勝手に海外FX会社のIFCMarketsとFX口座の取引手数料比較してみました

FX会社をどのように選べばいいかは、FX初心者の方々にも直面する問題です。海外にもレベルの高いFX会社は存在しますが、FX初心者の方々は、やはり最初に国内FX会社に目を向けてしまうものです。

国内FX会社は、低スプレッド、取引手数料無料で、そのようなFX初心者の人たちを取り込み、意欲的に営業展開しているようですが、このまま国内FX会社でトレードし続けても、ただ負けへと追いやられてしまうだけなのかもしれません。

いま、FX初心者の方々にも知って欲しいのが、FX会社の仕組みです。国内FX会社は、ほとんどの会社が未だOTC(DD)方式を採用している理由はなんなのでしょうか。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

海外FX会社IFCMarketsの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社IFCMarketsの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社IFCMarketsは結構レベルの高いFX会社なので、国内FX会社と比較してみましょう。国内FX会社で採用しているOTC(DD)方式という言葉自体、まだ一度の耳にしたことがなく、トレードをしていた人たちも少なくありません。一方、IFCMarketsなどほとんどの海外FX会社で採用しているのは、NDD方式という方法です。

FXトレードというものは、勝ったり売ったりした通貨が、値上がり・値下がりすれば、儲かる投資なので、注文どうこうは関係ないと思いがちです。しかし、OTC(DD)方式ではなかなか個人投資家のみなさんが勝ちにくいと聞けば、無視は出来ない問題です。

IFCMarketsと、国内FX会社では処理の仕方に違いがあります。国内FX会社では、注文処理係であるディーラーという存在があり、意図的に注文を処理しまくっています。

OTC(DD)方式のディーラーは、自分が儲かればいいと、ただそれだけで頑張って、個人投資家のみなさんと対峙する存在です。FX初心者の方々が、 1万通貨のドル円を買う注文を出しても、実際には、1万通貨のドルを売りたいという個人投資家のみなさんに届けられるかは、このディーラー次第ということになります。

実際に、決済しているのは、国内FX会社のブローカー自身ということなので、OTC(DD)方式の仕組みでは、相対取引が展開することになります。FX初心者の方々が、勝てば、FX会社が損をする仕組みなので、国内FX会社は、個人投資家のみなさんと敵対し凄腕ディーラーを配置しています。そもそもそのような環境では、FX初心者の方々が勝てるはずはありませんよね。

国内FX会社を、悪徳業者とは言いたくありませんが、 勝手にレートを操作してわざとトレーダーが負けるように仕向けようとする実態を知れば、そのような業者に手出ししない方がいいとは思うのではないでしょうか。20%の人たちは、国内FX会社で勝つことは出来ます。しかしFX初心者の方々が、その20%に入れるかはとても疑問です。

FX会社の仕組みなど、段々とFXに慣れてから学べばいいと考える人たちもいますが、大事なのはFXトレードのはじめに仕組みについて勉強をしなければならないことです。

国内FX会社では、 全業者共通のプラットホームが存在せず、専用のプラットホームが用意されていますが、理由はなんなのでしょうか。それは、独自のプラットホームを使用しているから、簡単に自在にいじることが出来るからです。ネットで国内FX会社について調査をすれば、 ストップ狩りが、ブローカーのレート操作でおこなわれていたという行為を頻繁に聞きます。

IFCMarketsには、 Micro口座とStandard(MT4)口座がありますが、NDD方式です。Standard(MT4)のMT4というのが、共通のプラットホームであり、 業者独自のプラットホームではないので、ブローカーが勝手にいじることが出来ない環境です。IFCMarketsが、クリーンな取引環境であることは、MT4からも見て取ることが出来ます。

IFCMarketsの提供しているNDD方式は、 国内FX会社のような、ディーラーという存在はありません。ですから、 トレーダーが出した注文はそのままカバー先の金融機関(LP、リクイデティプロバイダー)やインターバンクに流れて行きます。

海外FX会社において、ブローカーは存在するものの、トレーダーの注文が決済されるように手伝いをしているだけです。 IFCMarketsの中で、海外FX初心者が勝とうが負けようが一切関わりはなく、海外FX初心者をわざと負けへと導くことはありません。

国内FX会社は、多くが低スプレッドを売りにしているようですが、注文方法から考えると、 海外FX会社がスプレッド広めというのも理解出来ます。国内FX会社は、低スプレッド・取引手数料無料にしても、いくらでも顧客を負けさせてキャッシュポイントにすることが出来ますが、海外FX会社では、スプレッドが会社の利益となるべきものです。

海外FX会社のスプレッドが広めだとしても、それがピュアな証拠であり、ある程度海外FX初心者の方々は我慢しなければならない問題です。海外FX会社も、国内FX会社と張り合い、頑張って低スプレッドを実現したとしても、それでは運営がうまく行かなくなってしまい、いろいろ顧客が勝つためのサービスを提供してもらえなくなってしまうかもしれません。そして、会社も倒産してしまうリスクを抱えてしまうことになります。そもそも、海外FX会社が怪しい仕組みを抱えている国内FX会社に張り合うモチベーションが間違いです。

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

GEMFOREXの場合 スプレッド 取引手数料比較

IFCMarketsは、更にNDD方式の中でも、STP方式という方法を採用しています。GEMFOREXのオールインワン口座はECN方式です。 IFCMarketsで採用しているSTP方式は、厳密に言えば、 トレーダーの出した注文はブローカーを経由することになります。ただし、NDD方式なので、注文をどうやって処理するかについて、ブローカーの思惑が関与することはありません。

STP方式は、カバー先のレートを考慮し、1番個人投資家のみなさんが有利になるようなレートを提示しているカバー先に、自動で注文を流すシステムです。IFCMarketsは、更にDMA方式を採用して、1,000万通貨未満の注文に対してはSTP方式で発注して、 1,000万通貨以上の注文に対してはDMA方式で発注するという切り替えをおこなっています。 DMA方式は、 カウントダウン方式、 Market Executionとも呼ばれ、トレーダーの注文をダイレクトに市場に流す方式です。

STP方式のFX業者がすべてDMAを提供している訳ではありません。 正確にいえば、IFCMarketsは、STP方式が進化したハイブリット型のSTP/DMA方式をFX初心者の方々に提供してくれています。

ただし、STP方式の注文方式は、顧客の注文は各業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)などのカバー先に流されるのですが、 各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについては明かになっている訳ではありません。カバー先について明らかにしている業者は少数で本当にカバー先が存在しているのかについても疑念が残ります。

カバー先が実在しているのかについても怪しい業者も中にはあるというので、海外FX初心者の方々は、果たしてそのような場所で安心してFXトレードすることが出来るか疑問です。そのような環境では、みすみす勝ちのタイミングを逃がしてしまうかもしれないですよね。

STP方式と、ECN方式は同じNDD方式なので、OTC(DD)方式と比較して透明性が高いのは変わらないですが、海外FX会社でも、最近ECN方式推しの傾向があると言いますが、なぜなのでしょうか。

GEMFOREXのECN方式では、トレーダーの注文はブローカーを経由しないで、直に大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が出した大量の注文が集まる電子取引ネットワーク(インターバンク)へと流されます。

FX初心者の方々が、ドル円100円でトレーダーが買い注文を出した場合では、 電子取引ネットワーク(インターバンク)には、ドル円101円で売り注文、ドル円103円で売り注文、ドル円99円で売り注文と言った注文が集まり、オークション形式で、 双方のトレーダーにとって有利になる、 「ドル円100円で買い注文」と「ドル円99円で売り注文」がマッチングします。買値と売値の差額である1円がスプレッドです。

ECN方式はインターバンクで注文が自動的にマッチングされるので、 純粋に注文を出したトレーダー・金融機関同士の価格差がスプレッドなので、スプレッドは、狭く提供出来ますが、別途取引手数料がかかります。

一方では、STP方式の場合では、 カバー先のレートを引っ張ってくる時には、レートに業者の取り分を上乗せしています。STP方式の場合では、ドル円100円で買い注文を出したとき、 ドル円99円(売り)と自動的にマッチングさせてしまえば、業者の取り分がなくなってしまうので、敢えてドル円98円のレートを提示して、差し引き1円をブローカーの利益にすることをしています。

STP方式の場合では、実際に取引手数料としてどれだけ取られているのか判らない居心地の悪さも幾分あります。ECN方式で別途取引手数料を徴収されることは、まさに一番純粋なトレードである証しです。

GEMFOREXでは、実際には、ECN方式なのにそれほどスプレッドが狭いという感じがないのかもしれません。 GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッド幅は、

USD/JPY 1.3
CHF/JPY 2.6
AUD/NZD 3.6
AUD/USD 2.0
EUR/AUD 3.3

あたりなので、海外FX会社のスプレッド、1.2銭~1.9銭と比較して水準には到達している程度です。※ノースプレッド口座は、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

ただし、GEMFOREXでは、ECN方式なのに取引手数料を無料で提供してくれています。海外FX初心者の方々が、会社を決めるとき大事なのは、ただ一面的な見方をせず、総合的に判断する目です。取引コストについて考えた場合、どの会社がみなさんにとってメリットがあるのか、俯瞰した目で捉えてみましょう。

海外FX会社を総合的判断する目

国内FX会社では、低スプレッド、取引手数料無料を提供し売りとしているようですが、安易にそこに飛びつくFX初心者が多いから、どんどんスプレッド競争が過熱していくことになります。

なぜ、海外FX会社で、OTC(DD)方式を使用しないのかといえば、海外FX会社で、トレードしている個人投資家のみなさんが、注文方法に拘りを持っているから、OTC(DD)方式を採用することを許してもらえないせいです。

海外FX初心者の方々は、スプレッド以外にも多くのFX会社に注目すべき点があるはずです。GEMFOREXでは、敢えてあまりにも過熱しているスプレッド競争には、不参加宣言をしています。

GEMFOREXは、スプレッドに対しては、ほどほどであるとしても、魅力的なポイントがたくさんあります。GEMFOREXで口座を開設すればゲムトレードの約150種類のEAを無料で好きなだけ使う事が出来、リクオートや約定拒否の追放、隠れマークアップ(スリッページ)一切なしの安定した環境を提供してもらうことが出来ます。GEMFOREXは、0.78秒以内に99.79%の約定率を誇っています。

GEMFOREXは、前身が、「ゲムトレード」というEA提供会社です。他社と比較してもここに強みがあります。EAを利用すれば、自分で取引しないでも、稼働させておけば、勝手に取引してくれます。仕事で忙しい人たちも、真剣にFXと向きあうことなくガンガン稼ぐことが出来るかもしれません。「成績順」や「ダウンロード順」のランキングもあって、はじめてで判らない人たちも、 勝てるEAをきっと見つけることが出来るでしょう。更に、収益率が高いトレーダーの取引戦略を真似するミラートレードの用意があります。

更にGEMFOREXでは、ハイレバレッジを使用出来ますが、中には不安という人たちもいるでしょう。それでも、GEMFOREXは、口座残高がマイナスになっても追証を入金しなくてOKなので、訳が判らないまま大損してしまう危惧はありません。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREX

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ