海外FXのECN口座とは?STP口座との違いや向き不向きを解説

海外FX業者の多くは、STP口座とECN口座の2タイプの口座を用意しています。

STP口座がスタンダードタイプの口座になるため、とりあえずSTP口座を使っておけば良い!という人も多いのではないでしょうか。

しかし、ECN口座を使っているトレーダーも多く、特に取引コストを重視するトレーダーには人気の口座です。ECN口座は中級者や上級者向けの口座のイメージがありますが、初心者でも問題なく使えます。

そこで今回は、海外FXのECN口座を徹底解説すると共に、STP口座との違いや向き不向きについても触れていきます。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

ECN口座とは何か

ECN口座とは何か

海外FXはNDD方式と呼ばれる取引方式を導入している業者がほとんどです。

NDD方式はノン・ディーリングデスクの略称で、インターバンク市場に直接つないでFX会社のディーラーを通さない取引方法になります。

NDD方式には、STP口座とECN口座の2タイプがあります。

NDD方式のうち、ブローカーを一切経由せず、インターバンクに注文を流す口座がECN口座です。

インターバンクとは投資家、大手金融機関、ヘッジファンド等の注文が多く集まる場所で、トレーダーの注文がインターバンクに流れると、別の投資家や金融機関、ヘッジファンドが出している注文と自動的にマッチングするシステムになります。

マッチングの方法はオークション形式となりますが、それぞれが得をするようにマッチングするため、一方が損をすることはありません。

ECN口座はブローカーを介さないのでスプレッドは狭いですが、FX業者がスプレッドの上乗せができず、取引手数料を別途回収します。

ECN口座とSTP口座の違い

STP口座もNDD方式の1つですが、ECN口座と違うのはトレーダーの注文をブローカーがカバー先の金融機関とマッチングさせる点です。

ECN口座と違って、ブローカーがカバー先のレートをチェックしてから、トレーダーが有利になるレートとマッチングさせています。

FX業者はスプレッドを上乗せして注文を流すため、ECN口座のように取引手数料がかかりません。カバー先の金融機関が多ければ多いほど有利なレートでマッチングしやすくなるため、スプレッドも狭い傾向にあります。

ただし、スプレッドの上乗せをしないECN口座に比べるとSTP口座の方がスプレッドは広めになっています。

海外FX業者の多くはECN口座とSTP口座を用意していますが、STP口座はスタンダード口座やオールインワン口座、ECN口座はノースプレッド口座やゼロスプレッド口座などの名称で提供している業者もあります。

ECN口座のメリット

ECN口座はブローカーを介さずにインターバンク市場につないで取引するため、高い透明性で取引できます。低スプレッドで取引ができて、板情報が見られることや、スリッページが少ないのもECN口座ならではのメリットです。

ここでは、ECN口座のメリットを解説していきます。

スプレッドが狭く取引コストが安い

ECN口座のメリットは、低スプレッドで取引できることです。中には、0.1pips程度のスプレッドで取引できる通貨ペアもあります。

一方、ECN口座は取引手数料がかかります。取引手数料は[1ロットで往復1ドル:0.1pips]の計算が成り立つため、往復が5ドルなら取引手数料は0.5pipsです。

スプレッドと取引手数料を合算して計算しても、STP口座のスプレッドに比べると低い場合が多く、ECN口座の方が取引コストを安く抑えられます。

板情報が見られる

板情報が見られる

インターバンク市場とつないで取引できるECN口座は、インターバンクに集まった注文を板情報として見ることができます。

ECN口座は個人のトレーダーだけでなく、銀行や証券会社、ファンドなどの売買が常にマッチングされている状態です。そのため、ECN口座は市場参加者がどんな価格でどれほどの注文を入れているか、気配値や板情報が把握できるようになっています。

板情報はトレードの参考にもなります。

たとえば、

・売りの注文が買いの注文を上回っているなら、売り注文が多い状態なので価格が下落すると予想できる
・買いの注文が売りの注文を上回っているなら、買い注文が多い状態なので価格が上昇すると予想できる

など、今後のレートの動きの参考になるわけです。

スリッページが少ない

ECN口座はスリッページが少ないメリットがあります。

スリッページは注文したレートと違うレートで約定する現象で、レートの動きが活発になっているタイミングで起こりやすくなっています。

ECN口座でスリッページが少ないのは、売り手と買い手の注文がインターバンクの取引所で売買するためで、そもそも注文したレートと違うレートで約定することがありません。

スリッページが少ないので、ECN口座は約定力も高い特徴があります。

スリッページが頻発すると見えないコストが増大しますが、ECN口座ならその心配がありません。

ECN口座のデメリット

ECN口座は取引手数料が別途でかかる分、STP口座に比べると取引コストの計算が面倒になります。また、STP口座とECN口座は取引条件も大きく異なり、特に初回入金額やレバレッジに関してはECN口座の方が不利になる場合がほとんどです。

ここでは、ECN口座を利用して取引するデメリットを解説します。

取引コストの計算が面倒

STP口座のように取引コストがスプレッドのみであれば、取引内でスプレッドの回収ができるのでコスト計算は不要です。

しかし、ECN口座の取引手数料はスプレッドのように取引内で回収できるコストではありません。発注や決済時点で口座から差し引かれるため、取引手数料の計算が別途必要になります。

たとえば、ECN口座においてドル/円の通貨ペアのスプレッドが0.2pips、1ロットあたりの往復取引手数料が5ドル(0.5pips)だった場合、0.2pipsのスプレッドは発注した時点で含み損としてカウントされ、往復取引手数料の0.5pipsは口座から差し引かれるわけです。

ECN口座は、「取引コストをいちいち計算して取引するのが面倒!」という人には不向きです。

初回入金額が多く必要

ECN口座は、STP口座に比べると入金額が多めに設定されています。

STP口座であれば100円~1万円の初回入金額で取引を始められる業者がほとんどですが、ECN口座になると1万円~100万円の初回入金額が必要な業者がほとんどです。

少ない資金で取引を始めたい!というトレーダーには、初回入金額が多く必要なECN口座は不向きです。また、最低取引通貨量もSTP口座に比べて多く設定されている場合が多く、最低でも1000通貨~1万通貨以上での取引が必要になります。

レバレッジに制限がかかる口座が多い

海外FX業者と言えば、ハイレバレッジが使えるのも魅力の1つです。中には1000倍を超えるレバレッジで取引できる業者もありますが、STP口座では大きなレバレッジが使えるのに、ECN口座ではレバレッジが制限される業者も少なくありません。

たとえば、

・HotForex:STP口座1000倍→ECN口座500倍
・LAND-FX:STP口座500倍→ECN口座200倍
・Tradeview:STP口座500倍→ECN口座200倍

このように、STP口座のレバレッジよりもレバレッジが制限されているのが分かりますね。ただし、1000倍レバレッジが使える業者として人気のGEMFOREXのように口座タイプが変わっても、使えるレバレッジが変わらない業者も一部あります。

レバレッジは必要証拠金を減らす働きがあるため、レバレッジに制限がかかってしまうと、それだけ多くの必要証拠金を用意しなければなりません。

ECN口座とSTP口座はそれぞれどんな人に向いている?

ECN口座とSTP口座に対応している業者であれば、どちらの口座を選択して取引するのか、トレーダー自身が自由に決めることができます。

どちらの口座が自分に合っているかどうかは、取引スタイルや取引に使える資金によっても変わってきます。ここでは、ECN口座が向いている人、STP口座が向いている人の特徴をそれぞれ紹介します。

ECN口座が向いている人

ECN口座に向いているのは、ある程度の資金力があるトレーダーです。

初回入金額が高く、レバレッジに制限がかかるため、少ない資金で大きな利益を狙うトレーダーには向いていません。

取引手法としては、取引コストが小さくスリッページが少ないため、短い時間の中で何度も取引を繰り返し、利益を積み上げていくスキャルピングがおすすめです。

そのため、ECN口座はスキャルピングをメインで行うトレーダーにも向いています。

STP口座が向いている人

STP口座が向いているのは、少ない資金で取引を始めたい人や、取引コストなど余計なことを考えたくない人です。

STP口座は、

・ハイレバレッジが使える
・最低取引量が小さい
・初回入金額が少ない

など、取引にかかる資金がECN口座に比べてより小さくなっています。取引コストがスプレッドのみになるため、取引中に取引コストの回収ができるのもメリットです。

また、業者によってはSTP口座開設者を対象に、豪華な口座開設ボーナスや入金ボーナスを用意しています。ボーナスを元手に取引を始めることも可能です。

ボーナスは業者によって異なりますが、海外FX業者のGEMFOREXは口座開設するだけで1万円~2万円の証拠金が受け取れるボーナスや、入金額の100%が受け取れる100%入金ボーナスなどがあります。

他にも、

・1000倍レバレッジ
・99.9%の約定率
・100円から取引ができる
・1000通貨から取引できる
・業界トップクラスのスプレッドの狭さ

など、優れた条件でSTP口座を提供しています。口座開設にかかる時間も数分と短く、すぐに豪華なボーナスを使ってSTP口座で取引が始められます。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。