海外FX いろいろな注文方法『逆指値注文』

今より低いレートで買い注文、または今より高いレートで売り注文をする指値に対し、今より高いレートで買い注文、または今より低いレートで売り注文を出すのが逆指値注文です。

利益を確定させる指値注文に対し、損失を確定させるのが逆指値注文になります。損失を確定させるための注文ということで、何のメリットがあるのか分からない方もいるかもしれません。しかし、FXにおいて逆指値注文は重要な位置づけの注文方法になっているのです。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

逆指値注文の使い方

逆指値注文の使い方

今後1ドル105円になると予想し、1ドル100円の通貨を買い注文しているとします。予想通りに1ドル105になれば、5円×取引量の利益を得ることができます。しかし、トレンドが発生しても、いつレートが反転するのか分からないのがFXです。予想に反し、1ドル95円になることだってあります。

予想に反し損失が膨らむと、証拠金以上の損失が出ます。すると、ポジションの含み損が増えてロスカットに至るわけです。FXは未来の相場を予想することで利益を得ることができますが、いつでも予想が当たるとは限りません。ロスカットすると、資金を一瞬で失ってしまい、積み上げてきた利益も無くなります。

逆指値を使うことで、予想に反してレートが動いたときに、損失を最小限に抑えることができるのです。たとえば、上記の条件で1ドル99円に逆指値を設定するとします。もし予想とは反対方向にレートが動いたとしても、1ドル99円で損切りしてくれるので、それ以上の損失を被ることはありません。

逆指値注文で損切りに慣れる

FX初心者が勝てない理由の一つに、損切りできないことがあります。損切りは、含み損を抱えているポジションを約定させることです。含み損を抱えているポジションがあっても、レートが動いて損失が減ることや、利益に転じることに望みを持って損切できないトレーダーは少なくありません。

含み損のポジションが利益に転じることも確かにありますが、もっと損失が膨らむこともあるわけです。損切りできず、どんどん損失が膨らんでいくと最終的に待っているのはロスカットです。ロスカットは、証拠金以上の損失が出ないよう最小限の被害で留めるための措置になります。海外FXだとレバレッジを高く設定しているので、必要証拠金が少なく、ロスカット後に残る資金はかなり少なくなります。

早い段階で含み損を抱えているポジションに見切りをつけられるのが、勝てるトレーダーの特徴です。そのために逆指値注文を入れて、レートの動きが予想に反したときに損失を最小限に抑えられるようにリスク管理をします。ちなみに、デモトレードで初心者が大勝することがありますが、自分のお金を投じるわけではなく、損切りも含めて思い切った取引が出来るためです。

逆指値注文の損切りライン

逆指値注文の損切りライン

逆指値注文=損切りになるので、逆指値注文を入れる場合は損切りラインの設定が必要です。逆指値注文の損切りラインを低く設定し過ぎると、レートが少し動くだけで損切りが確定し、利益の確定が難しくなってしまいます。逆に、損切りラインを高く設定し過ぎると、注文が執行したときの損失が大きくなり過ぎてしまいます。

初心者におすすめの損切りラインは、総資金額の1%から2%の範囲です。

仮に逆指値注文が執行されても、引き続きトレードに挑戦することができます。FXで大切なのは、負けることではなく、口座の資金を減らさないことです。損切りの幅は、レート÷レバレッジで算出することができます。たとえば、1ドル100円・50倍のレバレッジなら、「100円÷25倍=4pips」になるので、4pips以内の損失で済むように逆指値注文を設定します。

逆指値注文の設定方法

海外FXの逆指値注文は、取引ツールのMT4で設定するのが一般的です。最初にポジションを保有し、MT4のターミナルウィンドウのポジション上に表示される注文変更や取消方法をクリックします。オーダー発注の画面に遷移するので、逆指値の値を入力していきます。

この画面では、同時に指値の設定を行うこともできます。チャートを見ることができないときは、逆指値の設定と共に指値の設定をして利確することも忘れないようにしましょう。事前に逆指値の数値を入力しておけば、レートがその値になったときに自動決済してくれます。

逆指値注文のスリッページ

指値注文だと成行に比べて比較的スリッページは生じにくいですが、逆指値注文だとスリッページが発生するケースがあります。指値注文だと注文の段階で売買を行うため、売買相手を待っている状況です。逆指値注文だと指定した値段になったときに、売買相手を探します。つまり、逆指値注文だと成行注文を出した後に売買を行っているのです。

スリッページは、注文したレートと違うレートで約定する現象です。逆指値は損失の約定になるため、発生したスリッページによってさらに大きな損失を被ることもあります。また、スプレッドや取引手数料が小さくても、逆指値注文でスリッページが頻発すると見えないコストが多大にかかります。逆指値注文のスリッページによる影響を減らすためには、約定率が高い海外FX会社の利用が必要です。

最後に

逆指値注文は、リスクに備えるための注文です。海外FXでは、高いレバレッジをかけることができる反面、適切なリスク管理をしないと大きな損失を被ることがあります。損失が少ないうちに、損切りするクセを身に付けることも大事です。自分の大切な資金を守るためにも、ポジションを保有するときは逆指値注文を入れて取引しましょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ