利な操作はないと考えることができます。

NDD方式か、OTC(DD)方式かは、変動スプレッドか固定スプレッドかでも違いを見つけることができます。 おおかたはOTC(DD)方式を採用しているFX会社は、固定スプレッドを採用し、NDD方式の場合では、変動スプレッドです。

提携先のLPから引っ張ってきた通貨ペアのレートに、取引手数料を乗せてスプレッドとして表示しているということは、引っ張ってきたレートに応じスプレッドが変動し続けるのは当然です。

国内FX会社では、更に注意をしてみれば、固定スプレッドの前には「原則」とつき、必ずしも固定ではないと言っています。FX初心者は、低スプレッドで、固定スプレッドなら尚更いいと考えるかもしれませんが、いざ取引をしようと思った時には1.0銭あたりまで広がっているといったことが起こる可能性がいくらだってあります。例えばスプレッド0.3銭を採用しているFX会社は、0.3銭を維持しているのは、流動性のある時間帯だけだったりします。

基本、OTC(DD)方式と比較をすれば、スプレッドの幅も、広めというのが特徴です。NDD方式は、顧客とはあくまでもフェアな関係を維持しているので、他にキャッシュポイントを見つけることができないゆえ、業者のキャッシュポイントは取引手数料であるスプレッドだけです。MGKGLOBALも、GEMFOREXもそのような意味では、フェアな関係を維持するために、ある程度スプレッドが広いのは、仕方ないと考えるべきです。

NDD方式を採用しているFX会社は、顧客と相反する関係はなく、お客様に勝って、トレードを何回も繰り返して欲しいと思っています。MGKGLOBALは、ノーマル口座、スピード口座の2種類の口座があり、平均0.4Pips~の低スプレッドをNDD方式において実現しているので、かなり頑張っている海外FX会社として捉えることができます。(※取引手数料7.0USD(スピード口座のみ))

MGKGLOBALにおいて、使用している取引プラットホームは、MT4であり、海外FX会社では、共通してMT4・cTraderを使用するケースが多いですが、OTC(DD)方式を採用している国内FX会社では、独自のプラットホームを使用していたりします。注意しなければならないのは独自ということで、自分たちで勝手にいじれることを意味しています。このようなオリジナルのプラットホームを使用しているから、国内FX会社ではいつでもシステムダウンなどおかまいなしにできてしまうのです。 

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

正確に言えば、MGKGLOBALの場合、NDD方式の中でもSTP方式という注文方法であり、GEMFOREXのオールインワン口座はECN方式です。STP方式も、ECN方式も、同じNDD方式という意味では、OTC(DD)方式と比較して透明性が高い方法です。

STP方式では、トレーダーの注文は、一度ブローカーを経由していきます。ブローカーに注文が届き、カバー先へとマッチングさせる仕組みです。注文をどうやって処理するかについてブローカーの思惑は関係はありませんが、STP方式では注文の行き先を操作しているとは考えることができます。

STP方式では、ドル円100円で海外FX初心者の方々が買い注文を出したケースでは、ドル円102円、ドル円104円、ドル円98円の買い注文のうち、都合のいいドル円98円の買い注文へと流れて行きます。ただし、STP方式では、それぞれのカバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かされていませんし、 本当にカバー先が存在しているのかについても疑問に思うことがあるかもしれません。

それと、比較をすれば正真正銘、透明性を誇ることができるのは、GEMFOREXの採用しているECN方式であり、最近の海外FX会社でも、ECN方式推しという声も大変多く聞きます。そろそろ、本当に信頼できるのは、NDD方式の中でも、ECN方式ということを個人投資家のみなさんが判断しはじめたともいうことができます。

GEMFOREXの採用するECN方式には、もしかしたらマーケットメイカーかもという疑いの目を持つ余地はどこにもありません。 ECN方式では、トレーダーの注文がブローカーを経由せずに、ネットワーク上でいわゆるオークション形式で、双方のもっとも有利になる価格で自動マッチングします。トレーダーの注文は直接インターバンクに流されてマッチングされ、証拠として板情報もしっかり開示されます。

板情報を参考にして海外FX初心者も取引をすることが出来、確実な勝ちへとつなげることができます。

ECN方式では、基本、STP方式よりも低スプレッドなのですが、プラスα取引手数料が徴収されることになります。ECN方式はインターバンクで注文が自動的にマッチングされるため、そのまま注文を出したトレーダー・金融機関同士の価格差なので必然的に、低スプレッドが基本実現することができます。

一方で、STP方式の場合では、ドル円100円で買い注文を出したとき、売りドル円99円があったとしても、それを業者がマッチングさせてしまえば、FX会社の取り分を得ることができなくなってしまうため、わざと、トレーダーにドル円98円のレートを提示してくることになります。やはりSTP方式には、若干、FX会社の意図が見え、スムーズにFXトレードをしている感じにはなかなかなれないかもしれません。

ECN口座の方が取引のトータルコストが安くなる傾向はありますが、GEMFOREXのオールインワン口座は、それほど低スプレッドではないと思うかもしれません。実際には標準レベルですが、敢えて言えば、GEMFOREXには、ECN方式なのに、取引手数料無料という特徴があります。 GEMFOREXのノースプレッド口座は、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

大事なのは、FX初心者の方々も、ただ低スプレッドに惹かれるのではなく、もっと細部にわたりFX会社をチェックする姿勢です。

GEMFOREXがしようとしていること

いま、国内FX会社・海外FX会社を含めて、低スプレッド競争が過熱してしまっていることに、GEMFOREXは参加しないとはっきりと公言しています。かなり頑張って、低スプレッドを実現する海外FX会社も見かけることができますが、 海外FX会社が、国内FX会社と競い、低スプレッドを実現することには無理があります。

海外FX会社GEMFOREXでは、お客様に勝っていただき、もっと取引の回数を増やして欲しいと願い、いろいろなサービス提供をしていますが、低スプレッドばかりに注目して、利益を会社があげることができなければ、いろいろなサービスを提供することも出来なくなり、挙げ句には倒産へと追いやられる会社もじきに出てきてしまうかもしれません。ここには、大きな問題を抱えており、海外FX会社が、国内FX会社と争う姿勢はNGです。

海外FX会社で注目しなければならないのは、総体的にどのようなサービスを提供し、お客様にどのようなメリットがもたらされるかです。 GEMFOREXは、海外FX初心者にとって、様々な魅力を発見することができます。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ