海外FX いろいろな注文方法『OCO注文』

OCOは、「One Cansel the Other」の頭文字を取ったFXの注文方法です。和訳すると、一つの注文が成立すると、もう一つの注文は取り消すという意味になります。二つの注文を出し、同時に決済させるのが特徴です。海外FXでも頻度が高い注文方法になりますので、OCOのメリットや注意点、特徴などを抑えておきましょう。

海外FX口座開設方法をまとめてみました!

OCO注文の例

OCO注文の例

OCO注文は、指値と逆指値の注文を同時に出します。指値は今より条件のいいレートで決済させる注文方法、逆指値は今より条件の悪いレートで決済させる注文方法です。これからの相場を読むことができないとき、レートが上がったら利確させて下がったら損切りさせたいときに使います。

例として、1ドル110円の通貨を購入します。今後のレートの動きが読めないので、レートが上がったときは利確できるよう115円で指値注文を入れ、レートが下がったときはロスカットにならないよう105円で逆指値を入れます。思惑通りにレートが上がり、115円に達したら指値注文が約定し、そのタイミングで逆指値注文がキャンセルになります。逆に、思惑が外れ105円までレートが下がると、そのタイミングで逆指値注文が約定し、指値注文がキャンセルになるのです。

OCOは、注文を出す前でも注文を出しているときにも使える方法です。すでに含み益のポジションを持っている場合に、さらに利益を伸ばして決済したいときの指値、レートが反転しても最低限の利益を確保したいときの逆指値でOCO注文を出すこともできます。利益確定や損切りパターンを想定した利用が可能です。

相場が読めないときに重宝する

OCO注文は、相場が読めないときに役立つ注文方法です。たとえば、レンジ相場になっているときはレートが上下し、方向性が定まっていません。OCO注文だと現在のレートに対して上下方向で注文を入れることができるので、確実に損益が出ます。トレンドを探るのにも有効です。同じように、トレンドが終わりかけで天井や底が近いときにもOCOは役立ちます。

相場が読めないときでも、チャートにずっと張り付けるならOCO注文は不要です。しかし、取引画面から離れる場合は、チャンスを逃さない意味でもOCO注文の利用価値は高いです。MT4のテクニカル分析の結果からOCO注文を入れるなどの応用もできます。このようにOCOの利用シーンは多岐に渡ります。

OCO注文は海外FX向き

OCO注文は海外FX向き

海外FXは、ハイレバレッジ×スキャルピングの取引が主流です。スキャルピングは、少ない利益を積み上げていく手法になるので、利益確定のタイミングが早い一方、損切りのタイミングも早くなります。OCO注文で、どちらの方向でも決済できるようにしておけば、取引回数を効率的に増やすことも可能です。

そのため、海外FXにはOCO注文が向いています。スキャルピングのOCO注文は、損小利大になるように設定するのがポイントです。たとえば、指値注文が決済したときは20pipsの利益が出て、逆指値注文が決済したときは、20pipsより低い15pipsに設定します。スキャルピングでは、利益を優先しがちなので、利益幅を損失幅より小さくする傾向にあります。 利益幅を小さくすると、勝率のわりに損失が大きい状態や損切回数のわりに利益が残っている状態になるわけです。

スキャルピングで設定する指値や逆指値の適正値は、トレーダーのスタイルによって変わります。OCO決済の結果をテストし、繰り返していくことで、自分の手法と合致する指値や逆指値のラインが分かってきます。スキャルピングの取引スタイルを確立する意味でも、OCO決済は有効です。

OCO注文のスリッページ

スリッページは、注文したときのレートと約定したときのレートが異なる現象です。スリッページが起こるのはレートの動きが激しく、注文と約定時のレートにズレが生じるためです。 OCO注文では、指値注文と逆指値注文を同時に入れますが、指値注文だとスリッページの発生はありませんが、逆指値だとスリッページが発生することがあります。

逆指値は損失側で決済させる注文方法になるため、OCO注文で設定していた想定損失以上に損失が増えることもあります。スリッページはFX会社によって発生頻度が異なり、その頻度はFX会社が公開している約定率で把握することができます。OCO注文の利用が多いと想定される場合は、約定率が高くスリッページが少ないFX会社選びも重要です。

値動きが激しいときのOCO注文

値動きが激しいときのOCO注文には注意が必要です。値動きが激しいと、上下のレートの揺さぶりで瞬間的に逆指値のラインに触れてしまうことがあります。一瞬のレートの大きな動きでも、逆指値で決済してしまうことがあるわけです。当然、指値もキャンセルになってしまうのでチャンスを活かすことができません。

トレンドが明確になっている状態でも、場が荒れているときはレートが上下に揺さぶられます。チャンスを逃さないためには、OCO注文における逆指値の値を広めに設定しておくことです。逆にレートの一瞬の大きな動きが指値ラインに触れることもあるので、利確したいときは指値ラインを少し下げておくとよいでしょう。トレンド相場ではない状況下だと、OCO注文で逆指値が決済したときは、すぐに逆のポジションでOCO注文を入れることで、損失分を回収できるほどの利益が得られることもあります。

最後に

OCO注文は、一回に決済とキャンセルを行う取引方法です。注文しているレートに対して上方向と下方向からの注文になるので、損失が出る場合もあります。しかし、FXで大切なのは損切りです。OCO注文を通して、損切りに慣れることも海外FX初心者には意味のあることなのです。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ