口座開設前のFX基礎講座「テクニカル分析実践編(一目均衡表)

口座開設前のFX基礎講座「テクニカル分析実践編(一目均衡表)

FX取引において欠かせないのが、過去から現在までの値動きを示しているチャートです。FX会社で口座を開設すると取引ツールが提供されて、搭載されているチャートツールを用いて注文を入れます。

これまでの値動きをさまざまな手法で分析して、精度の高い取引ができるようにすることをテクニカル分析と言います。テクニカル分析は、インジケーターと言ってプロが行なっているテクニカル分析を取引ツールに移管して行うことも可能です。特に、海外FX会社を利用する場合はMT4と言う取引ツールを利用するのが一般的で、このツールなら簡単にインジケーターを取り入れることができます。カスタマイズ性にも優れているため、国内FX会社からMT4が使える海外FX会社に口座を移して取引をするトレーダーも少なくありません。

一目均衡表もFX取引に役立つテクニカル分析の一つですが、他のテクニカル分析とは少し変わっています。今回は、口座開設をする前に知っておきたい一目均衡表の見方や活用方法を紹介していきます。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

未来を分析する一目均衡表

未来を分析する一目均衡表

通常のチャートだと、値動きを示すツールであるため、一番右側に現在のレート値が表示されています。しかし、一目均衡表で右側に表示されている値は現在のものではなく未来の値です。

一目均衡表の目的は、レートの平均値を使ったテクニカル分析をもとにして、過去から未来に変化するレートを予測し、トレーダーはトレンドの把握をすることや今後の値動きを予測して戦略を立てていくことです。

一目均衡表は、短期間の移動平均線に近似される転換線、中期間の移動平均線に近似される基準線、それぞれの値の和を2で割った先行スパン、過去のローソク足の上値と下値の中間値である先行スパン2、ローソク足を左にずらした遅行スパンのテクニカル数値によって構成されています。

MT4の取引ツールを用いる場合は、デフォルトで一目均衡表を使用することができます。ちなみに使用する場合はパラメーターの設定を変更することが可能ですが、デフォルトのままで使用したので問題ありません。パラメーター値を変更するのは、慣れてきてからがおすすめです。

一目均衡表からトレンドを見極める

一目均衡表からは、過去、現在、未来のデータが含まれています。性質そのものは、移動平均線に近似されるものであるため、ラインの傾きによってトレンドを判断することができます。転換線が基準線よりも高い値を示す場合は、上昇トレンドであり、反対に基準線を下回る場合は下降トレンドであることが判断できます。

また、移動平均線と同じように中期の基準線に対して短期の転換線が上向きに進んでいる場合は上昇トレンドになります。このように一目均衡表は、過去から未来のレート変化をわかりやすいように可視化したものでもあるため、初心者でもわかりやすいテクニカル分析だと言えるでしょう。

一目均衡表の雲

一目均衡表の雲

一目均衡表の先行スパンと先行スパン2の中間地点は着色されて雲と呼ばれる部分になります。ローソク足が雲の下から上へ抜けてくると上昇トレンド、反対に雲の上から下に抜けると下降トレンドです。

また、雲が厚いほど抵抗力の高さを示すため、雲の中に入るとローソク足は抜けにくくなります。雲が厚みを増すほどトレンドを把握することがむずかしく、レンジ相場になりやすい場になります。

二本の先行スパンが交差して雲が途切れている部分は、雲のねじれと呼ばれる領域になります。一つの雲の端の部分とも言えますが、トレンドの始まりや終わりを示すもので、買い相場なら売り相場、売り相場なら買い相場に変わることを予測して対策することができます。

遅行スパンと現在値の比較から見えるもの

一目均衡表では、遅行スパンと現在値の位置関係からトレンドの強さを把握することができます。遅行スパンがローソク足よりも高い位置にある場合はトレンドが強いことを示しています。

遅行スパンがローソク足をまたぐと相場が変わったと判断することができます。遅行スパンがローソク足の上から下にまたぐ場合は弱気相場になり、反対にローソク足の下から上に抜けてくる場合は強気相場に転じたと判断することができます。

ただし、遅行スパンとローソク足の相対関係だけでは、小さいトレンドなどに対応することができずに、注文してもトレンドが反転して損失が出てしまう可能性もあります。少しでもトレンド予測のミスをなくすためには、転換線と基準線、ローソク足と雲、ローソク足と遅行スパンの三つの位置関係からトレンドを導き出すことが大切です。三つの指標が同じトレンドになっていれば、テクニカル数値に対しての信頼性も高くなります。三つの指標がばらばらになっている場合は、トレンドの正確性に不安が残ります。

最後に

一目均衡表は、時間軸に未来が加わった優れたテクニカル分析です。一方で、現在から未来に向かうレートの変化は過去の統計的なデータに基づいたものであり、今後起こる経済変化の事情などはまったく考慮されていません。

トレンド通りにレートが動いてくれればFXで勝つことができますが、実際のレートの動きは複数の要素が関係しあって単純ではありません。そのため、一目均衡表で明らかなトレンドが出ていても、集中投資するのではなくリスク分散を考えた取引をすることも大切です。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ