レバレッジとロスカットの関係

レバレッジはてこの原理を応用した考え方です。FXにおいては、手持ち資金の数倍~数百倍のトレードが可能になる仕組みであり、少ない資金でも利益を出すためにはレバレッジのコントロールが重要な鍵を握ります。

例えば資金が10万円の場合、レバレッジ1倍では最大10万円分のトレードしかできません。しかし10倍なら100万円、25倍なら250万円分のトレードが可能になります。レバレッジは少額で大きな利益を狙うためにも欠かせない仕組みと言えるでしょう。

ロスカットで損失と拡大を防ぐ

ロスカットで損失と拡大を防ぐ

ただし、高いレバレッジで取引をするなら、ロスカットのことも考慮しなくてはいけないでしょう。ロスカットとは、FX業者が自動で強制的に建玉を決済する仕組みで、口座資金が一定の水準(証拠金維持率)を下回った時に発動します。

ロスカットの基準は業者によって様々で、例えば証拠金維持率50%以下でロスカットになる業者もあれば、100%以下で発動する業者も存在します。仮に口座資金10万円・ロスカット水準が50%の業者の場合、建玉の含み損が5万円を超えた場合に建玉がロスカットされます。

ロスカットを防ぐなら口座資金を多くし、証拠金維持率をロスカット発動基準以上に保たなければいけません。投資家の損失を防ぐための仕組みですが、強制決済されるため、極力リスクを下げることが重要になるでしょう。ロスカットのリスクを抑えるためには、取引する際のレバレッジを考慮しなくてはいけないのです。

レバレッジとロスカットの深い関係

一般的には、レバレッジが低いほどローリスクでローリターンと言われており、逆にレバレッジが高ければハイリスクハイリターンと考えられています。低レバレッジのほうがロスカットのリスクを抑えることができると考える方が多いためです。

しかし、これは間違った考えと言っても良いでしょう。実際は低レバレッジが良いとは言い切れず、ハイレバレッジによる取引のほうがロスカットのリスクが低くなります。

実は同じ口座資金・取引通貨量であれば、レバレッジが高いほどロスカットのリスクは抑えられるのです。「なぜ?」と思うかもしれませんが、具体的な取引を見ればその差は一目瞭然です。ポイントは"口座の資金余力"にあります。

レバレッジの違いによるロスカットの具体例

レバレッジの違いによるロスカットの具体例

例えば、ロスカット水準が証拠金維持率100%以下のFX業者で、現在口座資金が10万円あるとしましょう。1ドル100円で1万ドルを買うと考えた場合、仮にレバレッジが1倍の取引なら、100万ドルの建玉を維持するための必要証拠金は100万円です。口座に100万円を入金しないと取引できません。

ではレバレッジ10倍で取引した場合はどうでしょうか?1万ドル購入の必要証拠金は10万円ですが、口座残高も10万円です。資金に余力がありませんので、少しでも円高に進むとロスカットされてしまいます。これでは買うだけ無駄と言って良いでしょう。

しかし、レバレッジ25倍なら必要証拠金は4万円です。「10-4=6」ですから、資金余力が6万円も生まれます。さらにレバレッジ100倍で取引すれば必要証拠金はたったの1万円で済み、9万円も資金に余裕ができます。

1万ドルの買建玉を保有している場合、レートが1円動くと損益は1万円ほど発生します。レバレッジ10倍の場合は余力がありませんから、1銭でも円高に進むとロスカットされてしまいます。

一方、レバレッジ25倍の時は余力が6万円ありますので、6円の円高までは耐えられます。つまり1ドル94円まではロスカットされず、保有し続けることが可能なのです。100倍での取引なら1ドル91円まではロスカットされません。

このように、レバレッジが高いほど必要証拠金が少額で済み、口座資金に余力が生まれるのです。なお、レバレッジが高くなっても発生する損益に変わりはありません。基本的にレバレッジが1倍でも100倍でも、レートの変動リスクは同じです。

ロスカットの危険を高める取引に注意

しかし、ハイレバレッジがハイリスクと言われるのは何故かと、疑問が浮かぶのではないかと思います。理由はいくつか考えられますが、特にレバレッジが高くなるほど必要証拠金が少なくて済むため、つい取引通貨量を増やしてしまうことが原因と言えるでしょう。

例えばレバレッジ100倍で口座資金10万円なら、最大10万ドルまで取引可能です。しかし、仮に5万ドルを買った場合、資金余力が5万円しか残りませんから、たった1円の円高でロスカットされる危険があります。

1万ドルなら1万円の含み損で済みますが、5万ドルなら5万円の含み損です。資金にまだ余裕があるからと言って注文量を多くしたり、ナンピンしたりするケースも多々ありますが、これらはロスカットのリスクを高めるだけです。ロスカットを防ぐなら口座資金を増やすしかありません。

ハイレバレッジによる取引でロスカットのリスクを低くできるのは、あくまで取引通貨量が少なく、かつ資金余力がある場合に限ります。特に口座資金が少ないと、初心者の方は上記のギャンブルのような取引をしがちです。レバレッジは高いほうが良いですが、資金の管理は十分注意しましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ