重要なレバレッジの計算方法をマスターしよう!

重要なレバレッジの計算方法をマスターしよう!

FXはレバレッジをかけて取引することで、少ない資金を元手にして高い利益を得られます。

しかし、国内FXは規制によってレバレッジが引き下げられており、過去には100倍を超えるレバレッジが可能だったのに対して、今は上限25倍、今後は上限10倍になる検討がされています。

海外FXにはレバレッジの規制がないので、かけられるレバレッジは海外FX会社によって異なります。レバレッジの上限が高いから危ないというわけではなく、レバレッジは調整してかけることができます。レバレッジの幅が広いことは、レバレッジを柔軟にかけて取引ができることでもあります。

レバレッジの基本的な計算方法

レバレッジの基本的な計算方法

1万円を元手に取引する場合に、レバレッジ10倍かけると10万円分の取引ができます。レバレッジを上げていくと取引金額はさらに大きくなり、レバレッジ100倍だと100万円、レバレッジ1000倍だと1000万円の取引が可能です。

レバレッジは、高い倍率になるほどハイリターンでハイリスクになります。少ない資金でも高いレバレッジがかけられるのは証拠金があるからです。レバレッジの倍率を計算するためにも証拠金は必要になります。基本的なレバレッジの計算は、通貨ペアのレート×取引数量÷口座に預けている資金から算出されます。

レバレッジの計算例

簡単のために、通貨ペアは米ドル/円で1ドルは100円とし、取引量は1万通貨で、口座に預けているお金は10万円だとします。10万円をすべて証拠金としてトレードする場合だと、レバレッジは1倍です。レバレッジが1倍なら取引金額と取引証拠金が同額になります。

国内でかけられる最大25倍のレバレッジをかけるとどうなるでしょうか。100万円が取引量になるため、レバレッジの25倍で割ると4万円になります。言い換えると、100万円の取引をするために、4万円あれば可能というわけです。

海外FX会社のGEMFOREXでかけることができるレバレッジは最大で1000倍です。同じ条件で100万円の取引をするために必要となる証拠金は、100万円÷1000で計算することができて、答えは1000円になります。1000円あれば、100万円分の取引ができるわけです。レバレッジの計算をして分かるのは、レバレッジが大きくなると少ない資金で大きな取引ができることです。

レバレッジから損失を計算する方法

レバレッジから損失を計算する方法

レバレッジをかけて損失が出るラインの計算も、レバレッジから導くことができます。

たとえば、10万円の資金でレバレッジ25倍をかけるなら250万円の取引になりますね。損失ラインは100%÷レバレッジ数で計算できるので、レバレッジが25倍なら100÷25=4%です。250万円×4%は10万円です。投資金額の10万円と同じ数値になりますが、レバレッジ25倍というのは4%の損失で投資金額がすべて消えてしまうというわけです。

この計算はレートに応用することもできます。1ドル100円だった場合に、レバレッジ25倍なら4%の為替変動ですべて無くなってしまいます。買いポジションで通貨ペアを保有していると、1ドル100円が1ドル96円になると、資金はゼロになってしまうわけです。ただし、実際の取引では1日のレートの動きはせいぜい1円程度です。レバレッジ25倍だと、よほどのことがないと資金は無くなりません。

では、一日のレートの動きが1円で資金がすべて無くなる可能性のあるレバレッジは何倍でしょうか。100円の1円は、100分の1です。レバレッジが100倍だと、損失ラインは100%÷100=1%になるため、一日のレートの動きで資金が無くなってしまう可能性があります。このように、レバレッジが大きくなるほど、少しの為替変動で資金を失う可能性も高まります。

適正なレバレッジはパターンで変わる

レバレッジの計算方法が分かったところで、次は適正なレバレッジの計算方法を考えていく必要があります。同じ10万円の資金でも、パターンによって適正なレバレッジは変わってくるのです。

たとえば、投資する通貨ペアで考えてみます。ドルと円の組み合わせなら値動きは小さいので、高いレバレッジをかけてもリスクは大きくありません。これが、新興国通貨との組み合わせだと、値動きは常に激しいので、ドルと円の組み合わせのレバレッジでそのまま取引すると一瞬で資金を失うリスクが高くなるため、レバレッジを引き下げて運用する必要があります。

また、FXにはロスカットと言って、必要な証拠金を下回るとトレーダーの資金を守るため強制的に取引が決済される仕組みがあります。ロスカットは、取引金額÷レバレッジでロスカットされる水準を算出できます。レバレッジが高くなるほど、ロスカットされる水準は下がります。視点を変えると、レバレッジが高いほど、ロスカットしたときの口座残高は少なくなります。

ロスカットしたときでも、一定の資金は口座に残るようにしておきたいなら、レバレッジを下げてロスカットの水準を上げておく必要があります。もしくは、投資できる金額が10万円だった場合に、10万円すべてを証拠金として使用するのではなく、半分の5万円だけを証拠金として使って、残りの5万円はロスカットしたときに備えておくのも有効な方法です。投資のパターンごとでかけるレバレッジの倍率を考えていくことが大切です。

海外FXは高いレバレッジが危険と言われることも少なくありません。しかし、レバレッジの管理をしっかり行って投資をすればリスクを軽減することができて、高いリターンも期待できます。レバレッジの計算方法をマスターして、資金にあったレバレッジの設定をしてからトレードをしていきましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ