勝手に海外FX会社のTradersTrust とFX口座の取引手数料比較してみました。

勝手に海外FX会社のTradersTrust とFX口座の取引手数料比較してみました。

FXトレードをスタートする時、どのような視点でFX会社を選んだらいいのでしょうか。国内FX会社が身近と感じる人たちは多くいますが、FXはじめての人たちだからこそ、安易に国内FX会社を選択するべきではありません。

国内FX会社では、低スプレッドや、取引手数料無料を容易に実現していたりしますが、それは、FX会社の持つ仕組みに原因があります。FX初心者の方々も、もっと、このFX会社の仕組みについて理解をするべきです。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

国内FX会社で、採用しているのは、OTC(DD)方式という注文方法です。OTC(DD)方式とは 投資家とインターバンクの間にFX会社の利益を出すことを目的としたディーラーが介入する注文方法のことを言います。

OTC(DD)方式では、お客様が負けるほど、勝つことができる仕組みなので、ディーラーが、為替レートが激しく動いた時のリクオートや、顧客に不利になるスリッページ、更に不正なレート操作などのたくらみを起こす可能性を充分に考えることができます。

低スプレッド、取引手数料無料というのも選択ポイントかもしれませんが、もっとFX会社の細部を注目し、例えば約定力がどうかということまで見極めていかなければなりません。

海外FX会社で採用しているのは、ほとんどがNDD方式という方法です。今回、 勝手に海外FX会社TradersTrustと、GEMFOREXの、スプレッド、取引手数料などを追求・比較してみました。

海外FX会社TradersTrustの場合 スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社TradersTrustの場合 スプレッド 取引手数料比較

もっと海外FX会社がいいか、国内FX会社がいいか、厳しい目を持って追求する必要があるのではないでしょうか。国内FX会社を利用している理由は、まだ、海外FX会社に対して不安な気持ちをお持ちからなのでしょうか。

しかし、海外FX会社を知れば、最大500倍の取引をすることができたり、1秒以内で約定される環境でスキャルピングが可能だったり、ゼロカットシステムがあったり、必要資金も少額でスタートすることができたり、通貨ペアも豊富で、ボーナスもいろいろ提供してくれて、国内FX会社には存在しない魅力が一杯詰まっています。

FXトレードに真剣に向きあうほど、みなさんの目にもしっかりと海外FX会社の存在が飛び込んでくるはずです。 TradersTrustでも、レバレッジは、500倍まで使用することができます。 一方で、国内FX会社のレバレッジは、 2009年の「金融商品取引業等に関する内閣府令」の改正があり、25倍止まりなのです。レバレッジが魅力と感じている人たちは、もちろん選択肢は、海外FX会社TradersTrustです。

国内FX会社においては1万通貨のポジションを持つためには、最大レバレッジの25倍で4万円は必要になって来ますが、もっと高いレバレッジを使用出来る海外FX会社に注目をすれば、何十分の一の投資金で、同じ通貨の量をキープすることができます。

TradersTrustは、ハイレバレッジを使うことができ、よりリスクが高くなると考える人たちもいますが、どうなのでしょうか。海外FX会社には、ほとんどの会社では、追証なし、ゼロカットシステムがあるので、安全性がほとんど保証されているようなものです。 よく飛び込んでくる、「追証なし」、「ゼロカットシステム」というワードは、 簡単に言えば、証拠金のマイナスを0にしてくれるシステムです。つまり、このようなシステムを用意してくれている以上、海外FX初心者の人たちも、大損してしまうかもという心配をする必要はありません。

チャイナショック、スイスフランショック、東北大震災……、このようなことは絶対に起こって欲しくはありませんが、やはりいつ起こるか判らないのが災害です。そのような予測不可能な災害に対してロスカットも作用しなくなり、 いつの間にか証拠金以上のお金を大損してしまうかもしれません。そのようなとき、やはり、安心出来るのは、追証なし、ゼロカットシステムの海外FX会社です。

TradersTrustや、ほとんどの海外FX会社で採用しているのは、NDD方式という注文方法です。それは、投資家とインターバンクの間にディーラーが入らない取引方法であり、NDD方式を採用している海外FX会社は、顧客が、勝って何度も取引をしてくれるほど儲けることができるシステムです。海外FX会社の利益は、スプレッドオンリーです。

更に、TradersTrusやほとんどの海外FX会社では、MT4というプラットホームを使用していますが、一方で国内FX会社では、いろいろなオリジナルのプラットホームを使用していたりします。 つまり、TradersTrusではなく、他の海外FX会社がいいという時でも、MT4の使い方に慣れさえすれば、それほど厄介とは感じないでしょう。プラットホームが共通しているから、 判りやすいという面も持っています。国内FX会社では、他の会社にシフトした時、いちいちその会社のルールに従わなければならないでしょう。それは、あえて簡単には、他の会社に目移りさせないための、国内FX会社のたくらみでしょうか。

国内FX会社では、独自のプラットホームを使用しているから、いろいろ自身で操作ができてしまうというデメリットもあります。国内FX会社では、OTC(DD)方式を採用して、お客様が勝てば、国内FX会社が損をするシステムです。ですからプラットホームの中でもいろいろな操作がおこなわれ、意図しない負けへと簡単に追いやられてしまうことでしょう。国内FX会社では、あの手この手を使って負けへと追いやろうとする、凄腕のディーラーが存在しています。 注文を通すも通さないもFX会社の中のディーラーの裁量が入り、実際に自分の注文が通っているのもブラックボックスの中です。

みなさんが、友だちに、指定の競馬券を3万円分買ってきてとお願いをして、手間賃も、競馬券代とは別に渡します。しかし、友だちは、あなたの馬券は絶対に当たらないと確信していれば、 買わないでそのまま、 競馬代金をもらってしまった方が得と考えます。 あなたの競馬券が外れれば、友だちは大もうけすることができますが、 当たってしまえば、配当金を友だちは支払いしなければならないことになります。ですから、友だちは、心の中で、外れろ、外れろと願い続けているでしょう。国内FX会社でも、同じ「呑み」行為が起こっています。

国内FX会社では、低スプレッドや、取引手数料無料など提供してくれていて、とても魅力的な見えますが、顧客を負けさせて儲けるというキャッシュポイントを持っているので、いくらでも、低スプレッドは実現することができます。

それでも国内FX会社でも、20%程度の人たちは勝っているでしょう。そのような人たちは、国内FX会社は低スプレッドなので、これほど魅力的な存在はないというかもしれませんが、問題は、FX初心者の人たちです。もちろん、FX初心者の人たちは、80%に入るでしょう。つまり、 FX初心者こそが、国内FX会社のいいカモです。

別に、国内FX会社では、低スプレッドを徴収する必要がないほど、潤っているのも事実です。なぜ、このようなことになってしまうのかいえば、FX初心者の方々が、あまりにもFX会社の持つ仕組みについて無関心なせいです。海外FX会社が、なぜ、OTC(DD)方式を採用することができないのかといえば、海外FXトレードをする人たちは、もっとFX会社に対して厳しい目を持っているため、安易にOTC(DD)方式を採用することを許してもらえないのです。

海外FX会社がスプレッドがやや広めなのをデメリットとして指摘する人たちもいますが、スプレッドがやや広めなのが、FX会社の透明性のあらわれと考えるべきでしょう。 海外FX会社では、スプレッド以外に、稼ぐ手段がないので、スプレッド広めはある程度寛容に見てあげる必要があります。

海外FX会社GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

海外FX会社GEMFOREXの場合、スプレッド 取引手数料比較

NDD方式は、更に細かくSTP方式とECN方式に分類することができます。TradersTrustには、STP方式と更に、ECN方式が登場しました。GEMFOREXのオールインワン口座でも採用しているのは、ECN方式です。

TradersTrustは国内FX会社と比較して、スプレッドがあまりパッとしないと感じたら、ECN方式にシフトすればいいでしょう。 スキャルピングし放題だとしても、 以前はスプレッドもやや広めという感じで、 TradersTrustはそれほど注目されている海外FX会社という感じではなかったのですが、 2014年10月に低スプレッド口座、2015年1月にはECN口座が登場して、 かなり魅力的な海外FX会社になったのではないでしょうか。 スタンダード口座は初回最低入金額が100ドルと低スプレッド口座やECN口座よりも低く設定されているものの、スペック的にはそれほど秀でた感じではありませんでした。

低スプレッド口座は日本人利用者限定で提供している口座タイプということなので、かなり、国内FX会社を意識して、仕掛けて来たという感じがあります。

他のFX会社のECN口座よりも安い取引手数料、1lot(1,00,000通貨)の取引手数料も往復5ドル(片道2.5ドル)、更にスプレッドも最小0.0pipsからを実現し、更に最大500倍までレバレッジをかけることができ、 国内FX会社もかなり脅威の対象として考えているのではないでしょうか。いま、世界レベルで見れば、FX会社はECN方式推しの時代とも言われています。

ECN方式ではトレーダーの注文はブローカーを経由せずに、直で電子取引ネットワーク・インターバンクに流されていきます。海外FX初心者の方々も、金融機関も双方が得をするレートで、オークション形式によって、自動的にマッチングしていきます。

【ヘッジファンドA:ドル円101円】【機関投資家B:ドル円103円】【大手金融機関:ドル円99円】といった売り注文が、電子取引ネットワーク(インターバンク)に集まり、ドル円100円でトレーダーが買い注文を出した場合、双方に有利なレートは、「ドル円99円で売り注文」でマッチングすることです。 STP方式も、NDD方式なのでOTC(DD)方式と比較をして、透明性が高いとはいうことができますが、一度、STP方式の場合では、注文がブローカーに流れていき、注文の行き先は、ある程度操作されていると考えた方がいいかもしれません。

ECN方式と、STP方式の大きな違いは、取引コストの問題です。STP方式では、カバー先のレートを引っ張ってくる時には、レートに業者の取り分を上乗せし、顧客がドル円100円で買い注文を出した時には、ドル円99円の売りと安易にマッチングさせてしまえば、FX会社の取り分がなくなってしまうので、顧客にドル円98円のレートを提示して、ブローカーの利益をここに含めています。その利益がいくらか判らないという点でも、STP方式を採用している会社には、若干の怪しさがあります。

ECN方式は、インターバンクで注文が自動的にマッチングされる方法なので、純粋に注文を出したトレーダー・金融機関どうしの価格差がスプレッドになり、 スプレッド自体に業者の取り分を入れる余地がないので、別途取引手数料を徴収ことになります。別途手数料を徴収すること自体、システムが透明性をより主張しています。

更に、ECN方式では、自分自身で、板情報をチェックすることができます。 板情報からわかるのはどの価格帯にどのくらいに、どのくらいの注文が入っているかなどであり、チェックすることで海外FX初心者の方々も確実に勝ちへと繋げることができるでしょう。トレードに判断する材料が多くあった方がいいというのは言うまでもありません。

GEMFOREXは、ECN方式なのに、それほどスプレッドは狭いという感じではないかもしれません。ただし、GEMFOREXでは、ECN方式なのに取引手数料無料を実現してくれています。※ノースプレッド口座は、ドル円0.0pips~の低スプレッドを実現しています。(ノースプレッド口座のスプレッドは、USD/JPY 最少 0.0 平均スプレッド0.3 EUR/USD 最少 0.0 平均スプレッド 0.3 )

FX会社をどのように選択しなければならないか

FX初心者の方々が、低スプレッド、取引手数料無料に魅了されて、口座開設することはとても簡単なことです。しかし、そのような選択肢によって、ただ負けへと追いやられてしまうことになります。現在、あまりにも低スプレッド競争が過熱しているために、GEMFOREXでは、あえて、スプレッド競争不参加宣言をしています。

FX初心者の方々も、スプレッドも注目のポイントかもしれませんが、もっと俯瞰した目で、FX会社の持つ全体像を見つめていかなければなりません。

GEMFOREXでは、お客様に勝ってもらうために様々なサービスを提供しています。 リクオートや約定拒否の追放、隠れマークアップ(スリッページ)一切なしというのもGEMFOREXで注目して欲しいポイントです。 GEMFOREXでは「低スプレッド競争不参加宣言」とともに、公式ホームページでは「0.78秒以内に99.79%の約定率」を言い切っています。

GEMFOREXなら99.79%の約定率が実現!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ