レバレッジと証拠金シミュレート

レバレッジと証拠金シミュレート

FXはレバレッジをかけて取引することができるのも魅力の一つです。レバレッジは、少ない資金で大きな取引ができる仕組みで、国内FX会社でFXをするなら最大で25倍、海外FX会社ならレバレッジの上限がないので、会社によっては1000倍のレバレッジでFXできるところもあります。FX取引には証拠金と呼ばれる担保が必要です。

レバレッジの倍率によっても証拠金は変わるので、証拠金とレバレッジの関係を理解して取引を行いましょう。

FXがハイリターン、ハイリスクの取引と言われるのはなぜ?

FXがハイリターン、ハイリスクの取引と言われるのはなぜ?

例えば、1万円の資金をFX取引に使う場合に、本来なら1万円分の取引しかすることはできません。しかし、レバレッジをかけて取引をすることによって1万円の資金だけで10万円や100万円の資金があると仮定して取引することができるのです。FX取引で勝つことができれば、大きな利益を得ることができます。一方で、レバレッジをかけると損失も大きくなるのでリスクは高くなります。

十分な資金があれば、レバレッジをかけて取引をする必要性はないでしょう。しかし、少額の資金で大きな利益を求めるのであれば、レバレッジは必要です。持っている資金をすべてFX取引に費やすわけにもいかないので、少ない資金でレバレッジを上手に活かす取引を考えましょう。

FXで必要となる証拠金を理解しよう

FXをするためには、FX会社で口座を開設して最初に一定のお金を口座に入れます。

口座の中に入っている資金が必要証拠金となりますが、FX会社によって必要となる証拠金は異なります。取引をして利益や損失が出ると、証拠金は変わります。利益が出た場合は証拠金が増えて、反対に損失が出ると証拠金は減っていきます。このときに、口座に残っている証拠金を有効証拠金と言います。

FXでは、取引に対して取引証拠金が占めている割合を証拠金維持率と言い、有効証拠金から必要証拠金を割って算出されます。証拠金維持率がFX会社の設定する値を下回ってくると取引することができなくなってしまいます。FX会社は口座に入金するように促し、資金がない場合はロスカットが発動して強制的に取引が終了します。ちなみに、FXで多額の借金を抱えたという話しを耳にすることがありますが、FX取引だけで借金をするようなことはありません。ロスカットを免れるために資金を口座に入れることで資金が減り、人によっては金融機関からお金を借りて借金を抱えるきっかけになります。

レバレッジと証拠金をシミュレート

レバレッジと証拠金をシミュレート

ロスカットは取引証拠金にFX会社が定める割合を乗じて算出されます。例えば、1ドル100円の通貨で1万ドルの取引をすると100万円の運用になります。レバレッジが25倍の場合だと、取引証拠金は100万÷25で4万円の証拠金が必要です。

また、ロスカット値は取引証拠金×100%のところだけではありません。例えば、取引証拠金×50%のところがあると、ロスカット値は4万円÷2=2万円になります。取引証拠金×25%だと、ロスカット値は4万円÷4=1万円になります。

では、レバレッジを100倍にするとどうでしょうか。取引証拠金は100万円÷100で1万円の証拠金が必要になります。ロスカット値が取引証拠金×50%なら5000円を下回るとロスカット、ロスカット値が取引証拠金×25%なら2500円を下回るとロスカットになります。

10万円の証拠金で運用する場合に、レバレッジが低い方がロスカット値は大きくなります。ロスカットされても資金は十分に残るので、大きな損失にはつながりません。しかし、高いレバレッジをかけて取引をするとロスカット値が下がるので、ロスカットされてしまうと資金はほとんど残りません。高いレバレッジは高いリスクであると言われている理由です。

レバレッジと証拠金から運用を考える

レバレッジと証拠金から運用を考える

レバレッジと証拠金の関係をシミュレートすると、レバレッジに比例して取引証拠金は下がります。

ちなみに、海外FX会社のGEMFOREXは、最大1000倍のレバレッジをかけて取引することができます。1000倍のレバレッジだと、少しレートが動くだけで損益は大きくなります。この場合に心配されるのが、激しくレートが動いていると損失側にレートが動いてしまった場合に、ロスカット値を下回って決済されてしまう可能性があることです。場合によっては口座の中がマイナスになってしまいます。しかし、GEMFOREXはロスカット値を下回って決済されてもマイナス分は請求されることがありません。

国内FX会社で口座を開設して取引をする場合だと、最大25倍のレバレッジなので損益は小さくロスカット値を下回って決済されることは少ないです。しかし、国内FX会社は追証があるところが多いので、ロスカット値を下回って決済されてしまった場合の損失はトレーダーの負担になる点に注意しなければなりません。海外FX会社は高いレバレッジで取引ができるので危険だと言われることもありますが、追証無しで取引できることを考えると追証がない国内FX会社もリスクが低いとは言えないでしょう。

基本的に、FXの通貨の値動きは反動があります。そのため、ロスカット値にレートが近づきそうな場合でも証拠金を追加で入金することで乗り切れることがあります。ロスカットしてしまうと資金を一気に失うことになりますが、ポジションとして保有している限りは損失が確定したわけではありません。証拠金の管理を行うことが大切で、高いレバレッジをかけて取引をする場合は、集中投資を避けて資金に余裕を持たせておくのもリスク分散の観点から大切です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ